op's weblog

文字通りのログ。経験したことや考えたことの断片のアーカイブ。

芸術への愛と情熱のバランス感覚? ― いまさら映画批評シリーズ:ハーブ&ドロシー

2011年02月21日 18時21分05秒 | Weblog
その土地の文化の蓄積が時々引き起こす“事件”みたいなものってある。『ハーブ&ドロシー』のヴォーゲル夫妻も、人の形をしているが、そんな“社会科学的な現象”として見てしまう。文字通り“ニューヨークの子”だ。“客土”して人工的につくった花壇ではできない、吹き溜まりに出来た豊かな土壌に咲いた珍種の花、ロングテールに生えた巨大なトゲといったら失礼か。

ライフスタイルだからこそ成し得た偉業であって、最初からこれを目的としていたら、アーティストや画廊、他の多くの収集家との関係が変わってしまい、早くに頓挫していただろう。そしてこれをライフスタイルにできるのが文化の深さと広さだ。年季はさておき日本にもこういう人はいるのだが、どちらかというと芸術とスポーツに関しては焼き畑農業のような話ばかり目につく日本人には、全く羨ましい話である。まあ、簡単に目についたら存在できない「現象」ではあるのだが。

そうは言ってもお金もからむことだし、もっと生々しい話もあったのだろうが、全体的にほのぼのした作品になっている。もちろんこれも、絶妙のバランス感覚を持った夫妻の決断があってこそなのだけれど。


この映画をやってた川越スカラ座とあのエリアって、陳腐な比喩だけど、喫茶店のおいしいケーキセットみたいだ。今日は陽気も良かったから、先にちょっとブラついて、お茶飲んで、今回みたいな淡々とした映画だと眠くなるかもしれないから、昼食は早めに軽く、映画の後に重めのおやつ、町並み見ながら帰るという感じか。ケーキ(映画)に合わせてスケジュールも組み替えて楽しめる。いや、残念ながら寒がりなバイク乗りは早めに引き上げてしまいましたが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二度ビールを取り損なう意味... | トップ | 猫の首に鈴をつける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事