COPER夜な夜な。

毎日ネタを探す日々が。
とはいっても、そんなにバラエティーに富んだ日々をすごしているわけじゃないしね…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

S.W.A.T.(スワット) / S.W.A.T.

2005-12-19 03:17:25 | えいが。
見ました。こないだ中古でまとめて買った(買わされた?)DVDのうちの1枚目。
「S.W.A.T.(スワット)」

主人公ストリート(コリン・ファレル)は、ロス市警の特殊部隊「S.W.A.T.」に属している。
ある日、銀行に押し入った強盗から人質を救出するため、ヘリコプターで銀行の屋上から潜入するが、相棒のギャンブル(ジェレミー・レナー)が本部の指示を無視して突入。更に犯人を撃とうとして人質にも怪我を負わせてしまう。
彼ら二人は、S.W.A.T.部隊から外され、武器保管庫に転属させられることになり、ギャンブルはそれがいやで警察を辞めた。

ストリートが武器保管庫に移って数ヵ月後、警察への批判を解消するために、老兵ホンドー巡査部長(サミュエル・L・ジャクソン)が呼び戻され、最強のS.W.A.T.チームを結成することになった。ホンドーは、ストリートをはじめ、ロス市警中から選りすぐりのメンバーを集め、厳しい訓練の末に最強のチームが完成した。しかし、ホンドーやストリートのことを快く思わない本部長とは、依然そりが合わないままだ。

ホンドーが率いるチームは、偶然ロス市警が逮捕してしまっていた、国際手配犯アレックス(オリヴィエ・マルティネス)を連邦刑務所まで護送する任務を帯びた。しかし、アレックスが報道陣に向かって言った「俺を救い出したら1億ドルをやる」という発言から、多くのワルがアレックスを救い出そうとやっきとなっており、護送作戦は困難を極めることが予想される・・・。

前にも映画館で見たんだけど、テンポあって面白いよね。
サミュエル・L・ジャクソン(写真左)って存在感があって好きな役者さんなんだけど、この映画でもホンドー巡査部長役を好演してます。
コリン・ファレル(写真右)は、どうしても「フォン・ブース」のイメージがあって(見たことないんだけど)、DVD見る前にキャストを見たときに「あ、この映画もそうだったんだ?」ってびっくりしました。おかしいな。前にも映画館で見たはずだったのに・・・。
まあ、何も考えないで、単純に2時間楽しめる良い映画、だと思います。
楽しみすぎたらこんな時間だし。明日仕事なのに。
コメント   この記事についてブログを書く
« 使ってみましたgmail | トップ | 「礼文島の灯台「なくなって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

えいが。」カテゴリの最新記事