クールジャパン★Cool Japan

今、日本のポップカルチャーが世界でどのように受け入られ影響を広げているのか。WEB等で探ってその最新情報を紹介。

『世界史が伝える日本人の評判記』(3)

2011年01月26日 | 日本の長所
◆『世界史が伝える日本人の評判記―その文化と品格 (中経の文庫)

この本の第1章は、「知的レベル・教育水準の高い日本」となっている。これについては、安土・桃山時代から幕末・明治初期まで日本を訪れた多くの外国人が指摘しており、確実にそういう事実があったのだといえるだろう。シュリーマンの『シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))』の中にも、「教育はヨーロッパの文明圏以上にも行き渡っている。シナをも含めてアジアの他の国では女たちが完全な無知のなかに放置されているのに対して、日本では、男も女もみな仮名と漢字で読み書きができる」という記述があった。時代を超えて多くの外国人が同様の指摘をしている。


ポルトガル出身のカトリック司祭、宣教師として戦国時代の日本で宣教した、ルイス・フロイスはいう。「われわれの間では、女性が文字を書くことはあまり普及していない。日本の高貴の女性は、それを知らなければ価値が下がると考えている。」(『ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)

この類の指摘は他にも多いが、ここでは幕末に黒船で来航したペルーの記述を挙げよう。

「読み書きが普及していて、見聞を得ることに熱心である。‥‥‥かれらは自国の事を知っているばかりか、他の国の地理や物質的進歩、歴史についてもかなりの知識を得ており、我々も多くの質問を受けた。‥‥‥長崎のオランダ人から得た彼らの知識は、実物を見たこともない鉄道や電信、銅板写真、ベキサン式大砲、蒸気船などにまで及んでおり、それを得意気に語った。またヨーロッパの戦争、アメリカの革命、(G.)ワシントンや(ナポレオン・)ボナパルトについても的確に語ることができた。‥‥‥」(『ペリー艦隊日本遠征記

幕末の日本人が知識欲にあふれていたことを物語る記録だが、こういう知識欲はどこから来るのだろうか。ひとつは日本の地理的な条件が関係しているのであろう。大陸から進んだ文明を吸収するのに遠すぎるほど離れてはいなかった、ただし大陸から日本を征服しようと攻撃するには海で隔てられすぎていた。侵略されることの恐怖や屈辱から自由に、海の向こうの高度な文明に憧れ続けることができた。それが幕末から明治期の西洋に向けられた憧れにも続いていった。海の向こうの「素晴らしい」文明を憧憬とともに夢中で学んだのだ。

また、異民族に制圧されたり征服されたりした国は、征服された民族が奴隷となったり下層階級を形成したりして、強固な階級社会が形成される傾向がある。たとえばイギリスは、日本と同じ島国でありながら、大陸との海峡がそれほどの防御壁とならなかったためか、アングロ・サクソンの侵入からノルマン王朝の成立いたる征服の歴史がある。それがイギリスの現代にまで続く階級社会のもとになっている。

すでに触れたが、日本にそのような異民族による制圧の歴史がなかったことが、日本を階級によって完全に分断されない相対的に平等な国にした。武士などの一部のエリートに権力や富や栄誉のすべてが集中するのではない社会にした。特に江戸時代、庶民は自らの文化を育て楽しみ、それが江戸文化の中心になっていった。庶民は、どんな仕事をするにせよ、自分たちがそれを作っている、世に送り出している、社会の一角を支えているという「当事者意識」(責任感)を持つことができる。自分の仕事に誇りや、情熱を持つことができる。階級によって分断された社会では、下層階級の人々はどこかに強力な被差別意識があり、自分たちの仕事に誇りをもつという意識は生まれにくい。奴隷は、とくにそういう意識を持つことができない。

この「当事者意識」(責任感)についてはすでに何度か触れているが、これが日本人の知的レベルや教育水準の高さにつながっていると思われる。自分が仕事や役割を通して社会の一翼を担い、貢献しているという「当事者意識」、責任感、誇りは、知識や技術において自分の能力をさらに高めようという向上心につながる。日本では、そのような向上心を庶民のレベルにおいても持つことができたのではないか。

この事実は、「マンガ・アニメの発信力の理由の「⑤知的エリートにコントロールされない巨大な庶民階層の価値観が反映される。いかにもヒーローという主人公は少なく、ごく平凡な主人公が、悩んだりり努力したりしながら強く成長していくストーリが多い」という項目にもつながっていると思う。

《関連記事》
日本文化のユニークさ11
マンガ・アニメの発信力と日本文化(5)庶民の力

《関連図書》
外国人が見た古き良き日本 (講談社バイリンガル・ブックス)
世界史が伝える日本人の評判記―その文化と品格 (中経の文庫)
逝きし世の面影 (日本近代素描 (1))
日本の「復元力」―歴史を学ぶことは未来をつくること (MURC BUSINESS SERIES 特別版)

この記事についてブログを書く
« 『世界史が伝える日本人の評... | トップ | クールジャパン関連の本の一... »
最新の画像もっと見る

日本の長所」カテゴリの最新記事