SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

新庄剛志の言葉2

2006-09-29 05:17:19 | 人生
「残りわずかな野球人生を 明るく楽しく 白球を追いかけることを 今日この日 みんなに約束します」


lifeさんの予言どおり(謎)、SHINJO劇場もクライマックス。
日ハム最終戦後の引退セレモニーでの新庄剛志の言葉。
あのお調子者の言葉をして、これである。
日ハム優勝の立役者としてはやっぱり彼以外には思い浮かばない。
プレーオフでもきっと結果を残してくれるだろう。
15万通の「辞めないで」署名にしても、
「気持ちだけ残していきます」との返事。
後ろ姿が本当に格好いい・・・。
ますます泣かせる男だね。
コメント (3)

浮世の儚さ

2006-09-27 05:13:53 | その他
天の将(まさ)に 大任(たいにん)をこの人にくださんとするや
     必ずまずその心志(しんし)を苦しめ、その筋骨を労せしむ。


小泉メールマガジン最終号の「らいおんはーと」にあった首相の退任の言葉。
(どうでもいいけど、『らいおんはーと』ねぇ・・・(^^;))

人間に重大な責任を与える時、
天は、人の本性を忍耐強くさせ欠点を補うために、
苦難や挫折を与え試すのだろう

というような意味か。
孟子の教えは一個人の生き方に照らしたものだが、
これを国の指針とすると、かの構造改革になる、ということなのだろうか。
医療改革、保険点数改定でのごたごたや我々の業界への痛みは、
将来への糧となるのか?
政治家は最後まで責任を取らない。
首のすげ替えでこの矜持もどれだけこの国の行く末に役立つのか不透明・・・。
法にしても志にしても、
百年の計にしなくてはなんにもならない。
浮世の儚さ、かな・・・。
コメント (6)

桑田真澄の言葉

2006-09-25 05:19:00 | その他
「自分は巨人の戦力でないという判断を自分でした。必要とされるところで現役を続けたい」

まさか、あの桑田が巨人を去る・・・。
にわかに信じられないが、これもプロの世界の厳しさ。
どこに行っても、あのクレバーな投球術が見られるのなら、
それもいいだろう。
しかし、清原が去り、今また桑田まで。
巨人ファンではないけど、なんだかちと寂しいね。
コメント (2)

神の目的の尺度

2006-09-23 01:41:59 | 研究
神の考えを理解するには、統計学を学ばなければならない。
なぜならそれらは神の目的の尺度であるからだ。


これ、誰の言葉だと思います?
なんと、尊敬するフローレンス・ナイティンゲールの言葉。
ちょっと意外。
なぜなら、彼女は学問というより、
もっとスピリチュアルな象徴と思っていたから。
でも、やはり彼女は偉大である。
ちゃあんと、何が大切かを知っているのだから。
ますます統計を勉強する意欲が湧いてきますね。
コメント (3)   トラックバック (1)

ハヤタとモロボシダン

2006-09-21 06:19:39 | 人生
「前を向いて生きなきゃ。小さな夢でも、あれば光が見える。年代に関係なくチャレンジする精神もないとダメだ」

我らが世代のヒーロー、ウルトラマン・ウルトラセブン役の黒部進・森次晃嗣両氏の言葉。
40周年を迎える円谷プロの記念作品に出演しての言葉だが、
還暦を迎えても、ハヤタもモロボシダンもヒーローなのには変わりない。
負けていられないぞ。
コメント (2)

ヒルティの言葉

2006-09-19 03:35:00 | 人生
苦しみは人間を強くするか、それともうち砕くかである。
その人が自分の内に持っている素質に応じて、どちらかになる
        -C.ヒルティ[1833-1909](瑞:哲学者.法学者.政治家)-


前者であって欲しいですね。
しかし「苦しみ」でも許容量を超えれば後者になるのか?
自分の内に持っている資質をできるだけ高める努力を普段からしておくことが肝要か。
コメント (6)

安藤優子の言葉

2006-09-17 05:01:23 | 仕事
「絶対に他の番組に負けたくないという思いでやってきた」

この10月でキャスター生活20年を迎える、安藤優子アナの言葉。
これですよ、これ。
この負けず嫌いな性格が、
あの安心してみていられるニュースの原稿読みの秘訣なのか。
ひと言で20年といったが、気の遠くなる年月、第一人者でいたわけだ。
このくらいの意地を持って仕事をしたいものである・・・。
コメント (4)   トラックバック (1)

ゴルダ・メイアの言葉

2006-09-15 05:06:57 | その他
拳(こぶし)をつくったままで、握手はできない。
                   ゴルダ・メイア(元イスラエル首相)


友好的にといっても、
いつも口をへの時にしてオトガイにウメボシ作っている人がいますね。
やっぱり、笑顔でひとに接したいものです。
ゴルダ・メイアは「黒い九月事件」の時の首相。
コメント

したことは理解する

2006-09-13 04:52:43 | 学問
「言われたことは忘れ、見たことは覚え、したことは理解する」
                 中国の格言


そう、そういう意味でも、
学生が自らアクションできるような授業を心がけているつもり。
しかし、なかなか思うように行かない時も多い。
いかに受け身を能動的にするか。
しかも、自発的に。
難しいなあ、永遠のテーマじゃなかろうか・・・。
コメント (5)

ほしのあきの言葉

2006-09-11 05:02:29 | 恋愛
「ロケ先や撮影現場から、歩けるときは、1、2時間かけて歩いて帰るようにしています」


美脚大賞に輝いた、グラビアアイドルのほしのあきの言葉。
胸だけでなく、そのすらりと伸びた脚の秘訣を聞かれてのひとことだけど、
実は冗談でなく本当の話で、売れなかった二十代前半の頃は随分辛酸をなめたそうだ。
あどけない笑顔の裏にはそんな苦労人時代があったのね。
グラビア界最年長といわれるだけに、
バラエティ番組でのプロ根性は見上げたものである。
(たまにはこういう、ほっと息抜きできるのもいいかな?(^^;))
コメント (2)