サンシャイン通信

サンシャイン・ステート(フロリダ州)発のニュースレター

バケーションレポ 4 : ビルトモア・エステート編

2021-07-21 22:50:18 | Weblog
ブルーリッジパークウエイのドライブを楽しんだ翌日はビルトモア・エステートへ。
ここも昔から訪れてみたかった所。でもここ数年「早くビルトモアに行きたい病 (!?)」が悪化。
と言うのもビルトモアに足繁く通い、リピーターと化した友達がいて、
彼女の話を聞いたり写真を見せてもらう度にその豪華絢爛さにため息。
そう、あれは忘れもしない去年の2月29日(土)。私は彼女とタイ料理のレストランでディナー。
その時にも彼女の最新のビルトモア旅行の話を聞き、そろそろビルトモアに行く計画を立てなければ・・・と思ったのです。
しかし!翌月パンデミックですわ・・・なのでやっと今回のバケーションで念願がかないました!!

ここはジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世によって建てられた、ルネッサンス形式の大邸宅。
アメリカ最大の「個人のお宅」です。ちなみに部屋数は225!
ヴァンダービルト家は代々続く実業家。早い話が超お金持ちのお宅拝見!ですわ(笑)。

午前9時過ぎ、エステートに到着。
でもね、入園ゲートからお屋敷(ハウス)まで延々とドライブですわ。なんてったって敷地面積32㎢ですから。
やっとハウスに到着。美しい!豪華!! 


私達のハウス見学時間まで時間があったので、周辺の庭園を散策。
(事前にチケットを購入、ハウス見学の時間を予約しなければなりません。)


いよいよハウス見学!ため息が出る美しさ。


ダイニングルーム


ここは朝食専用のダイニングルーム


書斎


書斎の天井




インドアプール


ジム


お家でボーリングだって出来ちゃう!


2時間ほどかけてハウスをゆっくり見学した後は近くのビストロでランチ。そしてギフトショップでショッピング。

そして午前中、行けなかった庭園、温室へ・・・
温室と言っても私達が想像する温室ではありませんよ、ビルトモアですから!写真の後方に見えるのがそうです。





お庭も綺麗!花々に癒されました。

ハウスの次に向かったのは農場。動物と触れ合ったり、昔の農機が展示され、ビルトモアでの農業の歴史を学べるエリアです。
敷地内では今でも農業が盛ん。たくさんの畑を見ました。とにかく広い!!
農場を見終わったらもう7時近く。本当はワイナリーにも行く予定だったのですが、こちらは7時に閉まるということで断念。
閉園時間も迫っていたので第1回ビルトモア訪問はここで終了。

ノースカロライナに出かける前、チケット購入のためビルトモアのウエブサイトをチェックした際、
「全てのアトラクション、アクティビティを楽しみたいなら2日訪れることをお勧めします。」とありました。
これはチケットを2枚(2日分)買わせる策略だと思って(実際そうなのでしょうが)スルーした私。
1日あれば十分だわと夫と私で1枚ずつチケットを購入したのですが、やっぱりエステート全てを見たいなら2日は必要だと痛感しました。
ハイキングもしたかったし、ワイナリーでもゆっくりしたかった・・・・
自転車をレンタルしてサイクリングも楽しめるんですよ。
今回出来なかったアクティビティは次回のお楽しみですね。

余談になりますが、私達がビルトモアを訪れた前の週まで友達(前出のリピーターではありません)が
家族でアッシュビルでバケーションを楽しんでいたのです。
なんと、なんと、彼女達がビルトモアに出かけた時、サイクリング中に熊に出くわしたのです!!
こちらは彼女がSNSにアップしたビデオのスクリーンショット。


自分の家の敷地内に熊がいるって、さすがヴァンダービルト家と改めて感動しました。

こちらのビデオでバーチャル・ツアーをお楽しみください
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする