ワンコと暮らしはじめたら

ワンコとワンごはん、日々のこと
くるみと一緒に過ごす時間

ペットの治療費は高い?!

2017年09月13日 | うちのくるみとワンコのこと
今年は、膿皮症の発症が遅くて
8月に入ってからでした。
それで1週間くらい薬を飲んで
その後、膿皮症の湿疹等は治っています。

なので、今年は病院通いがほとんどなく
くるみの医療費も去年に比べたら
かなり減っていると思います。

ペットの治療費は人のように
保険がないので、全額自己負担なので
高額な印象がしますよね?

もし、手術もともなれば
何十万になったりしますし…

でも、獣医さんだって、人の医師と同じく
大学へ行って、専門の知識を学んでいるわけで
人の医師の場合と同じように
時間も努力も学費もかかっているわけです。
施術対象が人でも、動物でも
医療行為であることに変わりはないので
治療や診療の費用もそれなりにかかるのは
当然かなぁと思います。

そうは言っても、
動物病院の診療代はいろいろありますね。

こんな記事がネットにありました。

獣医が急増 ペットの診療代は「獣医の言い値」に?

確かに動物病院によって、同じような治療で
値段が違うこともあるようですし
言い値と言えば、言い値ですよね。

知り合いの飼い主さんで
飼っていたワンコが腰を傷めて
家の1番近くの動物病院に行ったら
手術代は50万と言われて、びっくりしたそうです。

でも、それでも治療してもらわないと、
と思っていたら
他の飼い主さんから別な病院を教えて貰って
そちらの病院に行ったら、15万程と言われたそうです、

ずいぶん、開きがありますよね。
確かに言い値、だよねーと思いますが…

そもそも、症状や治療法について
診立てがそれぞれ違っていたそうですが
後者の病院にお願いしたそうです。

後者の方の病院は
良心的な代金で、親身に診てくれると評判です。

実はくるみを飼い始めた時
何回かその病院に連れて行ったことがありまして
今行ってる病院よりも、治療費は抑え目でした。

ワンコを飼ってる知人や
お散歩で会った飼い主さんに
どこの病院に行ってますか?と
聞いたりして、知ったのです。

先生は丁寧に診てくださるし
説明も詳しく、質問にもきちんと答えてくださるし
症状が重いような場合は、過剰な治療はせず
どこまで治療したいのかなど飼い主さんの希望を
よく聞いてくださってるようでした。

いい先生、いい病院の印象ですが
うちからだと、ちょっと距離があるのと
予約がないので並ばないといけなくて…
評判がいいので、患者さんがかなりあって
いつもたくさん並んでいます。

往復と待ちと診療で1日仕事とは言いませんが
半日近くは取られてしまうのは、なぁ…と。

去年までは5月〜12月初めくらいまで
くるみの膿皮症で
月に2〜3回、4回病院に通っていました。

それで病院通いの時間が少し負担でしたので
そちらの病院よりは家に近くて、予約もできる
今通っている病院に変えたのです。

今通っている病院も
予約しないとかなり待ち時間がありますが
予約すれば待ち時間は少なく済みますし
先生の対応も丁寧です。
治療費もびっくりするようなことはなく
かかりつけ病院ということでは
今の病院がいいかなぁと思っています。


記事には、動物病院急増、とありましたが
くるみを飼うようになってから
近所に動物病院が結構あることに気がつきました。

うちから車で10分15分圏内に…
思い浮かべて数えると10院あります!
かなり多いような気がします。
病院によって
混んでる、空いてるはありますが
どこの病院も続いています。

今通っている病院、先生にも
不信や不安はないのでいいのですが…

動物病院に限らず、人の場合も
評判を聞く他に、いい病院の見極めって
どうしたらいいんでしょうね…?







『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マダニが媒介する感染症 ペッ... | トップ | ペットの顎骨折急増 歯周病放... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

うちのくるみとワンコのこと」カテゴリの最新記事