cosyoyoのコスプレ部屋

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

君にはあげない

2017-07-13 16:58:37 | 日記
「騒」「騒現象。」

……は。」

彼女は強硬な方式で彼を受け入れた。でも、エロス漫画先生の本当の正体は私の妹だ。この事の、この現場では紗本人以外、私と妖精しかいない。

君にはあげない!

村に徴学姉にとっては、それはもうほとんど等しい公開のことで、本来の言いたいたとえばれても仕方がないが、あとは彼女を追及されていない。

あねの個性にとっては、わざわざ秘密にしてはならないでしょう……私はまだしっかりと彼女と話したことがあることができて、1度は比較的に良いです。

「話が帰ってくる、和泉……あなたは本当に人気があるのですね。」

シドは優しい眼差しは私にいって。

うん、本当にこのようにお願いします!

今……「本当にこんなには」と答えているわけではありません。

どーんどーん、天井がまた揺れて。

「あ?あなたは何を言いますか。全然違うんじゃないかな?人気はこの様子じゃないよ。」

スーパーで不快な機械式の声、私の胸の――の平板コンピュータから伝わる。

和泉先生はもう好きな人がいるから、対して。」

「うん、うんうん……」

「ああ?なぜ、そんなに自信がないの?あなたは見下し人ですか?」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつのまにか | トップ | シドと妖精たちの話を見ている »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事