ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

秋晴れの堀切遠漕2018

2018年10月21日 | ボート

9:00~14:00 晴
荒川堀切遠漕

《青龍堀川(四神会さん借艇ありがとうございました)》
C廣江 S西山 7川本 6関野 5山下 4藤田 3ワン⇒出井 2堤 B伊藤⇒河上
・カナブン⇒陸伴走
・佐藤⇒キラーホエールCOX
・大野⇒キラーホエールB

恒例の秋の堀切遠漕。昨年は悪天候で中止、一昨年も一度延期になっていて、天候が心配されましたが、今日は秋晴れの絶好の遠漕日和。四神会ミドルさん、キラーホエールさん、PENTAのエイト3艇で、荒川でのローイングを満喫しました。

キラーホエールさんに欠員があり、佐藤さんが代舵、大野が代漕(バウ)となりました。

10時ころ戸田橋を岸蹴り。下げ潮で、岸は泥が出ていました。2艇ずつ12分LPを並べて荒川を下る。潮のせいか、12分LP×4セットが終わる前に折り返し地点の「虹の広場」に到着(11:20頃)。

艇を岸に着けて小休止、の予定でしたが、干潮のために泥が出ていて艇を着けられず、艇は少し沖でキープして、三々五々トイレ上陸。キラホの藤松さんが岸で転倒して腕の所を切るというアクシデントが起きました。幸いにも、広場ではマラソン大会が開催中で、救護班で包帯を巻いて応急手当てしていただいたので助かりました。藤松さん、お大事に。

   
四神会ミドル(廣江さん撮影) / キラーホエール(同左) / PENTA往路

  虹の広場は干潮で岸に着けられず

復路はキラホは藤松さんを乗せて、並べはせずにセブンで戸田橋に帰還。上げ潮に乗って13:00頃到着。四神会ミドルとPENTAは並べをしながら帰り。

キラホさんでの乗艇は初めて。まずリズムをつかむことが最優先。最初は艇が揺れてましたが、リズムが出てきて、2回目の12分LPあたりから、艇が気持ちよく進むようになりました。

キラホさんはずっと低レート(R18~20)をキープしていたので、フォワードで十分ギャザーして溜めた力をドライブで解放する、という長いレンジのリズムの良い漕ぎができました。

往復漕いだのは今回初めてですが、天気も良く、気持ちいいローイングでした。ただ、戸田橋も虹の広場も干潮だったので、潮も事前に見ておいたほうがいいのかもしれません。日程調整がさらに難しくなりますが…。

漕艇コース(佐藤さん提供)

 四神会ミドル&PENTA(廣江さん提供)

14:30から国谷で恒例の懇親会。今日は鍋。

 
集合写真が撮れてなかったので、私が試し撮りしたものを貼っときます

【翌日談】
昨日は気が張っていたので感じなかったのですが、昨晩から体調下降気味で、今日は全身筋肉痛です。エルゴ6kmを週に2回漕いでますが、さすがに30kmは侮れません。思えば青梅マラソンの距離を漕ぐわけで、かなりダメージがあります。みなさん普通に往復漕いでましたけど(そうでもない?)、元気ですね。夏にやったら死人が出そうです。秋でよかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018第9回スカル練習日(大野... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ボート」カテゴリの最新記事