コミュニティふぁーむ日記

北海道の寿都・黒松内町の小さな農家と小さな自然学校が協働し土や作物だけでなく人も有機的につながる農場づくりを始めました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自然学校やんちゃっ子農園

2016-05-04 08:48:30 | 日記



コメント

久しぶりの更新(林の状況とホームページ開設)

2016-02-19 20:54:53 | お知らせ
 久々のブログ更新です。
 旧聞になってしまいますが、自然農園ハルの畑の周りの林の整備について報告します。
 2015年は畑の周りの林の林床に密生しているササを刈り取りました。林の中に足を踏み入れるのも躊躇するような状況でしたが、かなりすっきりしました。ただし、まだまだ根には養分が貯蔵されているので、これから暫くは時々ササ刈りしてやる必要があります。折角ここまで努力したのだから、これまでの苦労が水の泡にならないようにしなくては・・・。
 写真は2014年秋(上の写真)と2015年秋(下の写真)の様子です。見違えるようになりました。

        

        

 また、畑の一番高いところに展望休憩所を作りつつあります。完成までにはまだ暫く掛かりますが、ここからの眺めは素晴らしいこと請け合いです。展望休憩所の西側(写真では左側)の林のササ刈りも行いました。ここも開放的になりました。
 写真は2015年9月(ササ刈りの前)と11月(ササ刈り後)のものです。

        

        


 ところで、自然農園ハルのホームページが開設されました。情報発信の重要性は認識していたのですが、なかなか手が回らず手付かずのままになっていましたが、やっと形になりました。是非、一度アクセスしてみて下さい。

          

                                        (W)





コメント

芽がでた、育苗中。

2015-04-28 09:19:06 | 作物の生育
昨年は大失敗だったホウズキからも芽が出たよ。
コメント

春のワークキャンプ

2015-04-28 09:17:49 | 作業
国際ワークキャンプセンターNICEを通じてのワークキャンプを実施しています。 海外から、ベトナム、インドネシア、タイ、デンマークから5人、日本から3人の若者が1週間、コミュニティふぁーむの春の作業に参加してくれています。


昼食も野外で調理。 風はありますが、太陽が出ている春の中で汗を流しております。


この形態のワークキャンプが定着できるといいのですが・・・。
コメント

苗植

2015-04-19 22:59:05 | 日記
コメント

苗床

2015-04-18 12:38:20 | 作物の生育
今年も遅かりしの苗床を事務所内に設置しました。これで、温度管理と水やりは忘れないでしょう。食用ホウヅキ、ブラジルミニトマト、ステラミニトマト、ズッキーニ、若緑地這胡瓜さんたちです。

コノ後、日中の室温が上がらないということで、日当たりのいい教室に育苗室を移動しました。
コメント

種伏せ

2015-04-18 11:05:38 | 日記
時期を逸してますがトマト、カボチャ、ホオズキ等をポット育苗開始です。 自然学校の夏の食糧用は、GWに苗を買わないと夏の繁忙期での供給が間に合わないな。 なんちゃって農業は、お天道様をちゃんと観ておりません・・・・・。
コメント

ボランティア活動報告_10/25,26

2014-10-27 19:49:23 | 日記

10月25,26日の二日間に、ボランティアの方が来られて体験活動を行いました。

前日24夕方に自然学校にinし、翌日に備えます。
ほとんどの方が、北大のボランティアセンターからの呼びかけに応えられた方です。

25日午前、ぶな森、コミュニティーファームについての説明を行います。
アイスブレイクのゲームも含め、丁寧に2時間程行いました。


その後農場へ移動し、渡辺さんから「現状としてどんな場所か」「どのようにしていきたいか」の説明がありました。
  
午前いっぱいは、おじさん達、私達の夢の説明。伝わったでしょうか?


お昼は、役割分担をしながら農場で作りました。
しげさんの採ってきたラクヨウきのこ、高野さんが買ってこられた島牧の椎茸も加わり、食材がレベルアップ、食欲も増していきます。
 


イスとテーブルを広げ、のんびりと休憩しながらのご飯でした。
春も山菜をとってお昼ごはんづくりをしましたが、やはりこのような楽しみ方は最高です!


ウェイさんが、農場の粘土を使って見事な細工をおこなっていました。とてもお上手。



午後は、張り切って農場での活動です!

刈った笹を取り出し、ウッドチッパーで砕きます。




たかぎぃも負けません


ウッドチッパーはこちら。今年増えた強力な仲間です。それだけに、気をつけておこなっていく必要があります。



砕かれてできたチップは、積み込み、運んでブルーベリーの根本に詰めてゆきます。




暗くなる前、4時半頃に終了しました。
やはり10月末、日が落ちるのははやいですね。

その後は、温泉、晩御飯、交流会、、、と続いていきました。

参加者は北大の方ばかりなので年が近いこともあり、賑やかな二日間となりました。
これをきっかけに、当自然学校・コミュニティーファームに関わっていく方が増えていくことを願っています。



コメント

中国から

2014-09-29 21:11:57 | 日記
コメント

9月げんき市場

2014-09-28 15:32:19 | プログラム

地域コミュニティ活動・げんき市場を開催しました。 それに合わせて森のようちえん(畑のようちえん)を実施。黒松内・寿都町内の子ども達8人が親御さんと一緒に参加し、畑で収穫体験をしました。

 宝物探し(カラフルボール)をしてから、畑で、きゅうりやかぼちゃ、赤かぶを探して収穫です。





それを、チップに切って、フライド野菜づくりをしました。



コメント

冬支度

2014-09-15 17:36:07 | 作業

 毎年、なかなかできないうちに10月になり、11月となってしまう、薪整理。 今年は、しっかりとやろうとみんなで整理をしています。 漁師さんが持ってきてくれた廃材、地域の農家の古い納屋を壊して頂いた廃材などが山のように積まれていたのですが、今年は、それらの大半を焚付けに変身させることができました。
コメント

収穫

2014-09-02 19:04:51 | 日記

畑の収穫が続いています。

今回は、いんげん豆、トマト、ミニトマト、キュウリ。



それぞれ、数日ごとにしっかり使える量が取れています。
長期キャンプが終わってから、むしろ供給過多で困ってしまう程です。

キュウリに関しては、ズッキーニ程の大きさのものが取れ。



ズッキーニに関してはヘチマ程の大きさになっています。



…ヘチマを植えていたら、どうなったでしょう。
ヘチマの馬車でも作れていたかもしれません。
その場合、誰が舞踏会にお呼ばれしたのでしょうかね。


余談ですが、魔女の呪文は世代ごとに違うような気がします。

私が真っ先に思い浮かんだ呪文は「チンカラホイ」
「ビビデバビデブ」や「アブラカタブラ」の人もいるかと思います。
みなさんはどのような呪文でしょうか?

(たつみ)

コメント

三角広場

2014-08-27 22:04:58 | 作業
 自然学校のキャンプ場から続く通称「三角広場」の草刈を続けています。
 この広場のこれからの使い方のイメージづくりを改めてしなければなりません・・・。
コメント

ブルーベリーアイス

2014-08-27 18:51:58 | 日記

寿都道の駅にてブルーベリージャムを乗せたソフトクリームを350円で販売中です!
コメント

定点観察_6回目_8/23(土)

2014-08-26 20:53:42 | 定点観察
コミュニティふぁーむ定点観察6回目の様子について、お知らせします。
定点観察の更新が滞っており申し訳ございません。

〔農地内〕1.~4.の4箇所

1.【第一農場_農場道路側】
農場上方にあるウルシが赤く色づきはじめています。まだ目立つほどではありませんが、群生している箇所の1割~2割程度、鮮やかな赤色となっています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)


2.【第二農場_やんちゃっこ農園】
夏の長期村でたくさんの野菜を提供してくれたやんちゃっこ農園。ミニトマト、ズッキーニ、エンドウ、キュウリ、等々。しっかり育った野菜達は長期村の子ども達の栄養となりました。今は、トウモロコシやかぼちゃが実を大きくしています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)


3.【第三農場_そば畑】
前回に増して雑草が生い茂っておりますが、そばは着実に大きく成長しています。そばの花の色で畑全体が白く覆われるようになっており、そばの実も実り始めています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



4.【第一農場_上方からの風景】
夏の間に収穫時期を迎えたブルーベリー畑。8月上旬から中旬にかけて収穫が行われました。大きく育った実は、種類ごとに違った味わいを楽しむことができ、様々な方に来て頂きました、ありがとうございました。ただ、残念ながら最近ヒヨドリに食べられてしまい、現在はあまり実が残っていません。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



〔地域内〕5.~8.の4箇所
5.【第三農場近辺_天狗岳方面】
写真左手の麦畑は、前回の夏らしい麦畑から一転、収穫が終わり一気に秋の気配を感じる風景となりました。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



6.【精次郎の森_湿原】
第一農場同様、精次郎の森でもウルシが赤く色づきはじめていることが目立ちます。森全体も前回に比べ、うっそうとしてきています。また、湿原まで行く途中の道では、ヤマブドウが大きく実を実らせてきています。まだ実はかたく食べることはできませんが、秋が楽しみなほどたくさん実っています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



7.【精次郎の森_入口】
イタドリの驚異的な成長は止まり、花をつけ、すでに枯れ始めています。
イタドリの高さは3メートル程までで止まり、秋を迎えるようです

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



8.【自然学校前_慣行農法の畑】
雑草も生い茂っていますが、前回に比べ一層成長してきています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



〔小川〕9.~10.の2箇所
9.【自然学校前_一木川土手】
クルミが実をつけており、土手に落ちている実が目立ちます。またギンドロの葉も紅葉をし始めており、自然学校にも秋の気配が近づいてきています。

7月1日時点(前回)


8月23日時点(今回)



10.【朱太川_河畔林】
※前回未掲載であったため、今回分より掲載いたします。

手前の白い花がイタドリ、中央の黄色がオオハンゴンソウの花です。秋を目前に花が咲いていますが、これから寒くなっていくにつれ河畔林がどう変化していくのかが楽しみです。

8月23日時点(今回)


次回は9月中旬の予定です。

(まっすん)
コメント