河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-699

2018年07月28日 | Weblog
幸福と充実へのあゆみ ②

生活を送る上で、こんな考え方をしていけばよいとのアドバイスを受けたことがある。
多くの方に参考になると思うので再度記しておこう。
-------------------------------------------------------------
1)長期的に経済の心配がないこと
2)家族や仲間との団欒
3)毎日、何らかの楽しみがあること
-------------------------------------------------------------
どれも平凡な事柄だが、だからこそ意味がある。
読者はそれぞれの立場に応じて解釈の工夫をしてほしい。

さて、相互信頼チームについてもう少し別の面から述べてみよう。

先ず、このようなチームは一朝一夕にはできない。
だが一度できると強いし、別途類似チームをつくるのも段々と容易になってくる。
SOHO CITY みたかのような、一種ワークスタイルの集積地では産業クラスターはできないが、人材クラスターが形成される。
これがチームと構成員、それぞれの強みになる。

相互信頼チームは、秀でた能力だけの集合体だけではない。
大切なのは人としての信頼感とその積み重ねである。
100%大丈夫な人の集合体などはなく、良いところも悪いところもある人間と知った上でのチームづくりとなる。

これらは長期的に形成されるから「地域でのビジネスパーソン集積を目指す」ところは、意識を「信頼関係」から見る癖をつけておいたほうがいい。
おそらくそれができたところから、ゆっくりと成果と利益を伸ばす事だろう。

ついでに言っておけば、仕事の目的は「利益や収入」だけではない。
友情もあるし、世間話も生活上の悩みだって話せる人の存在は心理的安定に大きく貢献する。
また自慢話もあれば、失敗話もアリで、その後に「ワハハ」と笑える関係がいい。

これに反して収入や肩書が重要視され、人間性が軽視されるコミュニティは段々と人が集まらなくなるだろう。
基本的な人間性に反しているが故に全くつまらないところ、と感じさせてしまうからである。

人間とは自己矛盾と論理矛盾を抱え、非論理性も沢山持つユニークな存在である。
その面白さと不可思議さを理解し、厳しい姿勢で目標に挑むチーム作りは人生を充実させるよいあり方だ、と心の底から思う。

一方で数人のチームでできることなどたかが知れているという意見もあるだろう。
大勢の人がかかわり力を合わせることが業績に直結する仕事はこれからも存在する。

特に製造業中心の時代、量と規模の世界では正しかった。
しかし質の世界では逆である。

時代は後者の方向に進んでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 実行へのヒント-698 | トップ | 実行へのヒント-700 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事