SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

自分を愛する力 その3

2013-04-27 18:17:29 | 仕事

そもそも子供は自ら「育つ」ものであって、「育てる」という発想はちょっとおこがましいというか、余計なお節介なのかもしれないですね。

乙武洋匡「自分を愛する力」より。
乙武洋匡と精神科医・泉谷閑示の対談で、泉谷先生の言葉。
そう、そうなのだ。
教育で「教える」なんて肩に力が入りすぎだと思う。
まずは背中を見せるところから。

 

コメント

三國連太郎の言葉

2013-04-20 05:51:02 | 仕事

自己満足が俳優にとって最も危険なのです。それにこだわっておぼれてはいけない。受け取ったトロフィーも自分の部屋に飾らないようにと伝えています。

先頃亡くなった俳優・三國連太郎の言葉。
息子・佐藤浩市に向けた言葉であるが、さすがだ。
彼の真摯な役者への矜持が詰まった言葉である。
そしてこれは、我々の理学療法にも言えると思う。
患者に対して自己満足になっていないか。
常に第三者の目で見る努力をすべきなのである。
襟を正す思いである。

 

コメント

自分を愛する力 その2

2013-04-13 06:35:16 | 人生

「君なら、どうする?」

乙武洋匡「自分を愛する力」より。
僕らは、授業で、これが正解だ、ということを教え、教えられてきた。
しかし今の社会では正解などは何処にもない。
どれもが自分なりの答えが求められるような場面ばかり。
そういう練習は家庭でも学校でもやってこなかったというのが正直なところではないだろうか。
学び=知識を詰め込むこと、ではないことにいい加減気づかないといけない。
そういうとき、この言葉を意識的に問いかけていくと良い、とのこと。
まさにそう思う。

 

コメント

自分を愛する力 その1

2013-04-06 23:44:40 | 人生

いまだけ乙武をかわいがってあげることはいくらでもできる。でも、それが本当に彼のためになるのだろうか。

乙武洋匡「自分を愛する力」より。
彼の小学校時代の恩師の言葉である。

なかなか言える言葉ではない。
自分も、ここまで考えられる教師になりたいものである。

コメント