SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

夢の叶え方を知っていますか その19

2018-05-05 05:09:25 | その他

そもそも、大衆を虜にしているゲームだって、コンピュータだって、スマホだって、ついこの前まではなかったのだ。ないから、みんなが工夫をして、いろいろな遊び方を考え、コミュニケーションについても工夫をした。サークルを作ったり、クラブに参加したり、面倒なことをしていたのだ。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
そうそう、便利になると言うことはコミュニケーションを端折る方向に行くわけだ。
面倒な方がトレーニングになっていたことを忘れてはいけない。

 

コメント

夢の叶え方を知っていますか その18

2018-04-30 02:53:11 | その他

人はいつまでもは生きられない。いずれ死が訪れる。みんながそれを知っている。だからこそ、「人生」というものをぼんやりと思い浮かべるのである。自分の人生はどんなふうだろう。自分は最終的に何を成し遂げるのか、と考える。ただ生きているだけではなくなにかをしたい。生きていることを楽しみたい。そういった欲求は、子供の時に駄々をこねたのと同じもので、つまりは、「僕にやらせて欲しい」という願望なのである。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
皆がそういう願望を持っている。
承認欲求しかり。

コメント

夢の叶え方を知っていますか その17

2018-04-21 02:49:12 | その他

みんなと同じでないと不安になる。自分だけが違っていることを極度に恐れる。そういった人の夢は、みんなが目指しているものであり、流行のものであり、平均的なものであり、TVでやっていたもの、雑誌で見たもの、つまり宣伝につられて注目しただけのものになる。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
まさにその通り。
オリジナルはどこにあるのか。
他人と違うものを目指すのなら、
他人に依存しない、自分にしかないものを追求しなければ。
しかし目立つことで叩かれる時代。
そこで尚更みんなと同じものを目指すことになる。
なんとも生きにくい世の中よ。

 

コメント

夢の叶え方を知っていますか その15

2018-04-07 16:37:00 | その他

スポーツ選手も芸能人も「ファンに喜んで貰えることが一番」と口にする。そのために頑張っている、と語るのだが、それを真に受けてはいけない、ここを見誤っている人は、なれても二流止まりだろう。一流のスターは「人を喜ばす」程度の動機ではなれるものではないのである。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
これはまさしくその通りであろう。
もっと強い動機がなくては努力し続けることは出来ないし、
それだけではとても一流になんてなれないと思う。

コメント

夢の叶え方を知っていますか その13

2018-03-24 04:34:01 | その他

ここ十数年のことであるが、誰でもが簡単に発信が出来る時代になった。自分の思ったこと、自分が経験したことなどを、数秒もあれば一般に向けて公開できる。以前は身近な周辺のごく限られた人たちだけに行われていたもので、その外側へ出て行くことは滅多になかった。今は、そうではない。さほど凄くないことでも、不特定多数に伝わる。さらに意図するものとは別のきっかけで不特定多数に知られることもある。発信する人はそうなる可能性を知っている。その可能性を前提として発言するし、そこでは「みんなから注目される自分」を簡単に想像できるだろう。こうしたネットでの発信はとにかく短絡的となりやすい。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
SNSの功罪であろうか。
私はむしろ前向きにとらえたいけどね。
短絡的なのが問題なのであって、思慮深さを持っていればいいと思う。

コメント

夢の叶え方を知っていますか その12

2018-03-17 03:01:47 | その他

その意味では、夢を追う過程において、周囲からの「支配」をいかに断ち切るのか、ということが重要になってくる。おそらく、多くの人は、その「支配」に気づいていない。気づいていないことが支配されている証拠でもある。支配とは、一件面白そうなもの、周囲との関係をつなぎ止めるもの、そして少しずつ搾取をされるものだ。~夢を実現することは「自由」を獲得することであって、それは同時に「支配」から逃れることでもある。自分の思うとおりに行動する。自分が不本意だと感じるものを切り捨てる。つまりは、その「整理」を出来るかどうかが、夢を実現させる鍵となる。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
なかなか深い言説だが、よく考えると納得する。
今は本当に世間はメディア操作されているからね。
その結果は誰得なのか、
そういう目で批判的に物事を見る癖をつけないと自分に災厄が巡ってくる。
災厄だと気づかないうちに積んでしまうものである。

コメント (1)

夢の叶え方を知っていますか その11

2018-03-10 04:13:27 | その他

ところが多くの人たちは、とにかく人に褒められたい、認められたい、という欲求が前面に押し出され、ともすれば、それが目標になってしまっている。この場合、ある特定の人物に評価されたい、というならばまだ理解が出来るが、不特定多数から褒められたい、できるだけたくさんの人に見て貰いたいといった欲求を何故か持っていて、おそらくはネット時代の特徴なのだろうけれど、あまりにも相手が漠然としているし、その評価自体がお手軽になっているため、殆ど「手続き」のような、いわば社交辞令に過ぎないものに縛られている状況と言える。そんな環境にいるから、ちょっとした思いつき程度でもネットにアップしみんなから「いいね」が貰いたくなる。その程度の軽い「承認」であっても、ひとまずは安心できる「小粒な自分」になっているのだ。この小粒さはあらゆるものに波及し、夢も人生も、きっと小粒になるだろう。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
すごくよくわかる。
最近webにsnsにアップする内容を吟味するようになったのはここが大きいんだよね。

コメント

夢の叶え方を知っていますか その10

2018-03-03 03:41:48 | その他

何故、自分の意思に反した行動を選択してしまうのだろうか。多くの場合、「意志が弱い」などと弁解されるが、そこまでわかっているのにできない、というのも不思議な話である。実は、そうではなく、そんな意志の弱い自分を許容している自分がいて、「無理にあくせく働いて頑張る必要はないのだ」と甘やかしているのである。したがって、「やらなければならない」と言葉で知っているだけで、本当のところは「やらなくてもどうにかなる」という理解をしているのだ。

森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」より
これほんとそうだよね。
国試対策なんてまさにそう。
全員がこれをわかっていれば100%合格なんて普通に出来るだろうに。

 

 

コメント

大人の流儀7 さよならの力 その4

2017-09-30 04:03:14 | その他

人生を懸命に生き、そこで経験した苦しみや悲惨なものは、たとえ学問を、きちんと教育を受けておらずとも、家族が生き抜く哲学、歴史観を作るのである。

伊集院静「大人の流儀7 さよならの力」より
これも母親へのオマージュか。
やっぱりおかんには敵わないな・・・。

 

コメント

大人の流儀7 さよならの力 その3

2017-09-23 03:28:44 | その他

伴侶であった父、息子であった弟、両親も兄弟も、大勢の人に別れをしている。それでも母はそれを受け容れ、元気に生きようとしている。それだけで、私はこの人にかなわないと思う

伊集院静「大人の流儀7 さよならの力」より
私も同じである。
苦労をかけた母のまなざしの前では何を言っても言い訳になる。
息子ってのはそういうものなのかもね。
いつか来る別れの時にどんな顔をすればいいのだろう・・・。

 

コメント