ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

革新的CO2回収型石炭ガス化技術確立へ

2010年06月20日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目技術・成果 10606-100612

◎(経6/19企業12)JパワーとNEDOが次世代型石炭火力発電に対応したCO2回収法を確立へ90億円で実験へ
http://www.jpower.co.jp/news_release/news100618.html

◎(刊6/18科学技術21)東京大学の研究グループはLSIを0.5Vで動作させるための技術を開発,消費電力を10分の1以下に減らせる可能性

◎(刊6/16環境11) ノーリツは給湯熱効率を78から95%に高めた大型業務用給湯器を7月に発売
http://www.noritz.co.jp/kyutoki/eco_j/point1.html

●(刊6/15大学25) 九州大学は旭化成と共同で貴金属を使わない電極触媒を世界で初めて開発,多孔性金属錯体,吸着・触媒機構も解明<アルコールから電気エネルギーの取り出しに成功>
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2010/2010-06-14.pdf

●(刊6/15環境13) 日本エネルギー学会とエネルギー・資源学会はインターネットで受験できるエネルギー検定を開始,参加無料,検定委員会運営

○(刊6/15自動車5) ブリジストンは転がり抵抗を39%低減したタイヤを発売へ,業界標準の表示で最高のAAA,ゴムの配合を工夫
http://www.bridgestone.co.jp/info/news/2010060701.html

◎(刊6/15表紙1 ) 岐阜市のコンティグ・アイはバイオエタノールを利用した直接エタノール型燃料電池を開発,8月にモデルハウス試験運転開始
http://www.contig-i.co.jp/mnews/pdf/100615nikkankogyo.pdf

○(刊6/14商社14) 伊藤園は東洋製缶と共同で環境配慮型ペットボトルを開発発売,30%軽量化,19gなど(既報)

◎(経6/14科学技術11) 環境省は医薬品などへの応用が期待できる国内の遺伝資源をデータベース化へ,世界の植物種の5%

◎(経6/12夕刊表紙1) 国土交通省は下水から熱エネルギーを取り出し冷暖房向けに供給する事業を拡大へ,民間参入可能とするため来年法改正へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 英BP、原油流出補償に1.8... | トップ | W杯予選突破:素晴らしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事