SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

デボラ、眠っているのか? その1

2016-11-19 04:41:53 | その他

研究という仕事は、いろいろな面でジレンマが生じるものだ。仕事には、やらなければならないノルマが与えられるが、研究にはそういったものは基本的にない。やらなくても誰からも文句は言われないし、だいいち、周囲の人間にはやっているのかどうかも判別できない。やらなければならないことは自分で自分に課すことになるけれど、しかし、手順として欲しいものを得るためには準備をしたり回り道をする必要があるわけで、面倒くさいなと感じるものがもの凄くたくさんある。自分でやりたいことだったはずなのに、これらの障害がいつも目の前を塞いでいる。このジレンマである。

 

毎日が宿舎と研究室の繰り返し。
今まであえて余計な刺激を排除し没頭できる環境を構築してきた。
だけど3年経って少しずつ変わってきているのかな。
その答えがこの文の中に隠されている気がするんだよね。
人間とウォーカロンの違いがまさにそこに凝縮するような。

さて来週は学会出張のため一回お休みします。
また再来週お目にかかりましょう。

 

コメント

同じ月を見ている その7

2016-11-12 05:45:58 | 人生

ドンちゃん・・・
エミが生き延びてしまったのがいけないんだ。
そうだよね。
ドンちゃんがエミに「ずっと一緒だ」って言ってくれた時、
エミは死んでもいいって思ったんだよ。
あの頃は一瞬一瞬が命がけだった。
だからすべてが輝いて見えた。
だけど命が延びて、
エミはこの三年のあいだ輝きを見失ってたのかも・・・
だけどドンちゃんは一瞬も忘れなかったんだね。
あの時の約束、守ってくれたんだね。
ドンちゃんは今でもすべてが命がけなんだ!!

土田世紀「同じ月を見ている」第2巻より。
そしてエミの答えはここに。
しかし・・・。

コメント

同じ月を見ている その6

2016-11-05 04:27:18 | 人生

ボビーの優しさ・・・

今はよくわかるんだ。

なあ、ドンちゃん・・・

今のあんたがあン時のボビーに見えるんだよ。

恰好つけてスレ違ってちゃ何も伝わんないよ・・・

自分で結論つけちゃうのはまだ早いよ。

 

土田世紀「同じ月を見ている」第1巻より。
ひょんなことからいきさつを知った知花スマ。
彼女もダンスで渡米する夢を
ひとりの米兵の一途な思いやりによるすれ違いで失ってしまっていた。
みんな男は不器用なのさ・・・。

コメント