金沢で騒げ その8

2007-03-23 19:55:10 | 長編日記
ただ今ご紹介にあずかりましたたいがーは
「ただ今ご紹介にあずかりました」を
2回言おうとしたたいがーは
若干の緊張感の中でスピーチのような漫談のような何かを
スタートさせたのである。

体育会でならしたスピーチアビリティを総動員して
マイク片手に語り出した今日この頃なのである。

実際その場にいらした方々は
こちら←から入って頂き
新郎の下の名前を
半角英数で入力の上、認証ボタンを押してください。
スピーチのほぼ全容を動画でアップしております。

とにかく
彼のスピーチは何を伝えたかったのか
何を世に訴えたかったのかを
ここに記しておこうと思う。


・導入
 新婦は派遣社員として新郎の職場に行き、そこで2人は出会った。
 そこでたいがー、スピーチの始めに
 その派遣会社から「新郎の友人」として派遣されて来たと言った。
 むしろ「導入」というより「ツカミ」やけど
 彼が何かを掴めたのかは誰も知らない。
 ネタ繰ってるときに聞いていたら面白かったけど
 何も知らない人が突然そんなこと言われたら
 普通に目が点になってしまうという
 ちょっとした惨事。
 でも負けないたいがーに賛辞。

・新郎は勤勉である。
 決して検便ではないことを強く訴えたい。
 新郎は高校まで東京で過ごし、大学でいきなり大阪にやってきた。
 関東弁が出るや否や、よってたかって関西弁に訂正されるという愛のムチ。
 むしろ罵声を浴びて大きくなった。
 ちょっとしたイントネーションのズレも許さない、妥協のない勉学の日々。
 大学での第一外国語「英語」第二外国語「スペイン語」
 そして第三外国語「関西弁」を一生懸命勉強した。
 ていうかムリからさせられた感が否めない。
 4年間の甘酸っぱい思い出。

・新郎は優しい奴
 大学時代に仲間たち皆で忘年会をやると
 決まって何らかの形で携帯電話を破壊されてきた新郎。
 タバスコを山盛りかけられた時は
 時間の経過と共にメモリーが「わ」行から順に消えていくというウルトラC。
 お気に入りのストラップを酒の中で溺死させられ
 ゴーヤーマンはホットプレートでこんがり焼かれ
 パカパカ携帯を逆向きにパカってやられ
 中学の理科で習ったミカヅキモばりの細胞分裂状態。
 挙句の果てにかろうじてつながったケーブルをも引きちぎられた。
 それでも優しい目で見ていてくれた新郎。その優しさに感服。
 しかし、当時新郎は普通にブチギレていたことは誰の目にも明らかであり
 携帯を破壊したのは「優しいんです!」ってスピーチしている本人である。
 どんまいムッシュ。

・新郎はマメである。
 マメマメマ~メな新郎は
 大学時代に皆で旅行に行くという一大イベントを
 何度となく企画・実行してきた。
 マメな新郎がいたからあれだけ色々な場所でハシャげたのだ。
 新郎が企画を立て、計画を練り
 皆に容赦のない口出しをされて計画を好き放題イジられて実行。
 楽しく旅行ができたのも新郎のおかげ。




「勤勉」「優しい」「マメ」という3点において
確かにその通りだと思うが
出てくるネタ出てくるネタ全部
新郎がロクな目に遭ってないことばかり。

何も知らない人がこの話だけ聞いたら
一体新郎はどんだけ虐げられてきたのかと思ってしまう・・・

ところだが

とりあえずお母様がバカウケしてたので万事OKだ。



つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 殺傷能力 | トップ | ういんず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今見て気づくことは・・・ (豊中の住人)
2007-03-24 05:23:53
ほんまけなしまくりやね。
最後をどうやって美しくまとめたのか、まったく
想像できないというか、記憶がない。

昨日、新郎がに当日マンセイの時に流したスライド
を初めて見ました。
おもしろいものを作ってくれて、ありがとうと
メール来たが、第三者が見ると今回の余興は
どないやったんやろね・・・

でも、この数時間後の修羅の国を思い出すとかわいいものかも・・・
可愛いんです。 (すぴっつ)
2007-03-24 14:03:02
内容を分析するに
ロクなエピソードではないことは明白であります。

第三者が見てどのように思われたかは…知らんけど
誰からも怒られてないし
新郎からそのようなメールをもらったのなら

全然OKです(自分が判断していいんでしょうか)

数時間後の風景は「惨事」ではありません。
大惨事です。

コメントを投稿

長編日記」カテゴリの最新記事