河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-704

2018年11月25日 | Weblog
経営資源を生かして

SOHO・フリーランスの経営資源とは、まさに自分自身である。
もう少しかみ砕いて言うと、

・個性×経験値×学び 

の3つの掛け算。

ここで、
・個性は生まれつき備わったもの
・経験値は生まれてから今まで、あなたが主体的に関わったモノゴトから体得したナレッジ。
・学びはこれから必要な活きた広い学び
である。

ここから、
・自分とソリの合わない事業には顔を突っ込まないこと。
・経験値のあるものと、その周辺に的を絞って進むこと。
・夢を持ち、未来志向で生きた情報を学び、かつ用いること。

など実務的な考えと行動が生まれる。

--------------------------------------------------------------------------------
既存企業、特に大企業の経営資源は異なる。

・先ずは大資本、多数の社員
・立派なビル=知名度、大なる実績
・数十億~数百億円(またはそれ以上)の市場規模
・その中で利益を得るための営業を含むマーケティング思考と実践
・よって社員には自己不在でも利益獲得のために、なりふり構わぬ突撃指向

が求められる。
でかい仕事なら”こちら”。量の世界は”こちら”。

--------------------------------------------------------------------------------
だからSOHO・フリーランスが増えるわけだ。
こちらは”質”の世界だから。

心豊かな若者にとって”自己不在”でもモーレツに働く”会社人間”は意味不明らしい。
意味不明になるくらいなら、転職でも衣替えでも、変身でもタコ踊りでも何でもする。

実力をつけたSOHO・フリーランスなら”自分らしく”生きることが出来る。
自分の時間が持て、意に沿った納得人生計画が描ける。
勿論、そのためには人一倍働き学ぶことが要請される。
むしろそれが出来なければ”勤め人”で居たほうがよい。

自分らしく生きるため、自分であるために全力を注ぐ。
そのためならモーレツに働き活動する。
意味が分かっているので可能だ。
そしてその行動が社会を明るくし、周囲のため、また若い人の手本になる。
彼らの行動は「希望」をもたらす。

加えて知的ビジネスなどは年をとっても充分実行可能だ。
このことは、20年間SOHO CITY みたかで沢山の実例を見てきた。
これらも素晴らしい”良き事例”になっている。
だから”「産業革命以前」の未来へ”と時代がなびくのはごく自然なことだ、とも言える。

・個性×経験値×学び 
の面積を大きく持つこと。

この基本的な考えが、あなたにとって今後とても大切になってくる。
200年以上も前に、ベンジャミン・フランクリンはこう言っている。

「自己投資は一番高い利子をあなたに支払う」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 実行へのヒント-703 | トップ | 実行へのヒント-705 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事