金沢で騒げ その16

2007-04-05 20:31:25 | 長編日記
途中誰もが予期せぬハプニングにより
VTR再生が途中で止まってしまってサァ大変エスパー。

パパっと復旧作業を終えて
再び最初から始まったVTR

ラケットのフレームをくぐり抜け
「30回転しても目が回らない!」と豪語し

プラスチックのバットを手にして額につけ
ぐるんぐるん回転を始めるエスパー。

ちっとも床に接地してないプラバットは
きっとあまり意味がない。

・・・で、宣言通りに回転した後にまっすぐ歩いて
お馴染みになりました手袋を顔にはめて鼻息で割るという荒業
ていうか根性ワザ。

コレを見ながらマッハは
「すげぇ~やん。全部やってくれてるやぁ~ん」
と、言っていたとかいなかったとか。

一通りネタをご披露頂いた後には
再び新郎新婦へのメッセージを・・・



思いきや

「弟のマハトシ! 後は頼んだ!!」

と。

あぁなんということでしょう。
この会場内にエスパー伊東の弟がいるというのでしょうか。
会場に流れるエレクトリカルパレードのメロディー。

エスパー伊東の色紙を手に新郎新婦の元に
いたって普通に歩いていくマッハ。
ただ顔が似ているというだけで弟にされてしまったマッハ。
色紙を渡された新郎は
「ホンマモンやぁ!」と、アドレナリンを出していたが

肝心のマッハの平常心たるや悟りの域。
幹事からマイクを渡され、何か挨拶せぇ的な空気になったところで
またもやいたって普通にマッハ、口を開く


「あの~
 メガネかけてたらそんなに似てないことが
 分かってもらえると思うんデスケド」
(※マッハの発言文は
  本人の滑舌を考慮してワタスが翻訳したものです)

前フリに使われたエスパー伊東を粉砕。
一番オイシイ場面に登場して
一番良い場面を演出されておいて
いたって普通のテンション、キラーパスキラー。

「ウガ(新郎)との思い出って言っても
 そんなに無いんデスケド」

だったらどうしてこの場にいるんだと
他の人は思ったかも知れない。

「まぁ・・・ウガは・・・
 どう見ても天パにストパーで・・・」

全く関係ナシ。

だからどうしたと大半の人が思ったであろう。
でも大半の人が笑っていたであろう。

結局ウガが結婚したことに関する話は
ロクに出てくることなくマッハの出番、終了。

「ホントにエスパー伊東の弟なんですか!?」と
言っていた人がいたという報告を受けた。
よかったね、マッハ。

で、結局何が言いたかったの??



つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 忘れた。 | トップ | お前の店や »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

長編日記」カテゴリの最新記事