今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

足慣らしの山登り 2010.06.27.(2)

2010-06-30 08:04:53 | Weblog
 出始めの夏キノコを眺めたり、周辺をウロウロしたりして、ようやく山の登り口に到着した。かつては度々ここに来て、きのこを探したり、釣りをしたり・・・・泳いだりしたものだ。山で泳ぐは変か・・・・。この5年ほどは全く近づいていなかった。






オカトラノオ






 登り口の様子は全く変っていなくて、少し安心した。オカトラノオの咲く季節になっていたのだ・・・・・


 この山は自宅から車で5分。いつも見ている山だ。午後からの散歩には丁度良いのかもしれない。それにしても、この蒸し暑さはなんだ?登る前から汗が吹きだしている。歩き出し、道が登り始める前に小さな黄色い花が沢山咲いている場所にさしかかった。






この花は?





 道は登り始めるが、痩せた山で木の高さも自分の身長位しかない。






ヒイロタケ





    
硬質菌


久し振りのカイガラタケ・・・と思ったが、剥がして裏を見たら違った・・・



 それにしても、汗が滝のように出る。ユ*ク*の速乾性シャツなど全く無意味なことが分かった。洗濯機からつかみ出した洗濯物のようだ。帽子のひさしからも汗が落ちる・・・・。




 鎖場を登りながら下を見ると、以前はブラックバスを釣ったり、夏場に泳いだりした池が見えていた。





昭和池





 登り始めが遅くて焦って登ったのだろうか・・・、この蒸し暑さのせいか、かなりきつく感じる。途中、少し木が生えていて日陰になった辺りに・・・・






ハナオチバタケ






クヌギタケ属





 この山は標高423m 低い山なのに何でこんなにしんどいのか・・・、この蒸し暑さもあるが、登り下りが何度か続くことも関係あるのだろう。歩いているうちに頂上が近づいてきた。






昭和池、再び





 これで、高度差は350mほど。シャツもパンツも汗で飽和状態・・・。靴はというと少々、窮屈だったが何時の間にか慣れている。なんとかなりそうだ。



 頂上に着いて、ベンチに座った。頂上には3人程が座って休んでいた。こちらも周りを見たり、休んだり・・・・、写真を撮るのを忘れていた。昼飯を食べ、いつも忘れて後悔するビールも今回は飲んだ。のどが渇いているのであっという間に飲み干してしまった・・・。



 登り始めてから1時間ほどしか経っていなかった。疲れたように思ったが、休憩したらかなり、回復。もったいないので山頂付近を歩いた。






イッポンシメジ科





     





これは・・・?傘の径は10cm程はある。ミイノモミウラモドキのようだが、大きすぎか?





 なんと・・・・山の頂上に・・・












アカヤマドリ





 今年は変な年だ。急に夏キノコの季節が来たと思ったら、山登りの頂上でアカヤマドリに出会うとは・・・・。収穫して、山を下ることにした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 山に向かう途中 2010.06.27.... | トップ | series 駐車場から仕事場まで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事