サンシャイン通信

サンシャイン・ステート(フロリダ州)発のニュースレター

まさかの展開!

2022-09-23 05:47:54 | Football (フットボール)
フットボールネタが続きます・・・
先週末のフロリダ大学との試合ですが、負けを確信していたのでブログ記事にする予定は全くありませんでした。
予想では去年同様、前半で点差をつけられ大敗。ハーフタイムのマーチングバンドの演奏が終わったら帰ろうと思っていたのです。
しかし予想外の展開となったので、ブログ記事にしないわけにはいかなくなりました。

予想通り、負けました。28-31で。


でもUSFファンになって15年。こんなに清々しい、そしてチームを誇りに思った負け試合は初めて。とても見応えのある試合でした。

試合で最初に得点したのはゲーターズ(フロリダ大学)。フィールドゴールで3点獲得。
でもその後、試合初のタッチダウンをUSFが決めたのです!
それからは接戦。後半に入って タッチダウン後の2ポイントコンバージョンも決めて
もしかしてUSFが勝つんじゃないかと思った場面が多々ありました。
試合終了間際で28-31。最後にタッチダウンを決めたら勝つし、フィールドゴールを決めたら同点で延長戦に。
結局、チャンスを活かせず、フィールドゴールも失敗で負けました。でもとってもいい試合でした。

キックオフ、初タッチダウン、そして試合終了時のビデオ。席もバンドの近くでシアワセでした~。


今年もゲーターズ・バンドとジョイント・ハーフタイムショー、楽しませてもらいました。


あと嬉しかったのがゲーターズのコーチやファンから賛辞をもらったこと。
コーチは試合終了時のインタビューでUSFを心から尊敬すると言っていたし、
SNSでもゲーターズファンからUSFのプレーを称えるメッセージが!






ゲーターズの勝因は実力ではなくラッキーだっただけ、
ゲーターズは勝つに値するチームではなかった
本当の勝者はUSFだった
実力はUSFがはるかに上回っていた
などなど・・・・

USF、やればできるじゃない!!
ファンになって15年。思い出に残る試合がいくつかありました。それはどれも強豪チーム(当時)に勝った試合。
オーバーン大学ウエストバージニア大学ノートルダム大学フロリダ州立大学など・・・)
今回の試合は負けたけど前出の試合に匹敵する、いい試合でした。これからも語り草になること間違いなしです。

さて今回、久し振りにフロリダ大学でのアウェイの試合に出かけたわけですが、どれくらい久し振りだったかというと12年振り!
2010年の9月に初対戦したのです。(この時は14-38でボロ負け。)
この後、去年のUSFのホームゲームまで11年間、対戦していなかったのです。
過去2回の試合で大差をつけられて負けたので、今回の試合は本当に大健闘でした。
課題は今後の試合でもゲーターズ戦のようなプレーを見せてくれるかどうかです。
今週末はアウェイでケンタッキー州のルイビル大学と対戦。頑張ってほしいものです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンドキッズとフットボール観戦

2022-09-16 23:57:25 | Football (フットボール)
先週の土曜日も息子の母校のフットボールの応援に出かけました。対戦相手は首都ワシントンにあるハワード大学。
前回のブログでお知らせしましたが、勝率が99.2%ですから勝って当然の試合。
安心して応援できる試合と思いきや、USFディフェンス、ハワード大学オフェンスでスタートした試合、
最初のプレーでタッチダウンされてしまったよ~!
その後もなかなか得点できず、第2クォーターでやっとタッチダウン2つを決めて、14-7で前半終了。
後半は4回タッチダウン。42-20で勝利を収めました。ホッ!


ちなみに今回STM(シーズンチケットメンバー)がもらった「おまけ」はビーチタオル。縦75x横150㎝程。


実はこの日、試合に勝ったことより嬉しかったことがありました。それは高校生のバンドキッズ達と応援できたこと。
毎年、HOT DAYというイベントがあり、地元の高校のバンドを招待してハーフタイムショーで一緒に演奏するのです。
スタジアムに着くと駐車場にたくさんのスクールバスが!ここでこの日がHOT DAYということが判明。
元・究極のバンドママの私の血が騒ぎました。
スタジアム周辺にはHOT DAYのグリーンのTシャツを着たバンドキッズ&バンド・ペアレンツが!
もうこの時点で私、子供達のハイスクール・バンド時代を思い出してウルウル。
先程、過去記事をチェックしたら去年の9月にHOT DAYについて記事を書いてました。
(この過去記事を再読してまた涙目になっちゃったよ~。)

スタジアムに入場すると私達のセクション&周辺のセクションのSTM以外の席が
高校生のバンドのために割り当てられていて、バンドキッズ達に囲まれました。シ・ア・ワ・セ!

プレゲームショーでUSFのマーチングバンドがフィールドで演奏を始めると、歓声を上げてバンドをサポート。
私も毎回、大声を上げながらバンドを応援するのですが、いつもは周りにバンドサポーターがあまりいないので
かなり浮いちゃうのです。
だから今回、バンドのサポーター仲間(それもバンドキッズ達!)ができて嬉しゅうございました。
試合が始まると引き続き、バンドキッズ達は大声で応援、バンドの演奏に合わせて歌う!踊る!!
大学のフットボール観戦が初めての子もかなりいて、そのうち数人はかなりハイパーになってました。(わかる、わかる、その気持ち)

第2クォーターが始まると、バンドキッズ達はハーフタイムショーの準備のため退場。
そしてお待ちかねのハーフタイムショー。
スタンドに残ったバンドパパ&ママ達と一緒に歓声を上げてサポート。




ビデオ撮影する親御さん達を見て、またまたバンドママ時代を思い出してしみじみ。
私もハーフタイムショーやマーチングの大会でよくビデオ撮影したもの。
唯一の違いはスマホ!私の子供達が高校生の頃は携帯でビデオ撮影をする時代じゃなかったから。
息子が高校に入学してマーチングバンドを始めた年(2003年)はSonyのビデオカメラで撮影してました。
こんなので。画像はお借りしました。


この翌年位にデジカメを購入したような・・・
いやあ、いい時代になったよね。スマホでビデオ撮影できるなんて。

ハーフタイムショーが終わってしばらくするとバンドキッズ達がスタンドに戻り、試合の応援。
すると私達の前の列にいた男の子が「うるさくしてすみません。」と謝って来た。
「いいのよ!そんなことで謝らないで~!
フットボールの応援だから大声出して当然よ!
私達も昔、バンド・ペアレンツだったから一緒に応援出来て嬉しい!」
と言いました。彼らの応援振りは余裕で私の許容範囲内。
夫は「私の妻は時々、クレージーでやかましい応援をするから(←事実)気にしないで。」と
言いたそうでしたが、私の機嫌を損ねて怒らせたら怖いと思ったのか、言いませんでした。
この謝ってきた子はハイパーな子達と比べたら全然うるさくない。
きっとドラムメジャーかなんかやってて、みんなのリーダー的存在の子なのね。
他の子達が大声を出して騒ぐと私達に気を使って「落ち着け~。」とか「静かに!」と注意してました。

この後も私はバンドキッズ達とチームを応援。
第4クォーターに入ると、ほとんどの高校のバンドが帰り支度を始めました。
時間も遅かったし(9時半位)、USFもかなりリードしていたから勝利を確信して
たくさんのファンもスタジアムを後にしました。
私達のセクションもかなり空きましたが、一緒に応援していた子達(の学校)は帰る気配なし。
バンドの先生も親御さんもバンドキッズ同様、大声を出して応援してました。

試合が終わるとバンドがフィールドにいるチームのために応援歌、校歌などを演奏します。
私は必ず、この試合の後の演奏が終わるまでスタンドにいて声援を送ります。
この夜、一緒に応援したバンドキッズ達も最後の演奏までスタジアムにいました。
バンドの演奏が終わり、帰り支度を始めた時、「うるさくしてすみません」と謝ってきた子が言いました。
「来年、また会いましょう。僕、フィールドから手を振ります。」
もう、この言葉に私、涙腺がブチ切れそうになりましたわ。
試合中、私達は長年、STMで、来年もこの同じ席に戻って来てバンドとチームを応援するとこの子に話したのです。
彼、来年、USFのマーチングバンドに入って、フィールドで演奏中、私達を探して手を振ってくれるって!
(まだUSFに入学が決まったわけじゃないのに、カワイイね。)
言ったね?その言葉、忘れないよ。本当にUSFに入学してマーチングバンドに入ったら私、
この子の代理バンドママになってサポートします!!

試合中(タッチダウンを決めた時)と試合終了時にバンドの演奏に合わせて歌うバンドキッズ達。


この試合ではバンドキッズ達のお陰で、私の応援振りがドン引きされなくてよかった。
私の応援振り、彼らに近いもの(いや、それ以上?)があるんで・・・・
だ・か・ら~、言ったでしょ?私、スタジアムでは人が変わるって。
隣に座ってる夫に他人の振りをされる位ですから。

さて次の試合は明日(9月17日)アウェイゲームでフロリダ大と対戦です。
アウェイですが、スタジアムに応援に行きます。だってホームゲームより近いんですもの。
フロリダ大学は家とUSFのあるタンパのちょうど中間にあるんですよ。
フロリダ大学まで車で2時間。タンパまで車で4時間。
(ちなみにUSFのライバル校のUCF-セントラルフロリダ大学での試合にも出かけてます。
車で2時間ちょっとなので・・・・)
去年はホームゲームでフロリダ大学と対戦して42-20で大敗。
今回も負け確実。だって勝率はたったの6.1%。


だから目的はマーチングバンド。引き続き、スタンドからバンドキッズを応援します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フットボールシーズン到来!

2022-09-08 18:50:24 | Football (フットボール)
待ちに待ったフットボールシーズンがスタートしました!
性懲りもなく今シーズンも、ずーっと低迷している息子の母校サウスフロリダ大学(USF)を応援します。
随分前にシーズンチケットも更新&購入しました。
シーズンが始まる前にシーズンチケットメンバー(以下STM)にはスペシャルプレゼントが贈られるのですが
今年のプレゼントはポスターでした。
大きさは縦56x横43㎝ほどで紙もペラペラではなく、かなり厚みのあるもの。
そして感動したのがSTMのためにカスタマイズされていたこと。
名前や住んでいる街の名前がプリントされているのです!(青く塗りつぶした所ね。)
ポスターの表には私のフルネーム、住んでいる街の名前、ユニフォームには私の苗字がプリントされています。


ポスターの裏は今シーズンの試合のスケジュール、STMがスタジアムでもらえるプレゼントのリスト、
コーチからのメッセージ等が。メッセージの始めにも、Dear 〇〇〇と私の名前が!


そして先週の土曜日、今シーズン初の試合に出かけました。
スタジアムに到着するとやっぱり興奮します。


今回、STMがスタジアムでもらったプレゼントは帽子。


スタジアムでは同じセクションにいるシーズンチケット仲間と再会。
オフシーズンを経て仲間と再会。シーズン初のホームゲームのお楽しみです。
対戦相手はBYU(ブリガム・ヤング大学)。上位ランク内のチームなので勝つ確率は低い。
でも負けてもいい試合だったと思えるプレーが見れたらオッケー。

プレゲームのマーチングバンド演奏も終わり、いよいよチームがフィールドに登場!
と思いきや雷で試合開始を遅らせるというアナウンスが。
スタジアムのスクリーンもWEATHER DELAY (悪天候による遅れ)に切り替わり。


この写真からもおわかりでしょうが、この時、晴れていました。
でも雷雨警報が発令されていて、雷の音も聞こえたし空には稲妻が光っていました。
というわけで即、コンコースに移動して避難。1時間ほどして雨が降り出しました。
結局午後4時キックオフの試合は大幅に遅れて6時半過ぎに開始。

試合はUSFがディフェンス、BYUがオフェンスでスタート。
で、最初のプレイでタッチダウンされちゃったよ~!
その後、BYUは次々にタッチダウンとフィールドゴールを決めて気が付いたらスコアは38-0。
USFはハーフタイム直前にやっとタッチダウンを決めて前半は38-7で終了。
この後はお楽しみのマーチングバンドのハーフタイムショー!
元バンドママの私は一曲終る度に歓声を上げて拍手。
ブログ記事で何度も言いましたが、バンドキッズは我が子も同然!ですから、
今シーズンもバンドの応援&サポートは欠かしません。

そして試合の後半は・・・・
もうね、文字にする気力がございませんわ。だって50-21で大敗ですから。

以前はよく大学フットボールネタでブログ記事をアップしていましたが、ことごとく負けが続いたので
昨シーズンはブログ記事にする気になりませんでした。(案の定、シーズン成績は2勝10敗というショボさ!)
今年は気分よくブログ記事が書けるシーズンになったらいいと思っていたのですが、
初戦で大差をつけられてしまいました。
気を取り直して今週末の試合に期待したいと思います。
今週もホームゲーム。スタジアムで大声を出して、BGMやバンドの演奏に合わせて踊りながら応援するぞ~!
(あ、私、スタジアムでは人が変わるんで・・・・苦笑)
この試合の勝率予想は99.2%ですから、負けたら救いようのないチームに格下げです。(え、もう格下げになってる??)


大学に限らず、地元のプロチーム(←これもずーっと低迷している)、高校の試合も気合いを入れて応援します!
秋はフットボールで私の生活が回るんで、そこのところヨロシク!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ZINCON後のお楽しみ

2022-09-03 08:15:32 | お気に入りスポット
ZINCONはいつも木~日曜日の4日間。
実は私にとってZINCONはファミリーバケーションも兼ねていて、ルーティンがほぼ決まっています。
水曜日の午後、夫と一緒にオーランドに出かけ、娘は金曜日に有給休暇を取って木曜日の夕方、
仕事が終わってからオーランド入り。
私がZINCONに参加している間、父娘はディズニーワールドやユニバーサルのテーマパーク三昧。
そして日曜日は必ずディズニーワールドのパークの1つ、Epcotに出かけます。私のお気に入りのパークなので。

私は日曜日の午後、ZINCONが終わると即、ホテルに戻りシャワーを浴び、着替えてEpcotへ。
夫と娘と合流してお気に入りのアトラクションを楽しみます。もちろん日本館にも立ち寄り、三越でお買い物~。
ディナーや花火・・・閉園までパークを楽しみ、私と夫は翌日(月曜日)に帰宅。
娘は月曜日の早朝にホテルから出勤というというルーティンを2015年から5年続けてきました。

でも今年は大幅にルーティンが変更!
まず、一人暮らしをしている娘が近々アパートを引っ越すので、その準備で合流できなくなったのです。
従って父娘のテーマパーク三昧は不可。それでも夫は木曜日と金曜日におひとりさまテーマパーク三昧でした。
そして今年の日曜日のお楽しみはEpcotからSeaWorld Orlando (以下シーワールド)に変更しました!


このパーク、ZINCONの会場から近いこともあり、以前から出かけたいと思っていたのですが
今回、出かけることにした最大の理由は無料チケットの有効期限がせまっていたからでした。
シーワールドさん、太っ腹でコロナ感染が広まった2020年から毎年、フロリダ州の教師に無料チケットを提供しているのです。
まず特設サイトで氏名、住所、州の教員免許番号等、必要事項を入力してアカウントを作成。
(私立校など教員免許がなくても教えられる学校の教師は在職証明書を添付)
すると州の教育庁のサイトで名前や教員免許番号でサーチ、本当に教師であることを確認してくれます。
これが済むと、1年間(9月1日から翌年8月31日まで)有効なチケットを発行してくれるというわけです。
パンデミックが始まった2020年の春、そして2020年の秋に新学期が始まった時と2回チケットを
発行してもらいましたが、結局出かけられず。
そして去年の秋に3度目の正直で再々度チケットをゲット。↓


赤く囲ったところ、Expires August 31, 2022 (有効期限2022年8月31日)と記されています。
ちなみに出かけたのは8月14日。ホント、チケットが無駄にならなくてよかったわ。

パークに着いた時は4時近く。午前中から来園していたと思われるお子さん連れのファミリーが
帰り支度をしていたので思ったほど混雑していませんでした。
雨は降っていませんでしたが、雷が鳴っていて多くのライドやアトラクションライドが
運転を見合わせていてガックリ!
密かに乗りたいと思っていたのがこれ。(ビデオにZINCONの会場&泊まったホテルも映ってる!)


でも可愛らしい動物や魚ちゃんを見て癒されました~。








そして翌日、帰宅途中に立ち寄ったのがLotte Plaza Market


韓国のスーパーマーケットですが日本の食材も充実しています。
バージニアに住む息子の家から車で20分位の所にもあって、訪ねる度に地元ではなかなか手に入らない食材を買ってました。
2019年にフロリダ第1号店がオーランドにオープンしてから、ずっと出かけたいと思っていたので念願が叶いました。
(実は数か月前、地元の空き店舗をLotte Plaza Marketが買ったというニュースが!地元のオープンが待ち遠しい!)
やっぱり野菜、肉、魚の種類が豊富!ポータブルのクーラー/フリーザーを持って行ってよかった。
併設されているベーカリーでもお買い物~!
そしてフードコートでランチ(石焼ビビンバ)を食べて帰宅しました。

というわけで3年振りのZINCONの締めのお楽しみはシーワールドとLotte Plaza Marketでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ZINCON 2022 レポ : Day 4

2022-09-01 17:30:43 | Zumba & Fitness
最終日は午前中に1セッション、午後1時からクロージング・セッション。
セッションは私のスペシャリティ、Zumba Stepのジャムセッション。ジャマーはCourtney。
前夜のRicardoマスタークラスに引き続き、ジャマーのJulieもリードを取ってくれました。
そしてテネシーのジャマー、Alexavierもサポート参加。
セッション中、Ricardoもやって来た!でもクロージング・セッションに参加するため長居はできず10分ほどでサヨナラ!
この2年半、スクリーン越しにCourtneyのセッションを受けてきたので、今回は少しでも距離を縮めたいと最前列に陣取りました。
4曲のコリオを習い、そのうち1曲ステージ上でリードを取らせてもらいました。
3年振りのリアルでのCourtneyのジャムセッション、満喫しました!


クロージング・セッションはキックオフ・セッション同様、感動的なシーンがありました。
そして悲しい知らせも。
闘病生活を送っていたイタリアのジャマー、Silviaがこの日の朝、亡くなったと。
私はSilviaのセッションを受けたことはありませんが、7月に入り頻繁に彼女のための
ファンドレイジングのイベントをSNSで目にしていたので、早く回復してほしいと祈っていました。
ZINCONの最終日に逝ってしまったというのが、なんとも切ない。ZINCONへの思いを馳せながら旅立ったのですね。

そしてZumbaホームオフィスのスタッフ(インストラクターでもある)、Ginaのお母さんが突然、火曜日(ZINCONの2日前)に
亡くなったと正式な発表がありました。
Ginaは毎回キックオフ・セッションでもMCを務めていて今年もその任務を果たしていました。
ZINCONでもセッションを教える予定でいたのですが、キックオフセッション直後、
彼女のセッションがキャンセルになったという知らせがありました。
翌日、SNSで彼女のお母さんが亡くなったことを知りました。
キックオフ・セッションを務めてからお母さんのもと(ノースカロライナ)にかけつけたいという本人の意思を尊重したと
CEOが話した時、彼女のプロフェッショナリズムに脱帽。
お母さんの後押しがあってホームオフィスの仕事をすることを決心したということなので、
お母さんも会場のどこかで彼女の姿を誇らしく見守っていたに違いありません。
キックオフセッションのGina


Silvia、そしてGinaのお母さんのご冥福をお祈りします。

さてクロージング・セッションではトリビア・ゲームコーナーがありました。
インストラクター3人で結成した3チームがZumbaに関するクイズに挑戦。
その参加者の一人がなんとラクウェルでした!(左から2人目)


どのチームも優秀でミスなし。なので最後はダンスバトルで決着。
踊るラクウェル


残念ながらラクウェルのチームは優勝しませんでしたが、楽しいゲームコーナーでした。
1時間ほどでセッションが終了。
会場の外でラクゥエルにバッタリ。フィットネス・コンサート同様、スタッフがランダムに声をかけたインストラクターが
トリビア・ゲームに参加したとのこと。
彼女としばらくお喋りしてSee you next year! と言って別れました。(あ、チョコレートの催促はしませんでしたよ。笑)

今年の参加者は4000人余りということで、いつもより3000人ほど少ないZINCONでしたが
お目当てのセッションやトレーニングを受講出来たし、友達と再会出来たのでやっぱり参加してよかったです。
今回再会を果たせなかった仲間とは来年、会えることを祈っています。
来年のZINCONは8月10-13日。


というわけでZINCON 2022 レポはおしまいですが、次は“ZINCON後のお楽しみ”について記事アップ予定です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする