in 北海道 その24

2006-07-28 01:03:40 | 長編日記
当初は照明係として登場した
マシン、ヒッキー号は
いつしかうちらのステージと化し

持ち上げられれば皆からの歓声を浴び
他の誰かが持ち上げられたら歓声を放ち

一体何の人たちなんだよと
通りすがる人の目をクギ付けにする光景

ていうか通りすがる人が
誰一人いないような状況ではあったが・・・。

この新興宗教的な儀式をひたすら繰り返す
壊れ気味の我らではあったが

後片付けはちゃんとせねばなりません

ちゃんとせねばなりません

人を持ち上げて遊んでいる場合じゃないんです。


「みんくをおんぶする」と豪語して潰れたり
何歩か歩いて見せたり

みちぃは中ちゃんに
発泡スチロールのように持ち上げられるし


その発泡スチロールみちぃは
あざらしを持ち上げることに挑戦









あざらし陸揚げ作業みたい



と、まぁ
宗教的儀式の後には
こんなウエイトリフティングが行われ

それと平行して

宴の片付け作業も進んでいったのであります。



片付けが終わると
宿泊場に戻って
寝る人は寝て
起きてる人は引き続き喋ったりなんかしてた。


「UFOがいるぅ!!」
という叫び声から始まって
皆が韮澤信者になりそうな瞬間もあった。

最後の最後まで騒ぐ我らご一行様


部屋の隅にあざらしを追い詰め
カッチリ動けなくなったところで

足の裏をくすぐってあげたりもした。

あざらしはシアワセそうに笑い転げていた。

笑い転げていたが

その眼に若干の殺気が宿っていたのもまた事実。

・・・ではまた次回。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミススーパー | トップ | 上品な方かおばかさんか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あはは (琉・F・紅榴)
2006-07-28 16:39:49
発泡スチロールって…

そんなに軽々と持ってましたかね?酔ってて力の加減が出来てなくて…

記憶はちゃんとあるんですよ。はい

しかし、重さも感覚は全然覚えていません…



部屋の片隅で済んでいればよかったが他人の迷惑かえりみず場所をドンドン移動したのはちょっとまずかったかな?



でも、自分はめちゃめちゃ楽しかったのでよしとします
ヨシとしようw (すぴっつ)
2006-07-28 21:07:52
相当軽々と持ってましたよ?w



「ヨッコラショ」って持ち上げたというより

「ハイヨ」って持ち上げてたよ?www



どう見ても重たいものを持ち上げた顔じゃなかったもん♪



かく言うワタスも2日目の朝・3日目の朝と

皆が寝てるときにワサワサ動いていますた・・・



自分もめっちゃ楽しかったのでヨシとしますww

コメントを投稿

長編日記」カテゴリの最新記事