こころにうつりゆくよしなしごとを

あやしうこそものぐるおしけれ。

???

2012-03-18 20:27:41 | 競馬
いよいよ春のクラシック間近ということで、
トライアルレースが毎週行われていますが、


3歳は全然わかりません。
まあ、去年だって、オルフェーヴルなんてのは今頃なんとも言われていなかったわけで。
それが四冠ですから


オルフェーヴルと言えば。
天皇賞・春(春天)のトライアルとも言われている(のか?)阪神大賞典。
私は、菊花賞とか春天とか、長距離のレースが好きなので、
楽しみにしていたのですが。

当然と言えば当然でしょうが、四冠馬オルフェーヴル1.1倍。
まぁあと来そうなのと言えば昨年の春天を勝ったヒルノダムールくらいですから、
トウカイトリック(牡8)は、同一重賞7回出走という日本記録なんだとか。

最近、長距離はシカトされているぽいので、スローペースで四角からヨーイドン、が
多すぎですが、今日もスローペース。
折り合いに問題があるオルフェはがまんできないだろうなあ、と思っていたら、
1周目の四角でナムラクレセントが外を通って上がったらつられてスイッチが入ってしまい
(あるいは、もう1周あるのがわからなかった?)
向正面でハナに
3コーナーを曲がりきれずに一旦止まりかけ
もう故障かとあせりましたが(馬主でも馬券買ってるわけでもないにのに)
それから追い込んで2着するのはやはり化けもの

映像こちら

グリーンチャンネルでは、「左手前(の襲歩)だったので曲がりきれなかったのでは」
という解説もありました。
「外回りコースに行こうとしたのでは」(阪神大賞典は内回りなので早くカーブする)
という調教助手さんのツイートもありました。
手前に関しては、テレビのVTRの速度では右か左か私は見分けが付かないので、
なんとも言えませんが、どちらもあり得ると思います。

これで平場再調教審査になってしまいました

まだまだ子どもなのかも。
菊花賞のゴール後に池添騎手を振り落としたのも、私には
「あんな長い間がまんさせやがって!(怒)」
みたいに見えたので。

どうなるんでしょうね
凱旋門賞に行くと調教師さんは言ってますが、
私はよくわかりませんが、テレビで見る限り、
あっちの競馬はもっとタフだとおもうんですよね、、、


個人的には、再来週のドバイのスマートファルコンが楽しみです。
高松宮記念は、ヨーイドンですから(毒)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の稽古

2012-03-18 20:25:32 | 茶道
来月、観桜茶会をやることになり、その稽古。
薄茶の平点前ですが、はんと(助手)は普段稽古しないので。

内輪(社中)の茶会ですから、まあなんとかなるべえ。


先生も、一時期より元気になって、よかったとおもう今日この頃
コメント
この記事をはてなブックマークに追加