月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

果の掲示板

2017-04-20 15:44:04 | 星の掲示板

53枚目の掲示板を設定する。





絵/アンリ・マルタン





ジャンル:
ウェブログ
コメント (207)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベクルックス・52 | トップ | ヴィンデミアトリックス・24 »
最近の画像もっと見る

207 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (澄)
2017-04-20 15:50:02
つぶやきが200を超えたので設定した。これは「はてのけいじばん」と読もう。タイトルを考えるのもだんだん難しくなってきたよ。
2 (澄)
2017-04-20 15:52:41
この絵は、ずいぶんとよく見えるだろう。実は偽物の極みなんだ。馬鹿がえらいことをいくらでもやって、実に高尚ないい作品に見せているという例だよ。本人は何もやってないんだ。だが、前回のハントの絵と比べると、なんだかよく見えるだろう。これが馬鹿のやり口。本当にいいものは馬鹿にして、馬鹿がつくった偽物は、とことんいいものにするんだよ。
 (澄)
2017-04-20 15:55:31
こんなのはね、今の時代、ものすごくたくさんある。一見すごく高度ないいものに見えるんだよ。全部、嘘。でたらめになんでもやって、きついほどいいものに見せているんだよ。だが、人が騙されて追いかけていくと、つらいことばかりがあるのさ。何にもないからだ。偉そうなことを言っても、何もできんやつを追いかけているからだ。嘘、だからだ。
 (澄)
2017-04-20 15:57:47
痛いね。だがね、本当の本物なら、追いかけたら必ず何かがあるんだよ。君たちも、われわれを追いかけているうちに、人類の進化の道を見ただろう。美しいものをいくらでも見ただろう。本物は、実にたくさんのものを持っているからだ。いくらでも、与えることができる。
 (澄)
2017-04-20 15:59:46
まあしばらくは、この偽物の作品を見ながら、いろいろと考えていこう。馬鹿が描いたものでも、学ぶことはある。阿呆にならないで、得られるものは得ていくんだ。これから、嫌になるほど、馬鹿と戦っていかねばならない。馬鹿のやり口を学んでいくのは、いいことだよ。ではまた明日やろう。
 (澄)
2017-04-21 04:45:07
おはよう。今日も元気に行こうか。昨夜も印象的な夢を見たが、目を覚ましたら忘れてしまった。なんだか重要な夢だったような気がするのだが。かけらだけ残ったイメージを頼りに思い出そうとしていたら、君たちの法則計算をしていた。それで今朝は少し遅れたのだ。
7 (澄)
2017-04-21 04:47:16
もう法則的にかのじょは完璧に死んだことになったのでね、改めて計算してみると、かなりきつい。あれが生きていた頃、きみたちはあれのためにほとんど何もしなかった、何も助けてやらなかったということになった。だから、計算してみたら、実につらいことになっていた。阿呆が、何かを頼りに自分を何とかしようとしても、何もないんだよ。取りすがれる藁どころか、砂さえない。泥さえない。
 (澄)
2017-04-21 04:50:08
君たちは今でもそうやって、われわれのブログやツイッターを覗いて情報を持っていくだけで、何にもやらないがね、それが後で大変なことになるということは繰り返し教えてあるだろう。実際ね、それを計算してみたら、大変なんだよ。簡単に乗り越えられると思っていたら馬鹿だぞ。何にもしなかったら、何にもないんだよ。嫌になるほどきついことを、全部自分でやらなければならないんだよ。だれにも助けてもらえないんだよ。助けなかったからだ。
 (澄)
2017-04-21 04:52:56
法則計算というのはね、実際イメージが夢のように湧き上がってくるんだ。文学的ともいえるほど、きついイメージが見えてくるんだよ。そうするとね、何が見えると思う。町がまるごと沈んでいるんだ。海が町をおおっている。もちろん、アトランティスのように沈んでいるんではないんだよ。依然陸の上にはあるんだが、まるで海底に沈んだのと同じようなことになっているんだよ。家も道もあるし、電気だってあるのに、人が住めなくなっている。住んでいる奴はいるが、それはもう人間ではないんだ。
10 (澄)
2017-04-21 04:55:44
法則的に、そこはもう海になっているんだよ。だから、人間は誰もいかないんだ。警察もいかない。法律もいかない。電気は通っているんだよ。それを使っているやつもごくまれにいるのさ。だがだれも、料金さえとりにいかないんだ。忘れられている。馬鹿になっている。もののみごとに、沈んでいる。だれもそこにいけない。なんでって、あるのに、誰にも見えなくなるからだ。

コメントを投稿

星の掲示板」カテゴリの最新記事