東へ行く その2

2007-02-12 12:16:41 | 長編日記
吉田ICで「出て行け!この親不孝者が!」と言われ
仕方なく高速を降りるたいがー号
だってしょ~がないもん。
この先事故渋滞でしょ?
事故の詳しい状況は分からないから
通れる状況かどうか分からないもの。

渋滞どころかずっと止まりっぱなしかも知れないもの。

でも
吉田って誰なのかドコなのか皆目検討もつかない状態。

こういうときは
「トラックに連いて行け!」
むしろ「憑いて行け!」
深夜に東名にいるんだから
あなたたちもきっと目的地は同じはず。

ついてけばつれてってもらえるはず。

と、いうわけでバレバレの尾行を開始。
我々が探偵だったら即クビ。

と、いうわけで
下道を行くことしばし
沼津あたりのICに到着。

よかったね。たいが~
コレで高速に戻れるね。

またサクサク進めるね。

あぁヨカッタ。

そんなヨカッタ状況でたいが~の決断。

「ずっと下道で行こう!」

とな。

そうだよ。たいが~号にはちゃんと
カーナビという強い味方がついているんだ。
カーナビと喧嘩しない限りは行けるはずなんだ。
1号線を疾走すれば東京まで行くんだ。
間違っても失踪だけはしないように。

ワタス的に「1号線」と名のつく道は
京都を中心として
大津~寝屋川間しか走らない。走ったことがない。多分。

でもだいじょうび。
優秀なカーナビと運転手と
「この道は東京まで通じている」という
強い信念が不安感に打ち勝っている。

打ち勝っていた。



極寒の箱根の山に突入するまでは。



外気温は凍結注意の3℃をガンガン下回るし
凍結防止剤の上を走っていたら
道自体が白くなってる場所に突入し

コレってひょっとしたらヤバいかも知れないと思って
漆黒で極寒の闇夜の中で
一旦クルマを止めて外に出て道路を見たら

なぜかその一帯だけアスファルトに白い石が敷き詰められていた。


まぎらわしいんじゃ~!!

つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 深夜の女神 | トップ | キモチ悪い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そんな無茶な… (ヤピオ)
2007-02-12 15:16:07
箱根越えとは、険しさを知っての、一興か、
知らずしての愚行か、分かりませんが、
沼津からなら、246という選択もあったはず…w

多分、阪神と阪急(電鉄)の違いぐらいあるぞぃww。
にぃよんろく??w (すぴっつ)
2007-02-13 17:20:32
阪急と阪神の違いってwww

箱根越えコースになったのには
深い
深~いワケがあるんです。

高速降りてから
カーナビでルート選択するときに
ものすご縮小のマップ出てきて
ドコを通るか分からず「はいコレ~」
で、ぽちっとなww

そしたら鬼のように曲がりくねった山に・・・w

コメントを投稿

長編日記」カテゴリの最新記事