河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-705

2018年12月11日 | Weblog
収入は3段構えで考える

3段階の内容は次の様だ、とあるところで話をしたら受けが良かった。
それでここでも話すが、単に「受けが良かった」話ではなく、世の中は本当にそうなっている。
汗を流して一生働くことは素晴らしい事だが、それ以上に新しいアイディア、創作、発明、発見など知的財産の含有量が多いほど儲かる。

これからの個人事業は3階建てである。
--------------------------------------------------------------------
● 1階部分:受託事業

  =起業時代と同じ。生活を支える基本部分は堅実に。

● 2階部分:打って出る事業

  =図にあるが如く
      ・ ストックビジネスを取り入れる。     
      ・ ポジショニングを変え、受注元請になる。

など、仕組みの工夫を取り入れることである。
      ・ (Web制作など)ポジショニングを変え、受注元請になる、のケースでは、

         制作作業などはすべて外注。
         自社は受注と納品の責任を負う。
         顧客の利益を上げるアドバイザーに変身(業者から収入増のアドバイザーへ)。

チェーンジ!とはこっちの方が面白い。

● 3階部分:知的財産の含有量多大事業

      ・ 新アイディア、創作、発明、発見、特許権、商標権(キャラクター)だけでなく、
      ・ お客様が得する、楽チンになる工夫とノウハウ。
      ・ カワイイ、健康、スタイル、美しさ、楽しさなど工夫含有量大事業も有望である。 
--------------------------------------------------------------------
今までの世間の常識や主張と違うのは、これらを個人事業で行うことだ。
勿論ひとりだけでは出来ない。
だから外部の人間に手伝ってもらう。
良く知った人に手伝ってもらう。

手伝ってもらった分は、自分が出来るものでお返しする。
これなら現金は動かない。
つまりお金を使わない経営に徹することができる。

「そんなバ~カな」と言われるが、やれると思う人にはできる。
ただし、全員ができるわけではない。

縷々述べたように、

・先ず時間の確保が必要=つまり2階部分、3階部分を考える時間が必要である。
 単なるアイディアだけでは駄目。
 事業に育て、自分で持たなくては駄目である(そのための時間と労力も必要)。

・それと3階部分が特に難しい。
 そんなことはできないと思ってしまう。
 実はこの意識が大敵で、頑張れば出来るのだが気持ちの方が萎えてしまい「不戦敗」となる。

だから3階部分に最も必要なのは「気力の保持=粘り」である。
ひたすら努力を続ける「不器用な力」のことである。

そして繰り返すが、
--------------------------------------
・1階部分で堅実に。
・2階部分で増収増益。
・3階部分で人生そのものを充実させる。
--------------------------------------
という「ありかた」を提案している。
リスクは最小に抑えるのがポイント。

このとき経営資源とは
--------------------------------------
・個性
・経験値(実践知)
・学び
--------------------------------------
の掛け算であった。

繰り返すが、3階部分とは先ずあきらめが先に立つほど高い山に見える。
人がやらないことにチャレンジする、とはそういう事である。
勿論学校では教えてくれない。
教える人がいないからだ。

ただ、こんなことを言った人を覚えておられるだろう。

 私は失敗したことがない。
 ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

だから3階部分については、自らが夢中になれる事業を選ぶこと。
そして最後にもうひとつだけ言っておこう。

・つべこべ言わず、何事も自分で動いた方が早いことは意外に知られていない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 実行へのヒント-704 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事