風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2013年12月30日 小倉

2013年12月30日 | 風の旅人日乗
家の中の大掃除をしていた母が、

「こういうの取っとったんやけど、
もう、いらん?
捨てる?」

と小物入れを持ってきた。

その中に。





「こういうの」の
存在すら忘れていた。

ろくに工具の使い方も知らないのに、
建造チームのプレートまで
もらったんだなあ。

横浜、新杉田のIHIの中の秘密工場で、
あの2隻も、チームみんなで
力を合わせて造ったんだったなあ。

デッキの端のアール部分の
アルミハニカムのコア材、
曲げにくくて、設計者を
恨んだこともあったなあ。

でも、速くて、いい2隻だった。
ただ、残念なことがいろいろあって、
折角ビルディングチームがいい艇を
造ってくれたのに、
我々セーリングチームは
あの2隻の性能を、
100%引き出せなかった、
と、ぼくは個人的に
申し訳なく思っている。

「こういう」品物は
もう捨ててもいいと思うけど、
あのときの希望と悔しさは
捨てちゃいけないな。

そのことを思い出させてくれた
母に、サンキュー。

今日は、思うところあって、
門司港に行き、
船に乗って関門海峡を渡る。
海の上にいる時間を、
少しでも多く保っていたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2013年12月25日 九州 | トップ | 2013年12月31日 小倉 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。