Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時間かかっては彼女を思い出した

2017-08-10 15:54:05 | 日記
私は電話で説明の内容を説明した後、彼女はそう言いました。

『哈哈、「あの人」は確かに「エロス漫画先生が指定の条件」についているんですね……しかし「あの人」は本当に超問題児場合は、この緊急の状況を頼みたい彼女できない……でも今はそんなに多くなくて……はい、そうですと和泉先生は、まず相手に相談してみてください。現状では、私より直接に説得よりはあなた達に話して、相手は次の可能性は高いだろう。』

私もそう思う。説得するのは難しいが、正直に言えば、これより良いアイデアは考えられない。できるだけ、相手にこの仕事を引き受けてもらうしかない。

「世界で一番かわいい妹」漫画は絵には必要なものが一番。

「エロ漫画先生指定の条件」全て満足する漫画家。

誰の話だとしたら——

老子「老子私は漫画化の作画を担当する?」」

皆様と思ったように、この人物は、エロ漫画先生グレート、天才美少女イラストレーター爱尔みぃ。

前しばらくは敵だったので、時間かかっては彼女を思い出した。

……よく考えてみると、彼女ほど条件に合わない人はいない。

もしこの直言自分が「本物のブランド」のエロ漫画先生、まだ一度大勝した紗霧の人が仲間になった……それはとても頼もしいことで、鬼には鬼だと言える。

爱尔みぃを開けて首弔り目、そして自分の顔を指している。彼女は今日の衣装はへそ全体が露出したカジュアル運動型でした。
コスプレ衣装はcosyoyoです
ええ、そうですね。私たちはぜひお願いしたい爱尔みい君が担当。」

エロ漫画先生も私が持ってるのは跩薄型奥に:

「しょうがない、あなたを絵に来てもいいよ。」

……こいつは本当に本当に全力で……。

「実はこの仕事は誰にも任せたくないから……でもね、あなたの話はまた勉める妥協しますよ。このようにごまかしてもしない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の妹 | トップ | 静かに静かになってきてね »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事