COPER夜な夜な。

毎日ネタを探す日々が。
とはいっても、そんなにバラエティーに富んだ日々をすごしているわけじゃないしね…。

点心のフルコース?「豫園」で点心三昧。

2010-01-31 02:19:03 | みせ。
普段なかなかイケないところを、ということで、点心の名店と誉れの高い「豫園」さんに行ってみました。
ここは小龍包が有名らしく、土曜日のちょっと早めの夕食時の店内は家族連れでいっぱい。最初2階席に案内されたのですが、せっかくなのでお店の雰囲気も楽しめるよう1階席があいたらと移らせていただきました。

お店の方は、皆さん本場中国の方のようで、カウンター内では中国語が飛び交っています。しかし、それがまたいい雰囲気を作り出していて、本場に来たような錯覚さえ感じられます。
店内はかなり綺麗にしていて、カウンター席もあり。これがまた中が見えていいかも。

料理は点心のみ。ご飯とかおかずは一切ありません。
コースも予約ならできるようで、2階席は宴会に良さそうです。
2~3人向けのおすすめセットのようなものがあったのですが、好きなものを食べたかったのでアラカルトにしました。
ドリンクで、ウーロン茶を頼んだら、サントリーのかん入烏龍茶(350ml)がドンとでてきました。これもまた風情があるというか・・・。
ちなみに、普通のお茶は飲み放題。ポットで出てくるので殆どの人はドリンクもいらないかも。

で、メニューから様子を見ながらすこしずつオーダーしてみました。
ただ、混んでいたからか、最初の品が出るまで時間がかかる。
お通しとかがあるわけでもないので、入店したらすぐに頼んだ方が良さそうです。



<↑クリックすると拡大します>

小龍包。わかってはいるのですが、ついついかぶりついちゃうと火傷します。
熱いスープがジュルっと出てくるのがたまらないんだよなぁー。




<↑クリックすると拡大します>

メニューはこんな感じ。3個単位の物が多いので、3人で行くのがベストかも。
他に季節限定のものがあるようで、今回は上海蟹でした。




<↑クリックすると拡大します>

最初に出てきたもち米入り。
中華ちまきが中に入っている感じ。かなり濃い味付けでボリュームあります。




<↑クリックすると拡大します>

これは肉まん。
ふかふかの皮がおいしい!



<↑クリックすると拡大します>

ワンタン。錦糸卵と干しえび、ザーサイが入ったスープがバカ旨でした。
ワンタンもツルッとしていて、しっかりボリュームの有る、肉を食っている感じがする具です。



<↑クリックすると拡大します>

焼き餃子。
注文してから一番時間がかかったかな。
皮がモチモチ。写真をよく見るとわかるけど、焼きすぎて乾いている皮ではなくて、そこだけは焼き目がついて香ばしいけど残りはかなりモッチリしています。
ラー油ではなく、他の点心と同じように辛子醤油で食べました。




<↑クリックすると拡大します>

これは生煎まんじゅうという名前でした。
小さい肉まんを餃子のように焼いてある感じ。底の香ばしさと、皮のフワフワ感が最高の組み合わせ。こんなの初めてでした。




<↑クリックすると拡大します>

水晶餃子。
エビとかホタテとかがたっぷり入っているらしく、透き通った皮から透けてみる具が楽しみ。
ホタテの貝柱のおいしさが口に残りました。




<↑クリックすると拡大します>

最後は杏仁豆腐で締め。ごま団子も気になったんだけどねぇ・・・。




<↑クリックすると拡大します>

外観はこんな感じ。入口左手のガラスは、中で点心を作っている様子が見えるようになっています。




<↑クリックすると拡大します>

外壁の真っ赤なお店が見えたらそれが目印です。
ただ、駐車場の場所がわかりにくいかも。



店名 上海点心 豫園 (ヨエン)
TEL 089-934-7311
住所 愛媛県松山市朝生田町5-8-15

上海点心 豫園 (中華料理 / いよ立花)
★★★★ 4.0


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« googleの日本語入力 | トップ | 今治のイタリアン。「umakosh... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

みせ。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事