SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

宮里藍、初優勝!

2009-07-28 02:34:01 | その他
子どものころからの夢がかなった。最後のパットが入った瞬間、いろいろなことが込み上げてきた。

宮里藍、悲願の初優勝!
努力していれば、いつか必ず報われる、という見本である。
4年間は長かったのか、
24歳で優勝は史上最年少ということで、短かったのか、
いずれにしても、あの優勝の涙がその平坦ではなかった道のりを表している。
苦しくても夢をあきらめずに前を向く大切さを改めて思い知らされた。
藍ちゃん、おめでとう!
コメント

瀬在丸紅子の言葉

2009-07-25 07:19:17 | その他
スポットライトは、それ以外の所を暗くする効果があるし、マイクを使えば、その周辺以外の声や音は聞こえなくなる。テレビとか新聞とかマスコミって、本当に歴史が浅いわけ。今はまだ、たまたま勝ち取った自由に酔っている。意志や価値観まで量産できると思いこんでしまって、知らず知らずにそれを押し売りしてしまう。

森博嗣著「夢・出会い・魔性」より、主人公の瀬在丸紅子の言葉。
自分も、本当にその通りだと思う。
流布されているメディアの裏を読むのは
まだまだ意識的に見る目を鍛えないと真実は見えてこない。
しかし本来はそうでないほうが望ましいはず。
作られた偶像に踊らされていると、
いつのまにか問題を先送りにするような体質が染みついてくる。
それではどこぞの政党のように、変わることも出来ずに廃れていくのみ。
我々の団体はそうではないと思いたい・・・。
コメント

西川史子の言葉

2009-07-21 05:24:41 | 恋愛
「お金じゃないですね。愛ですね」

先頃婚約会見した西川史子女史の言葉。
あの毒舌のキャラからはにわかに信じがたい所だが、
まあ、それこそが真実と思いたい。
それにしても、最近こういう純な言葉をついぞ聞いていなかったなあ。
それだけ世俗の垢にまみれていると言うことか・・・。(苦笑)
コメント (2)

ジョニィ・ジョースターの叫び

2009-07-18 06:18:04 | 人生
僕はまだ「マイナス」なんだッ!
「ゼロ」に向かっていきたいッ!


ジョジョの奇妙な冒険Part7スティール・ボール・ラン第18巻より
脚の不自由なジョニィ・ジョースターは、
正義のためでも、他人のためでもなく、ただ自分のために戦う。
崇高な意志なんかではなく、ただ自分の泥臭い欲望のために。
そこのところがこれまでのJOJOと違うところだろうか。
もがき苦しむその様は、今までのクールな承太郎や熱い仗助とはまた違った趣。
自分もどちらかというとそちらに近いか。
でも好きなキャラクタはジャイロ・ツェペリだけどね。
コメント

カンナミ・ユーヒチの言葉

2009-07-14 05:50:17 | 人生
言葉だけで、ずっと一緒にいるつもりだ、ということは容易いし、
そんな嘘の言葉でもいいから彼女はほしがっているかも知れない、
ということは想像できた。
だけど、残念だけれど、僕は無駄なこと、意味のないこと、
確信が持てないことには、手を出さないことにしているんだ。
それは、空で学んだこと。
命をかけて相手と戦うときに、これだけはしてはいけない、という自分との約束だった。
無駄なことをしないのが、尊敬する相手に対する礼儀だ。
その約束を破ったら、墜ちていくときに、自分を祝福できないだろう。


長文であるが、意外に心の琴線に触れる言葉である。
森博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」より。
空を飛べなくなった主人公のカンナミ、いったいどこへ行く・・・。
スカイクロラシリーズもいよいよクライマックス。
キルドレの未来は、クサナギは、どうなる?
冒頭の言葉の後半に、彼の矜持が感じられる。
広島出張で空の上から飛行機乗りの小説を読むというのも不思議な気分であった。
(その肝心の主人公はもう空を飛べないと言う皮肉も・・・)
この空の向こうに、到着する港は待っているけれど、
自分の目指すゴールは果たして待っているのだろうか。
気圧が低いと、妙に感傷的になってしまうね。
近頃忙しく、いろんな意味で疲れ気味・・・。
コメント

河原純一の言葉

2009-07-11 07:01:22 | その他
「また、この場に立てるとは思わなかった」

中日の新・中継ぎ投手の河原純一投手のお立ち台での言葉。
巨人、西武を経て一年間浪人をしての復活は素晴らしい。
カムバック賞をあげたいくらいである。
2002年には巨人の抑えで優勝の胴上げ投手にもなった。
数々の修羅場をくぐり抜けてきたその腕には、
落合監督も一目置いているのだろう。
この謙虚な言葉の中にその真実が隠されている。
コメント

デール・カーネギーの言葉

2009-07-04 07:50:13 | 人生
「人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない」

社会評論家、デール・カーネギーの言葉。
さすがに『人を動かす』を書いた人物である。
ちなみに、このカーネギーは「鉄鋼王」のカーネギーとは別人。
世界で初めての自己啓発書といわれる『人を動かす』には、
社会人として身につけておくべき素養に関することや心構えなど、
大切なことが多く書かれている。
冒頭の言葉もこの書の中から引用したものである。


さて、次回更新の火曜は出張ですので、ひとつ飛ばします。
また土曜日にお会いしましょう。
コメント (2)