tontonの花日記

花と旅と自然が大好きな私。

オレンジ色のチューリップ

2010-04-30 00:18:37 | Weblog
ゴールデンウイークが始まりましたが、全く別世界にいます。
この時にしか出かけられない方も多いでしょうが、
私は、この時だけは出かけないようにしています。
過去に一度だけトライして、もうこりごりと思った経験から・・・。

今頃、チューリップが咲きました。
他のチューリップは、とっくに咲き終わったのに・・・。
花びらの縁にギザギザの入ったオレンジ色です。
こんなチューリップの球根を植えた覚えはないのに、不思議です。
コメント

歴史

2010-04-29 00:58:46 | Weblog
歌舞伎座が建て替えの為に、60年の歴史に幕を閉じます。
「本日千穐楽」の垂れ幕が下がった歌舞伎座には、雨の中大勢の人が訪れたようです。
最近はご無沙汰・・・でしたが、私も何度か行きました。
デートで出かけ、幕間に館内のお寿司屋さんで食事をしていたら、
いつの間にか次の幕が開いていて、慌てたことも・・・!
新しい歌舞伎座が出来るのは、2013年の春の予定だとか・・・。

通称「赤プリ」と呼ばれていた東京の「グランドプリンスホテル赤坂」が、
来春3月に閉館するとのニュースが夕刊にでていました。
集客数が減ったのが一番の理由でしょうけれど、
丹下健三氏が設計した建物がそんなに老朽化しているとも思えず、
簡単に壊されることに、驚きと疑問を感じました。

写真は先日伺った旧家の門です。天保9年に造られた薬医門。
長屋門の次に格式のある門だそうです。
最近は使われることも少なくなったそうですが、
ご当主の奥様がお輿入れの際には、このご門からだったとか・・・。
そのご様子を想像するだけで歴史を感じ、わくわくします。

200年近く経つ建物が、沢山の努力によってこのように立派に保存されているのに
今の建築物は、あまりにも簡単に軽薄に扱われているように思います。

コメント

諸葛菜

2010-04-28 00:36:50 | Weblog
午後から冷たい雨になりました。
諸葛菜、紫花菜、花大根・・・いろいろな名で呼ばれています。
諸葛菜の名は、諸葛孔明が出陣の先々で、食物にする為種を蒔き、
栽培をしたところからきた・・・ということですが、
種から蒔いてなんて、そんな悠長なことを戦いの最中に?と疑問に思います。

台所の流しの上に取り付けられた蛍光灯が切れたので、
取り換えようとしたのですが、どうしてもカヴァーが外れません。
よく見ると、後ろにある柱にあまりにもぴったりとくっつけてある為
遊びというか余裕がなく、動きがとれないのです。
これって欠陥工事じゃないの?と思って、建築会社にTEL!!
設計図では、柱から離して取りつけるように指示してあります・・・と担当者。
さっそく電気屋さんが派遣されて来ました。
そして、蛍光灯の位置を2センチ程、手前にずらして一件落着。
おとなしい施工主は文句も言わず、電気屋さんに感謝して終わりました。

この家を建て直したのは、10年前です。
毎日使っていた蛍光灯が、10年間、一度も切れなかったんだと改めて気付きました。
信じられない思いでいます。
コメント

金柑

2010-04-26 23:54:49 | Weblog
友人のつてで、瀬戸内海の大三島から柑橘類を送って頂いています。
年末から今の季節まで、蜜柑に始まって伊予柑や八朔、はるみなど・・・。
異常に(!)果物好きの私は、今シーズンも6回ほどお願いしました。
職業にしていらっしゃる方ではないので、送られてくる果物のサイズは大小さまざま。
詰められた果物の種類もさまざま。そして、必ず葉付きのなにかが添えられています。
今回は金柑でした。はるばる来てくれた一枝の金柑。
そのまま口にするのは可哀想で、水切りをして活けましたら
元気に目を楽しませてくれています。

今日はよく晴れて暖かく、庭仕事にはうってつけの日和でした。
コメント (2)

赤いフリージア

2010-04-26 00:18:32 | Weblog
松田聖子さんの歌に「赤いスイートピー」という歌があったように思いますが、
(あの方の歌はあまり知らないので間違っていたらごめんなさい)
赤い、正確には濃いピンクのフリージアです。
黄色のフリージアが好きなのですが、或る年、思いつきでなんとなく、
紫や白、ピンク色等の混ざった袋入りの球根を求めて植えました。
白色も紫色もいつの間にか消えてしまったのに、この色だけは残りました。
沢山の黄色の中で、精一杯存在を主張しています。
庭全体の色の調和を壊すなあ・・・と感じながら、
毎年頑張って咲いてくれる健気さを嬉しくも思っている私です。
コメント

勿忘草

2010-04-25 01:24:22 | Weblog
私のささやかな庭は、それなりに今が一番華やかな季節だと思います。
15~6種類の花が咲いています。そのひとつ、勿忘草です。
とても綺麗なブルーの小さな花。
1株か2株頂いたのが、随分増えました。
写真に撮るのが案外難しくて、満足出来た写真ではありません。

出かけた店で金目鯛を求めて帰りました。
甘辛く煮付けたら、とても美味しくできました。
自画自賛で、満足な夕食でした!

日付が変わって、”今夜も生でさだまさし”を見ながら・・・・・。
コメント

モッコウバラ

2010-04-24 01:39:28 | Weblog
雨も降って寒い寒い日。
出かけたくはなかったけれど、必要があって降りしきる雨の中へ・・・。
そこで出会いました。  モッコウバラ、木香薔薇。
薔薇で有名な英国産ではなく、中国の原種です。
薔薇なのに棘がないのも不思議。
色は白か淡い黄色。それぞれに一重と八重があります。
香りは白色の方が強いとか・・・。

やはり家に籠っていないで外に出ると、思いがけない出会いがあるものですね。
最近は、ついつい出かけるのが億劫になっていますけれど、
努力しても外に出なければ・・・と思ったことでした。
コメント (2)

一転

2010-04-23 01:11:56 | Weblog
予報通り、一転、真冬の寒さになりました。
1日で18度も温度差が出るなんて、信じられません。
でも、その信じられないことが起きて、今日の最高気温は7.5度!!
明日はもっと冷えるとか・・・。衣替えはいつになるのでしょう。

一昨日伺った旧家には、沢山の花木や草花が植えられていました。
例年ならその殆どが咲いて一番華やかな時と思われた
その時期にご招待頂いた一昨日でしたが、
異常な低温、天候不順で、桜や花水木は綺麗でしたけれど、
牡丹、躑躅、藤・・・などは、見頃には程遠い状態でした。
それでも頑張って、牡丹が一輪だけ開いてくれていました。

東北地方では豪雪と言ってもいいほどの雪。
昨日満開になった仙台の桜も寒さに震えていることでしょう・・・。
コメント

八重桜

2010-04-22 00:55:25 | Weblog
気温は25℃を越え、今年最初の夏日となりました。
まだ衣替えもしていなかった身には、半袖の衣類を求めて大慌ての日でした。
でも、明日は今日より12~3度も低く、寒い一日になるとか・・・。
同じ言葉の繰り返しですけれど、本当にどうなっちゃっているのでしょうね!?

近くの幼稚園の、名前を知らない一重の桜は丁度見頃ですけれど、
東京では一重の桜はほとんどは散って、八重桜の季節になりました。
染井吉野も大好きだけれど、八重桜の豪華さも大好き!・・・と気の多い私です。
コメント (4)

熊谷草

2010-04-21 01:29:54 | Weblog
天保年間に建てられたという由緒あるお宅のお庭の熊谷草を拝見に・・・。
我が家の100倍はあろうかという敷地の中に、数々の花木、見事な建物。
辞するまで、ため息の連続でした。

初めて実物を見た熊谷草は思っていたより小振りの花で、8糎位の大きさ。
日本の野生の蘭の中では一番大きいとされていますが、
熊谷直実の母衣というイメージよりずっと柔らかで、可憐な印象でした。
敦盛草と並べてみられたら・・・と思いました。
どちらの花もイギリスでは、ladie's slippers と呼ばれているようです。

花を楽しんでいる間待っていてくれた雨が、夕方になって降り始めました。
寒さも加わったかなりの降りの中を、満足の思いを抱いて帰宅しました。
気がつくと、濡れた傘に海棠の花びらが1枚・・・。
そっととって、日記にはさみました。

今日は穀雨。そのとおりの雨でした。
コメント