サンシャイン通信

サンシャイン・ステート(フロリダ州)発のニュースレター

バケーションレポ 6: お買い物編+ビルトモアリピーターからのメール

2021-07-26 15:35:40 | Weblog
一応、バケーションレポは完結したのですが、おまけ編としてアッシュビル滞在中のお買い物レポ。
どうってことないお買い物ですが、私にとっては感動的な経験(大げさ!)だったので。
まずはスーパーマーケット、Inglesでのお買い物。
Inglesは1963年にアッシュビルで創業したスーパーマーケット。
ノースカロライナ州と近隣の州に展開しています。(フロリダにはありません。)
昔から夫の故郷であるテネシー州、義弟夫婦のいるノースカロライナ州を訪ねるたびに
Inglesでのお買い物を楽しんでいたので、今回も絶対に行かなくちゃと意気込んでいました。
(フロリダ州民の皆さん、フロリダに来たならPublixで買い物しなくちゃ・・・みたいな感覚です。)
ディスカウント価格で買い物が出来るリワード・カードのメンバーでもある私。
久し振りにリワード・カードでお買い物出来て、気持ち良かったです。



(Inglesにはスタバが併設されています。そう言えば8年前夫の故郷にスタバ1号店がオープンしたのもInglesでした。
前回の記事に日没間際(9時近く)までアウトドアを楽しんだと記しました。
9時を過ぎてから食事が出来る場所がファーストフード店などに限られてしまうので、
アッシュビル滞在中はほぼ毎晩、Inglesのデリカテッセンのお惣菜で済ませてました。

それからもう一つ、久々に買い物をして感激したのがEarth Fare !
Earth Fareはオーガニックのスーパーマーケット。こちらもアッシュビルに本部があります。
実はこのお店、家の近くにあってよく買い物に出かけていたのです。
「今日の晩御飯、どうしよう!!」という時はEarth Fareのデリカテッセンにお世話になってました。
お気に入りのお店だったのに去年の2月に閉店。
ですからこちらもIngles同様、アッシュビルにいる間に絶対買い物に行こうと決めていました。
1年5ヶ月振りにEarth Fareで買い物が出来て感激!




まず購入したのがアーモンドバター。長年、アーモンドバターはEarth Fareのものを使用。
地元のお店がクローズしてから他のブランドを買っていますが、やっぱり違うんですよね。懐かしい味にホッコリ!

さてさて今回もやってしまいました。訪れた先々でご当地オーナメントを購入!
私にとってご当地オーナメントを購入したら、旅行先でのショッピングはほぼ終了なんで・・・
ブルーリッジ・パークウエイのオーナメント


チェロキー族の居住区のショップで購入したのはArrowhead(矢じり)付きのオーナメント。


ビルトモア・エステートでは2つ購入。


こちらは125周年記念のオーナメント。


アボリータムで購入したのは盆栽オーナメント。


あ~、ますます我が家のクリスマスツリーのホッジポッジ化が加速してしまう!!
ご当地オーナメント専用のツリーを飾るしかないですね。

さて先日のビルトモア・エステート記事にリピーターの友達がいると記しました。
先ほどその友達から写真と一緒にひとことメールが届きました。

Guess where I am?? (どこにいると思う??)ですと。
ビルトモアに決まってるじゃない!!
この後、I miss seeing you here. (あなたと一緒に訪れることが出来なくて残念)というメッセージが送られてきました。
なので近々彼女とビルトモア・エステートに行っちゃうかもです。

これでノースカロライナ・バケーションレポはおしまい!!
コメント

バケーションレポ 5: NCアボリータム編

2021-07-24 23:02:34 | Weblog
バケーション最後の日はノースカロライナ・アボリータムに出かけました。
お手入れされたガーデン、遊歩道、盆栽の展示もあって見応えバッチリ!






こちらはフレデリック・オルムステッドの像。有名な造園家でビルトモア・エステートのガーデンのデザインも手掛けました。


ここにもハイキングトレイルがたくさんあって、川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら山歩きを楽しみました。






アッシュビル滞在中は天気に恵まれ、アウトドア(特に山)を堪能できたのは本当にラッキーでした。
ダウンタウンのショップやミュージアムにも出かけたかったのですが、こちらは次回のお楽しみ。
アッシュビルにはアンティークショップもたくさんあって、こちらもゆっくり見たかったのですけど・・・
ノースカロライナに発つ前日に美容院に行ったのですが、美容師のカレンがアッシュビルのリピーターであることが判明。
彼女お勧めのアンティークショップ&ギャラリーが宿泊したホテルから徒歩数分だったにもかかわらず、
結局足を運べませんでした・・・(涙)
パンデミック後、初の州を跨いでの外出。
コロナ感染防止の規制が緩和されてきて不安もあったので、ほぼ屋外で過ごしたのはよかったと思います。
日没が9時近くということもあって、暗くなるまで野外で過ごしたアッシュビルでのバケーションでありました。
コメント

バケーションレポ 4 : ビルトモア・エステート編

2021-07-21 22:50:18 | Weblog
ブルーリッジパークウエイのドライブを楽しんだ翌日はビルトモア・エステートへ。
ここも昔から訪れてみたかった所。でもここ数年「早くビルトモアに行きたい病 (!?)」が悪化。
と言うのもビルトモアに足繁く通い、リピーターと化した友達がいて、
彼女の話を聞いたり写真を見せてもらう度にその豪華絢爛さにため息。
そう、あれは忘れもしない去年の2月29日(土)。私は彼女とタイ料理のレストランでディナー。
その時にも彼女の最新のビルトモア旅行の話を聞き、そろそろビルトモアに行く計画を立てなければ・・・と思ったのです。
しかし!翌月パンデミックですわ・・・なのでやっと今回のバケーションで念願がかないました!!

ここはジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世によって建てられた、ルネッサンス形式の大邸宅。
アメリカ最大の「個人のお宅」です。ちなみに部屋数は225!
ヴァンダービルト家は代々続く実業家。早い話が超お金持ちのお宅拝見!ですわ(笑)。

午前9時過ぎ、エステートに到着。
でもね、入園ゲートからお屋敷(ハウス)まで延々とドライブですわ。なんてったって敷地面積32㎢ですから。
やっとハウスに到着。美しい!豪華!! 


私達のハウス見学時間まで時間があったので、周辺の庭園を散策。
(事前にチケットを購入、ハウス見学の時間を予約しなければなりません。)


いよいよハウス見学!ため息が出る美しさ。


ダイニングルーム


ここは朝食専用のダイニングルーム


書斎


書斎の天井




インドアプール


ジム


お家でボーリングだって出来ちゃう!


2時間ほどかけてハウスをゆっくり見学した後は近くのビストロでランチ。そしてギフトショップでショッピング。

そして午前中、行けなかった庭園、温室へ・・・
温室と言っても私達が想像する温室ではありませんよ、ビルトモアですから!写真の後方に見えるのがそうです。





お庭も綺麗!花々に癒されました。

ハウスの次に向かったのは農場。動物と触れ合ったり、昔の農機が展示され、ビルトモアでの農業の歴史を学べるエリアです。
敷地内では今でも農業が盛ん。たくさんの畑を見ました。とにかく広い!!
農場を見終わったらもう7時近く。本当はワイナリーにも行く予定だったのですが、こちらは7時に閉まるということで断念。
閉園時間も迫っていたので第1回ビルトモア訪問はここで終了。

ノースカロライナに出かける前、チケット購入のためビルトモアのウエブサイトをチェックした際、
「全てのアトラクション、アクティビティを楽しみたいなら2日訪れることをお勧めします。」とありました。
これはチケットを2枚(2日分)買わせる策略だと思って(実際そうなのでしょうが)スルーした私。
1日あれば十分だわと夫と私で1枚ずつチケットを購入したのですが、やっぱりエステート全てを見たいなら2日は必要だと痛感しました。
ハイキングもしたかったし、ワイナリーでもゆっくりしたかった・・・・
自転車をレンタルしてサイクリングも楽しめるんですよ。
今回出来なかったアクティビティは次回のお楽しみですね。

余談になりますが、私達がビルトモアを訪れた前の週まで友達(前出のリピーターではありません)が
家族でアッシュビルでバケーションを楽しんでいたのです。
なんと、なんと、彼女達がビルトモアに出かけた時、サイクリング中に熊に出くわしたのです!!
こちらは彼女がSNSにアップしたビデオのスクリーンショット。


自分の家の敷地内に熊がいるって、さすがヴァンダービルト家と改めて感動しました。

こちらのビデオでバーチャル・ツアーをお楽しみください
コメント

バケーションレポ 3 : ブルーリッジ・パークウェイ編

2021-07-19 14:50:54 | Weblog
今回のバケーションのお楽しみの1つがブルーリッジ・パークウェイのドライブ。
ブルーリッジ・パークウェイはバージニア州からノースカロライナ州まで 755 キロにわたる道路。
ブルーリッジ山脈の美しい景色を見たいなら絶対外すことが出来ません。
パークウェイにはたくさんのハイキングトレイル、ピクニックエリア、ロッジ、ミュージアムなどもあります。
今回はアッシュビルから西部に向けてドライブ。目的地はアメリカ先住民チェロキー族の居住区。
素晴らしい山の景色に感動!






パークウェイで一番標高が高い所(6053フィート=1845m)で記念撮影。


車を停めて景色を堪能できるスペースがけっこうあるのですが「ここからの景色も写真に収めたい!!」という欲望を抑えることが出来ず、
最初の1時間半程は5分おき位に「車を止める→景色を眺めて感動→写真を撮る」を繰り返していました。
ギフトショップにも立ち寄りのんびりドライブ。
そんなわけでチェロキー族の居住区には予定を大幅に遅れて到着。


チェロキー族の博物館に行きたかったのですが、閉館時間まであと30分ということで断念(涙)。

ロビーの展示を見てショップでお買い物しただけ。この後、街を散策しながらショッピングを楽しみました。
居住区につきもののカジノはスルー。ギャンブラーになることなくホテルに戻りました。

実は11年前、家族旅行でブルーリッジ・パークウェイのドライブを楽しみ、居住区でも一日過ごしたのです。
その時のブログ記事はここをクリック!
今回、見ることが出来なかった博物館もゆっくり見れたし、博物館近くの川沿いの公園を散策したり・・・
楽しい思い出がフラッシュバック、懐かしさがこみ上げてきてしみじみ。
あの時、子供達は大学生。バイトや友達付き合いなどで家族揃って外出できる時間が限られていて
2泊3日の強行スケジュールでの旅行でした。
ドライブ中に「今度来るときはパークウェイ沿いのロッジに泊まろう!」とか
川で鱒を釣っている人を見て「次回は近くのキャンプ場で釣った魚を料理して食べよう!」とか
帰路の途中で立ち寄った近くの街がアンティークで有名で、「次はゆっくりアンティークショッピングを楽しもう!」とか
次回の旅行プランを立てていたのでした。
なのに実現することなく11年経ち、子供達は大学を卒業、就職、独立。
この先、親子揃って旅行に出かけることもあまりないんだろうなと思ったら、ちょっと感傷的になってしまいました。
コメント

バケーションレポ 2 :ピスガー・ナショナルフォレスト編

2021-07-16 14:20:15 | Weblog
義弟夫婦の家を後にして私と夫が向かったのは車で1時間程のアッシュビルと言う街。
ノースカロライナ州の西部にある街で、昔から夫の実家(テネシー州)に行くたびに車で通過していました。
ゆっくり訪れてみたいと思っていた街なので、この機会に足を伸ばし休暇を楽しむことにしました。

アッシュビルには訪れてみたい所がたくさんあるのですが、今回のテーマはフロリダにはない山を楽しもう!
まず出かけたのはピスガー・ナショナルフォレスト。標高1744mのピスガー山周辺の広大な国有林(2075平方キロメートル余り)です。
夫はお隣りテネシー州の山に囲まれた街で育ったし、私が山に出かけるのは一昨年の夏に一時帰国した時に家族と登山に出かけて以来。
夫婦そろってテンション上がりまくり~!

ナショナルフォレストには様々なリクレーション施設があり、私達が訪れたのは北アメリカ初の林業を学ぶ学校があった所。
当時の学校、学食、学生寮、製材所などいろいろな施設が保存されていて、ハイキングをしながら見学ができます。
メインの校舎




教室


校長先生のオフィス




学生寮








木材を運ぶために使われた線路もそのまま残っていました。




この他にもトレイルがたくさんあって、ハイキングを楽しみました。
フロリダでもハイキングは出来るけど、平地だからアップダウンのあるトレイルを歩くのがとても新鮮でした。
コメント

バケーションレポ:独立記念日パーティー編

2021-07-14 12:35:46 | Weblog
楽しかったノースカロライナのバケーションレポのはじまり、はじまり~!
バケーションは夫の弟の奥さん(以下W)主催の独立記念日のパーティーでスタート。
会場は義弟&Wの家ではなく、彼らの息子(私達の甥)の家の裏庭。
この家にはWのお父さんが住んでいて、ここで彼女がホストになって毎年パーティをやっていたのですが、
数年前お父さんが亡くなり、今は息子夫婦ファミリーが住んでいます。
Wと彼女の家族にとってこのパーティーは年中行事なのですが、私は毎年6~7月にかけて一時帰国をしていたので、
今まで参加したことがありませんでした。
典型的な独立記念日のバーベキューパーティーを想像していたのですが、予想以上のエンターテイメントがありました。
パーティーは独立記念日の前日(7月3日)の夕方から。
お昼ごろから準備のお手伝いを始めました。すると裏庭に業者さんがやって来て何やら設営を始めるではないですか!
数分後、目にしたのはバウンシーハウス!しかもウォータースライダー付き!


お子ちゃま達にも長時間楽しんでもらえるようにとレンタルしたそう。
私が勤務する学校で学年末のイベントでバウンシーハウスがあったのですが、それよりはるかに大きいものでした。
スライドもひとつだけだし。これ ショボイ!


このパーティーで使用したのはスライドが2つ。チビッ子達も大喜びでした。


そしてパーティーにはバンドのライブ演奏もありました。

オジサン3人のバンドにしては(失礼!)、演奏する音楽のジャンルが幅広く楽しめました。
6時頃から演奏を始め、途中で5分程の休憩を数回取ったのですが、9時過ぎまで演奏していました。
オジサンバンドにしてはすごくないですか?(再度失礼しました~!)

メインのバーベキュー、サイドディッシュ、デザート・・・・どれも美味しくいただきました。
(食べることと久しぶりに会う親戚とのお喋りに夢中で写真を撮るのを忘れました!!)

バンドの演奏も終わり、これでお開き・・・と思ったら今度は焚き火を囲んで談笑。


裏庭でバーベキューパーティー、バウンシーハウス、焚き火が出来るスペースが羨ましい!
(ただ単に田舎でスペースがあるともいうけど・・・)
楽しい時間でありました。
コメント

祝・ブログ記事数1000&術後の経過 (+追記)

2021-07-13 12:10:35 | Weblog
先ほど、ブログのアカウントをチェックしたら今までに掲載した記事数が999であることが判明。

これが1000回目の記事投稿ということになります。
写真からもわかるようにブログ開設から5434日(約15年)。
まめに更新していたら記事数1000なんて数年で達成してしまうのでしょうが、なにせ地味でゆる~いブログですから・・・・
でもこれからもいろいろと発信していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
この記事を投稿したら「記事数1000」の写真を掲載したいと思います。

さて、昨日受けたインプラント手術ですが、予想した痛みは全くなくちょっと拍子抜け。
鎮痛剤も昨日のお昼過ぎに麻酔が切れ始め、じわじわと痛み出した時に服用。痛みはおさまりました。
夜にちょっと違和感が出たので用心のために再度鎮痛剤を服用。
夜中に痛みで目が覚めるのではと思ったのですが、それもなく朝まで熟睡。
今朝は快眠のお陰で目覚めもよく痛みも皆無。これだったらランニングもジム活も大丈夫じゃないか!!
と思いましたが無理をして痛みが復活したり、回復が遅れたら元も子もない。今日も家でおとなしくすることにしました。
まだ左(手術を受けた側)の頬がやや腫れていて顎にかけてこわばり感がありますが、経過は順調と言っていいでしょう。
インプラント第1段階の抜歯&ボーングラフト(骨移植)の時はしばらく鎮痛剤のお世話になり仕事もあったので
今回は予想した痛みもなく(これから出てくるのかも知れませんが・・・)夏休みでよかった!

追記
記事投稿を済ませ記事数1000の記念撮影。
コメント

バケーションの余韻に浸る間もなくインプラント手術

2021-07-12 10:58:03 | Weblog
週末、ノースカロライナでのバケーションから帰宅しました。
どうして楽しい時間はこんなにもあっという間に過ぎてしまうのでしょう。

さて、帰宅してバケーションの余韻に浸る間もなく週明けの今日は朝一で歯医者へ。
午前8時にインプラント手術を受けました
無事、手術が済み薬局で抗生物質、痛み止めを受け取り先ほど帰宅。
手術から2時間近く経ち、まだ少し出血していますが(止血のためのガーゼを噛んでいます)落ち着いています。
まだ麻酔が効いているので、これが切れたら痛みが押し寄せてくるのでしょうね。

歯医者でもらった術後のケア&過ごし方が記されたペーパー、止血用のガーゼ、腫れを緩和するためのパック(冷凍&レンチン可)、
そして薬局でピックアップした抗生物質&鎮痛剤。


術後、48時間は激しい運動は不可。なので水曜日までランニングもジム活もお預けです。
2日間、お籠り生活。ゆっくりバケーションレポをアップしていきたいと思います。
コメント

ノースカロライナでバケーション

2021-07-06 22:25:03 | Weblog
金曜日からノースカロライナに来ています。
ノースカロライナ在住の夫の弟夫婦を訪ね、土曜日に独立記念日のパーティを楽しみました。
パンデミック後初のフロリダ州外への外出。せっかくなので滞在を延長してバケーションを兼ねることにしました。
現在、弟夫婦の家から車で1時間程のアッシュビルという街でバケーション中です。
以前からゆっくり訪れてみたかった街。今日は平地のフロリダではお目にかかれないを満喫しました。





バケーションレポは帰宅したらブログ記事にしたいと思います。
コメント (2)