ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

インフル、溶連菌にご注意を!

2018年02月10日 | ボート

8:45~11:00 晴
エイト乗艇@鶴見川

《SE1》 C渡辺 S奥 7山下 6岡野 5茂手木 4藤野 3谷川(団塊号) 2堤 B河上
《SE3》(1周目)C下田 S宮本 7川本 6大野 5関野 4出井 3川渕 2木村 B今野
    (2周目)C下田 S関野 7大野 6川本 5宮本 4川渕 3出井 2今野 B木村

《メニュー》
(1周目)
・W.U.
・技術練習(Legs only)
・2分NW~1分LPインターバル(NWのほうを長めに)
・低レートP(鷹野大橋⇒鶴見大橋)
・10本P

(2周目)SE1は半周
・技術練習(Legs only)
・2分NW~1分LPインターバル~低レートP
・10本P
・20本P
・C.D.

佐藤さんのインフルに続き廣江さんが溶連菌に倒れ(コックス受難の週)、一つ空席ができましたが、団塊号の谷川さんが助っ人してくださいました(ペンタ初参加)。谷川さん、ありがとうございました。佐藤さん、廣江さん、お大事にしてください。

今日も鶴見川のコンディションは良好。場所によっては静水無風。
佐藤さんに代わってSE3の舵を引いてくれたのは、現役時代コックスで最近もっぱら漕手として活躍している下田さん。廣江さんのコックスシートには渡辺さん。今日は寒い中を代舵ありがとうございました。

下田艇は、この季節ならではの逆サイド練習を取り入れたメニュー。私は1周目が逆のSサイドでした。右手に頼る割合が大きく、あまり左半身を使えていない感じがしました。不慣れというより、もしかしたら人間の体は非対称なのかもしれません。

逆サイドの人が1周目は2人、2周目が5人だったのですが、2周目のほうが艇が安定していたと感じたのは、単に自分が漕ぎやすかったせいでしょうか?

練習後、艇友会委員会があったため、関野さんと私はタンゴへは寄らずに戸田へ直行。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 第3回ペンタ・スカル記録会(... »

コメントを投稿

ボート」カテゴリの最新記事