たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

最近のゴルフ場・GPSカートナビ

2018年06月07日 | ゴルフ

ホームコースのトーシンさくらヒルズGCは2016年5月から電磁誘導式ゴルフカートを導入し、全車を新車に入れ替えた。うれしいことであったがプレー代が500円値上げされた。

道路に埋め込まれた電磁誘導線に沿って自走するので手動運転より安全になった。前は乱暴運転で振り落とされる客が居て救急車が来たこともある。

何より良いのは最新式の「GPSナビゲーション」がついていることだ。当日のピンの位置、ティグラウンドからの距離、セカンド地点からの残り距離などが表示される。

さらにホール・バイ・ホールのスコアを打ち込むので、毎ホール毎に誰がどのグロススコアで、順位はどうかが即座に分かる。

一昨日は老人3人組で86歳のエージシューターの名手(この日も65回目のエージシュートを達成された)、83歳の中堅、82歳になる当方という組み合わせだった。当方が一番若いのでリモコンを持たされ、運転席に乗りスコアなどの投入操作を任された。この役目は結構うざったい。最後の所で失敗しコンペ表彰式で皆に迷惑をかけた。

ハーフが終ったところでナビに投入したスコアと、本人のスコアカードを確認し「登録」ボタンを押すシステムだ。18番の最終ホールのスコアが「手書きスコアと合わない」と、一人が言うので確認し、手書き間違いだったが、そんな手間で「登録」ボタンを押し忘れた。

そのため表彰式の順位表作成が遅れた。その原因が登録ボタンを押さなかったため、18番のスコアが空欄になってしまって、順位が確定できないとフロント姉さんがやってきた。

コンペ仲間の一人がキャデイバッグ・ポーターのバイトをやっていて「俺が入れてくる」と、カート置き場へ従業員と行き、電源を落としたカートに鍵を挿しONにしては、一台づつ名前を確認していた。そこへ当方が行って、乘っていたカートNOを受付で聞きに戻り無事投入できた。

こんな手間暇をかけたので表彰式と帰宅を30分ほど遅らせ「呆けてしまって」と平謝りだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白内障術後初ゴルフ | トップ | もう!許さん »

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事