ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

嵐の前の静かな宮ケ瀬湖(2018第8回スカル練習日)

2018年09月29日 | ボート

9:00~11:30 曇/小雨
シングルスカル、ダブルスカル乗艇@宮ケ瀬湖

(シングルスカル)岡野 藤田 中本 大野
(ダブルスカル)S藤野 B浅野

強烈な台風24号がこれから日本列島縦断するそうです。明日は関東も暴風雨の予報ですが、今日の宮ケ瀬湖は曇り時々小雨なれど、水面はいたって穏やかでした(納艇後、本降りに)。

今日は立花さんがモーター(作業艇)を出してくれるということで、船長のつもりで来湖した私もスカル乗艇。

出艇すると、Bサイドのオールが切れ込む。前回(8月11日)よりも潜りが大きい。注意しながら漕ぐが、気を抜くと大きく傾き、危険。

また、出艇前にどの艇に乗るのか確認していなかったので、ストレッチャー位置未調整で、レール前に当たり、フィニッシュは引きにくい。フィニッシュでバックを大きく取るようにして調整。(水上でストレッチャー動かそうと思いましたが、「事故」が起きそうなのでやめました。)

というわけで、絶好のコンディションにもかかわらず、なかなか楽には漕げなかったのですが、意識を自分の体(グリップ)からブレードの方向に移すことで、いい感じで漕げるようになることを再発見しました。

自分の手(グリップ)に意識を置いていると、そこからつながるシャフトも意識してしまうので、ブレードの動きが水にフィットしない(某業界用語で「プロダクトアウト」)。意識をずーっとブレードの方に移していくと、シャフトが消えて自分の後方にブレード2枚だけがあって(手のように)水をつかむのを感じることができるし、水の状況によって体を反応させることができます(同「マーケットイン」)。

スカルの漕ぎ方は、やはりボルダリングのイメージがいちばん近いと感じます。つかんで、引き付ける。

今日もノーグローブ、ノースクラッチ。

 中本さん
 寒天のようにつるつるな水面
 雨なので艇庫前で集合写真

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ボート」カテゴリの最新記事