今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

唖然、茫然、いつの間にかヒメビシがビッシリ。    2018.06.24.(4)

2018-06-28 21:23:37 | 山、花、山野草





 見覚えのある景色・・・・、あ、ちょっと違和感。あの細くて薄暗い道を下ってしばらく行くと、この場所に着くことは
分かっていたのだが、今まで歩いて行ったことが無かった。意外に近く?、きのこ探しに夢中になっていたから?!、意外に長く歩いて
いたのかもしれない。兎に角、懐かしい場所に出たのだ。

 この場所を最初に訪れたのは三年近く前。友達からウチの近くにある池に貴重な水草が生えている筈だから様子を見てきてくれ、
と頼まれた時だった。その貴重な水草とはヒメビシ。僕としては見たことも聞いたこともない名前だった。一応、webで特徴だけは
把握して、迷いながらもこの場所に辿り着いたのだが、水面には何も浮かんでいない。周囲まで細かく調べたけれど、ヒメビシの姿は
無かったのだ。

 それから、何度かこの場所にはチェックしに来ていたのだが、全く姿はなかった。それが、今回、意図せずに来てみたら・・・・





ヒメビシ
まだ、この時は半信半疑で・・・・、ヒシとヒメビシの違いなんかフツーの人に分かるわけない・・・



   
        




 それにしても、今まで何回も訪れても水面にはほとんど何も無かった池が、水草で覆われているなんて想像もしなかった。


















これは、ヒシじゃない。ヒメビシが復活したんだ、と思った。



 それにしても、何で突然、復活したんだろう・・・。最初に訪れた時は9月できのこの季節だった。その後、オグルマ、
多分、サワオグルマの咲く時期に来たこともある。初夏に来たことがあるかというと・・・、自信がない。







 友達にショートメールを送る。「号外 ヒメビシ、復活」。それから、メールで写真を幾つか送った。車に戻る前に
周囲の野池も点検したけれど、特に目に付くものは発見できず、今度は登り坂の道を歩いて戻った。
















モジズリ
薄暗い道に入る前の草原で・・・・



 何か、今日は憑いてる。良いことがありそうな気がしていた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏きのこのパスタ    201... | トップ | 頭が冴えた日 トガリワカク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山、花、山野草」カテゴリの最新記事