ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

MHIヴェスタスO(三菱重工合弁)は世界最大級の8千kW級洋上風量発電設備31基を受注

2017年09月03日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース20170827-20170902

●(刊9/1エネルギー19) ダイセルは姫路の網干工場で蒸気再圧縮技術を使い酢酸セルロース製造の蒸留工程で高温蒸気に変え熱回収し3割省エネ実現

●(経8/31表紙1) 神戸大学とクラレの研究グループは微生物腐食を防ぐ安全性が高い薬剤を開発,採掘などの埋設金属配管の防食の7割に効果

◎(刊8/31環境13) 富士HDは30年度を目標とするSCR計画「サステナブルバリュープランを発表,事業活動累積二酸化炭素排出量実質ゼロ等

◎(刊8/31金融19) 東京センチュリー(リースなど)はセイコーエプソンから古紙再生オフィス製紙機を導入,本格稼働,当初稼働率35%を倍へ (リース業界初)

◎(刊8/30環境13) 三井金属はPCBを含む橋の塗膜くずの無害化処理を本格化,子会社の三井製錬で体制構築,鉛や亜鉛を回収し再資源化

◎(経8/29金融経済7) バークレイズ証券は環境債の組成事業へ参入,太陽光発電事業などから得られる収益を裏付けにした債権を機関投資家等に発売

◎(刊8/29機械8) 川崎重工業は事業活動における環境負荷低減策の長期指針を策定,2050年までに生産工程からのCO2や廃棄物等排出ゼロ (有害化学物質排出もゼロ)

●(経8/29企業総合13) MHIヴェスタスO(三菱重工合弁)は8千kW級洋上風量発電設備31基を北海沖の独ブッフト風力発電所向けに受注 (世界最大級,激戦区で受注) http://www.mhi.co.jp/news/story/151218-1.html

◎(刊8/28機械8) IHIはアンモニア混焼発電の実証実験へ,石炭火力や天然ガスとの混焼,高効率燃焼と窒素酸化物低減が鍵
https://www.ihi.co.jp/var/ezwebin_site/storage/original/application/4174250cc94a3dc8fa8ea8150580203d.pdf

●(刊8/28科学技術22) 帝人は研磨効率が2倍以上になり耐久性が3倍以上になる研磨パッドを開発,微細繊維を使った不織布で
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日経は世界各地が殺人的熱波... | トップ | 京大の研究グループは東京湾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事