COPER夜な夜な。

毎日ネタを探す日々が。
とはいっても、そんなにバラエティーに富んだ日々をすごしているわけじゃないしね…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

父親たちの星条旗 / Flags of our Fathers

2006-10-22 13:33:30 | えいが。
東京国際映画祭、行ってきました。
六本木ヒルズと渋谷で週末から開催しているんだけど、だからこないだ六本木をお散歩したとき、いっぱいフラッグが出てたんだね。

で、見てきたのは、オープニング作品に選ばれた「父親たちの星条旗」。これは、クリント・イーストウッドが監督した、「硫黄島2部作」の第1作。もうひとつ「硫黄島からの手紙」っていう日本側の立場から見た作品も12月に公開予定。



で、ストーリーは、実話に基づいたもの。
太平洋戦争末期、長引く戦争にアメリカ国民は嫌気がさし、国内の戦争ムードは沈滞していた。そんな中、ニューヨークタイムズの1面を飾った1枚の写真が、アメリカに勇気を与えた。それは、激戦地硫黄島で山頂にアメリカ国旗を掲げようとしている兵士たちの姿だった・・・。

上の写真は今回の映画で撮られたものですが、これの元となる写真がニューヨークタイムズの1面を飾ったのは事実。そして、この写真に写っている6名の兵士の一人、ジョン・ブラッドリーのご子息が、父親の死後に戦友たちにインタビューをしてまとめた「硫黄島の星条旗」という本が原作になっています。

ストーリーは、写真の6名のうち、戦闘から生き残った3名が英雄として帰国し、アメリカ国内で戦費調達のための国債発行のキャンペーンに駆り出される、その数奇な運命を描いたもの。第2作の「硫黄島からの手紙」と対になっているストーリーのようで、同じ戦争をアメリカサイドと日本サイドの両方から(とはいっても、両作品とも監督はイーストウッドなので、アメリカ視点が消えるとは思えませんが)描いた、珍しい作品です。

個人的には、映画冒頭の戦闘シーンがかなりリアルで、心臓の弱い方はやめた方がよいかも。ただ、映画のあちこちで「硫黄島からの手紙」とつながるシーンが埋め込まれていたので、そちらも早く見てみたいです。

上映後、原作者と主演3人のうち二人が舞台挨拶を行いました。
アイラ・ヘイズ役のアダム・ビーチっていう役者さん、どっかで見たことがあると思っていたら、「ウィンド・トーカーズ」で暗号を使う通信兵の役をやっていましたね。これも戦争映画。


それにしても、クリント・イーストウッド、監督になってからよい作品を連発していますね。
アカデミー賞を独占した「ミリオン・ダラー・ベイビー」はじめ、「ミスティック・リバー」もそうなんだね。これからも楽しみです。
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 渋谷~表参道 | トップ | 久々の雨ですな。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

えいが。」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

映画 「父親たちの星条旗」 (ようこそMr.G)
映画 「父親たちの星条旗」 を観ました。
父親たちの星条旗 国際映画祭 (メルブロ)
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。 ...
感想/父親たちの星条旗(試写) (APRIL FOOLS)
太平洋戦争最大の激戦地であった硫黄島での戦いを、日米双方から描いた二部作の第一弾『父親たちの星条旗』10月28日公開。クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作、さらにはポール・ハギス脚本! ずしりと響く骨太な一作。スゲー良かった。日本編の『硫 ...
「父親たちの星条旗」 レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
第二次世界大戦でも最大の激戦の一つであった硫黄島の死闘にまつわる一枚の写真に関わ
「父親たちの星条旗」試写会 (Thanksgiving Day)
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたの ...
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておく ...
映画:父親たちの星条旗 試写会 (駒吉の日記)
父親たちの星条旗 試写会@中野サンプラザ 「”英雄”と呼ばれるのがくるしい」 硫黄島での1枚の写真、英雄に祭り上げられた6人の内、生きて本国に帰れたのは3人だった。第二次世界大戦末期、日本はもうぼうぼろの状態だったのですが、アメリカでも戦争 ...
父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers (我想一個人映画美的女人blog)
クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたか ...
「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ
父親たちの星条旗 (eclipse的な独り言)
 ちょっと、イーストウッドが鼻についてきました。「ミシシッピー・リバー」、「ミ
父親たちの星条旗 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
父が最後まで語らなかった硫黄島。息子がたどり着いた、その真実とは?・・・・日本の硫黄島で撮られた一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えたことを。 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いた ...
『父親たちの星条旗』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリ ...
父親たちの星条旗 (悠雅的生活)
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
父親たちの星条旗 (欧風)
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
父親たちの星条旗 (週末映画!)
期待値:92%  クリント・イーストウッド監督の戦争映画 第一部。 スピルバーグが関係しているかどう
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 (銅版画制作の日々)
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日 ...
映画「父親たちの星条旗」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。 ...
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
父親たちの星条旗 (Akira's VOICE)
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
「父親たちの星条旗」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の一作目。
「父親たちの星条旗」は言っている。 (やまたくの音吐朗々Diary)
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」 ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
「父親たちの星条旗」 (共通テーマ)
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた