United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハジレコ 〔by ラウド〕

2009-01-31 01:10:36 | Music
以前からずっと考えてた事がある。
皆さんだったら、この質問にどう答えますか?

「あなたの初めて買ったレコードを教えてください」

とはいえ、もう既に僕らの世代の時点でレコードというソフトは最末期を迎えていたので、これが例えばカセットテープでもCDでも何でもいいのです。
つまり、初めて買った音楽作品は一体何?という事。

この場合、あくまで自発的に、能動的に、自分のお小遣いか何かで買ったものが望ましいでしょう。
買ってもらった…というのもいいとは思いますが、あくまで質問は「買った」ですからね。


僕がこんな質問をされたら…と、されてもいないのにずっと考えていたのですが。
そうなったら、多分これを挙げるだろうなぁ、と…。

COME ON EVERYBODY (with Nile Rodgers) / TM Network

リプロダクション・アルバム『DRESS』からの3枚同時先行シングルからの一枚。
FANKS(TMファンの事)になって、とにかくTMの作品が欲しくて、曲も聴かずに買った1曲です。
ナイル・ロジャースのことなんか当然知るはずもありませんでしたが、明らかに自分がそれまで接してきた音楽との違いを否が応にも思い知らされる無機質な打ち込みビート(小室アレンジよりも更にドライでクール)と、繰り返される黒人コーラスに「おお、何だかすっごく大人っぽいな~」などと悦に入っていたことを思い出します。

音楽に対して、初めて眼を開かせてくれたTM Networkという、何物にも変えがたい存在。
『DRESS』と小室の1stソロは、当時の僕の高揚感と、90年代という新たなフェーズに突入しつつある時代の空気を真空パックしているようで、いつ聴いても新鮮な気持ちを思い出させてくれる。
あの頃の僕の故郷の風の香りを、聴くだけで感じられるんだ。



…とまぁ、精一杯カッコつけてこんなこと書いてみてもですね。
実はこれじゃないんですよ、ハジレコは…。

ヤーレンソーラン北海道

うん、本当はこの曲なんだ。
しかも45回転のアナログで買ったので、本当の意味で“ハジレコ”でもある。
何故これを自発的に買ったのか…今となってはそのきっかけも思い出せない。
大体“ピッカピカ音楽館”とか“パオパオチャンネル”とか書いても、誰も知らないよなぁ、最近の若者は…。
(大竹まことと高田純二のイメージが非常に強いんですよね、この番組。ウンナン出てたのとか覚えてないですわ)

このレコードがその後どうなったかは、全く覚えていません。
僕がこれを買った直後に、親がそれまで持っていたアナログの再生機械(かなり立派なステレオセットだった)を処分してしまったため、殆ど聴いた記憶すらないという…。
そもそも、広義の意味で音楽というものに興味があって買ったわけではないし、アーティストを意識して買ったわけでも当然ない。
だから、これはノーカウントということでいいんじゃないでしょうか、ねぇ?


しかし次に買った音楽ソフトも、当時大好きだった『聖闘士星矢』のドラマカセット『銀河戦争・夢の対決篇』であったのだった…。
確か主題歌が聴きたくて買ったのに、収録されていたのはTVサイズでがっかりした記憶が。
ドラマもドリームマッチで僕が贔屓にしていた紫龍が氷河に負けて、かなり納得いかなかったなぁ。
アイオロス役の田中秀幸さんは素敵でしたが。この人は師匠的・兄貴的な役柄が多いですね。『キャプ翼』のロベルトしかり、『シティーハンター』の槇村しかり。
…というわけで、これも音楽作品ではないのでカウントされず、ということで。


だがそれでもまだTMの前に買ったカセットテープが…。

牛若丸三郎太 「勇気のしるし」

これがハジレコってのも…時任三郎氏には申し訳ないが、すぐ聴かなくなってしまったし…。
ちなみに、数年前までこの曲(リゲインの方ね)がジェフの某選手の応援チャントに使われていたのは、今更ここに記す必要もないでしょう。
(追記:
鷲尾いさ子さんは仲村トオル氏の奥さんでした。大変失礼致しました。わざわざメールをくれたFに感謝。
しかしそうなると18年くらいずっと勘違いしてたことになるのか…)



以上の三作品を無視して、僕のハジレコはTMということになったのであった…。
歴史にはフィクションも必要です。
だって、ヤーレンソーランや星矢やリゲインじゃ、その後の歴史につながらないもの…。
「私はビーチボーイズの『ペットサウンズ』が…」とか、「俺はレッドツェッペリンの『天国への階段』(アルバムじゃないところが程よいぬるさ)で産湯を…」とか言うよりは全然良心的だと思うんですけどね…現実味があって。
いや、勿論そういう方もいらっしゃるでしょうし、それをどうこう言うつもりはありませんが、僕が言ってもどう考えても嘘にしか聞こえないでしょ、そんなの。





ちなみに初めて買ったCDシングルはTM Networkの「Get Wild」、CDアルバムは同じくTMの『Gorilla』。
初めて買った洋楽はThe Beatles『Past Masters Vol.1』です。
だからなんだと言われても、返す言葉もありませんが。
























最近笑ったコピペ。

ペガサス幻想

ジャララララーララージャララララーララー ジャララララーラララーーーッ
セ ンセ ヤーーーッ(セイヤーセイヤー) ※エコー
ジャララララーララージャララララーララー ジャララララーラララダカダカダカダカドゥクドゥクドゥンッ
だーーきしめたーーーー(ビィユリーン) こーころのコスーモォーー
(ペガサス聖衣装着!星矢の両足キィ!腰キュウ!左腕キュイン!右腕クキュ!胸チイュン!左肩キュン!右肩キュゥ!頭部チュイ!*順注意!!)
熱くぅ 燃やせぇ 奇跡ぃーーーをーー起こせぇーーっ!!
(バゴオォオン!)
きーずついたーーーー(ドゥッタンドゥドゥタン) まーまじゃいないーとーー ドゥッタンドゥドゥタン)
誓いーーーああーーった はーるーかーなー銀河ーーーー(謎のサイレン音 プアァーーーーーーー)
(トートタラテレレレ)
ペーガサスファンタジー!(キシュイイ)そーさゆーめーだーけはーーーーー(ブガアアシ)
だれもーーーう-ば えーーーない こーころの 翼だーーーかーーーーらーーーー!
(ダカダカダカダカドゥン)
センシーヤッ!(ZUBAAA)!しょおーーねーーんはーーーみーーんなーーーー
センシーヤッ!(テュイーーーーー)あしーーたーーの勇者ーーーー オウヘーーーイ
センシーヤッ!(チュプシーー)ぺガァサァースゥのよぉーーーにーーー(ズガゴオオオオオ)
センシーヤッ!(デュ プアーーーーーーー)今こそっ!(プアーーーーー)
はーーばーーたーーけーーー!
(ダー ダラララー ダラララー  プアーーーーー ジャッジャッ ジャッーーーーー)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生 涯 現 役 宣 言  ... | トップ | The Day the World Gets ‘Rou... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Music」カテゴリの最新記事