COPER夜な夜な。

毎日ネタを探す日々が。
とはいっても、そんなにバラエティーに富んだ日々をすごしているわけじゃないしね…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遅まきながら「誰も知らない」

2004-09-28 23:00:00 | えいが。
見てきました。結局夕方からしか上映してなくて、18:35~21:00の回を。
さすがに平日なので、それほど混んでませんでした。




いろいろな人が感想を書いていて、それを読んでから映画を見ると後悔しそうだったんで
読まないようにしてたんだけど、ついつい、いくつか覗いちゃって、ちょっと失敗。

ということで、他の方に迷惑をかけないよう、感想は簡単に。
前半は、主人公「明」がとってもいい味を出してるんだよね。
時間をかけて撮影しているようで、最初はまだ幼かった明が、ストーリーが進むにつれて
とても味のある、表情豊かな顔になっていくところが実感できました。
ちょうど、「北の国から」の純と蛍の成長をテレビのこちら側から見ていて
共感していたかのように。

途中、ストーリーが飛び飛び(に見えるだけだと思うけど)になってしまう感があったのだけど、
明(柳楽優弥、2004年カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞受賞)の表情はずっと素敵だったな。

ただ、どうしても切なくなってしまうので、気分がブルーな時には見ないほうが良い、かもです。
コメント   この記事についてブログを書く
« ランプ | トップ | 中秋の名月、チラッと見えま... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

えいが。」カテゴリの最新記事