柏のフーレセラピー専門salon 『フーレセラピー こりん』 

柏のフーレセラピーこりんのブログです。

すべてはお客様のためだけに。
とっておきの休息の隠れ家へようこそ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐原のおもてなし。うなぎ ふぐ料理 割烹 『やま川』

2014-01-14 | ■今日のこりん
佐原 下川岸は、父の実家。
小さな頃からお正月になると
田舎に帰るのが楽しみでした。

大人になった今でも
懐かしい故郷、佐原。

情緒あふれる佐原には
温かいおもてなしのココロが溢れています。

そんな場所で待っていてくれる
従姉妹に会いに行ってきました。

ここは、香取市佐原
仲川岸 小野川のほとり。

従姉妹がとっておきの
サプライズで招待してくれたのが

うなぎ ふぐ料理
割烹 『やま川』さん。



暖簾の奥には
由緒正き風情を感じる店内から
灯りがこぼれます。



佐原の人情には
温もりと優しさ、そして
歴史あるこだわりを感じます。

店内に一歩はいると
可愛いフグのお出迎え





佐原魂を感じる店内には
凛とした空気が流れていました。





従姉妹は、私がびっくりしているそばで、『このコ、お腹すいてるから鰻重先にお願いね!』と、女将さんにウインクで合図するほどのお付き合い。

素敵な店内にほっこり
しながら





素晴らしい歴史ある
佐原の大祭、山車をゆっくり見ていると先に出てきたのは

なんと!



ふ、フグ刺し!





わかります?
私の慌てよう。

あまりの感動に
飲みかけの緑茶まで撮影してしまいました。

本物のフグ刺しには、
職人の技を感じる奥深い味わいでした

みた目の美しさはもちろん、
舌に乗せた瞬間の感動から食感を
楽しませるまさに、こだわりの逸品。

そんな感動覚めやらぬうちに
笑顔がとってもチャーミングな女将さんが運んできて下さったのが

こちら。



フグ刺しのあとに
鰻重です。

こんな贅沢は人生初。





鰻は幻の絶品でした。
香ばしく焼けた表面は炭火の絶妙な
加減で艶やかな色合い。

お箸を入れると、

ふわん。
と、ほぐせる程の柔らかさ。

口に運んだ瞬間に広がる旨味と、
鰻の上品な食感が優雅に消えて行きます。

佐原はお米も美味しいんです。
先代から受け継ぐ秘伝のタレがたっぷり染みた艶々したご飯も最高でした。



まさに、この暖簾にかけた
ご主人の職人魂を感じる逸品でした。

佐原にお出かけの際は是非。

地元の隠れ家的本格割烹

うなぎ ふぐ料理
割烹 『やま川』

香取市佐原イ449
電話 0478-52-5061










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『癒し女子交流会』開催のご案内 | トップ | みんなで、夢を叶える。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

■今日のこりん」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事