comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

レッスン納め

2015-12-26 17:27:08 | パン

という言葉が正しいのかわかりませんが・・・

今日が今年最後のレッスンとなりました。

 

メニューは「ヨーグルトブレッド」「グラハムブレッド」。

補講なので、生徒さんはおひとり。

両方とも大型パンなので、最後にふさわしく

のんびりゆったり、何事も無く・・・

 

でもなかったか

2斤同時に焼くと、さすがに風周りも変わるのよね・・・

1本はちょっと焦げてしまいました。

形はgood

 

グラハムブレッドは2種類の型を使って焼きました。

ハチミツが入っているので、香りもほんわか~

素朴な色合いがステキです。

 

グラハムブレッドが熱すぎてカットできず、先にヨーグルトブレッドから試食。

文字通りヨーグルトがたくさん入っているので、しっとりみっちり。

クラストのパリパリ感と、クラムがヘロヘロ~って裂ける感じがたまらなく好きですっ

 

グラハムブレッドは、やっぱりサンドイッチでしょう。

こちらのクラストはサックサク

グラハム粉の前処理のおかげで、とっても食べやすくなっています。

言うこと無しの美味しさ。

 

お楽しみメニューは久しぶりの「パンケーキ」。

超簡単にできて、とっても美味しいです。

甘いのを添えてもしょっぱくても、どちらでもイケる

個人的には、スフレタイプよりこっちの方が好きかも。

生徒さんにも好評でした。

 

今年もあっという間に一年が過ぎてしまいました。

もう、もう、走り抜けたって感じです。

 

レッスンでは、思いも寄らぬハプニングもしばしば・・・

そんな時はいつも生徒さんに助けていただき、本当に感謝です

 

生徒さんあっての私。

生徒さんあってのパン教室。

今年一年、本当にありがとうございました

また来年もどうぞよろしくお願い致します

 

みなさま、良いお年をお迎え下さいね

 

コメント

ピンチをパンチで!/レーズンツイスト

2015-12-20 11:46:27 | パン

今年の雪は、一度にドカッと降っては消えを繰り返し・・・

油断していると朝起きてびっくりが多いです。

 

昨日は午後からのレッスンで、

遠くから来てくださる生徒さんもいるので、前日から気になっていたのですが・・・

ちらつく程度だったのでホッとしました。

 

メニューは中級の最後「レーズンツイスト」「オニオンベーコン」。

お仕事の関係でちょっと遠くに引っ越された生徒さん。

5ヶ月ぶりに合流できました

他のお二人から熱い歓迎を受け、一気に盛り上がっちゃいましたね。

待ってたよ~~

 

今回はレーズンツイストをひとり1本お持ち帰りなので、

例によって我が家のオーブンはフル稼働。

 

最初に焼き上げた生徒さんのは、まるでお手本のような出来映え

素晴らしい

 

そして、2度目の捏ねを終えた次点で・・・

なんと、私、うかつにも肝心要のレーズンを混入するのを忘れちゃって

 

気が付いた時には、一次発酵が始まってすでに30分経過していたので

今さらそれにレーズンを入れて捏ね直すわけにいかず・・・

 

あぁ~~~、久しぶりのやっちゃった感

しばし固まり、これはピンチ

 

ピンチ・・・

そうだ「パンチ」をしちゃえばイイじゃない

 

というわけで、急遽パンチの説明をし、

その時にレーズンを混入してなんとか回避

確かに、生地にレーズンが馴染んだ感はちょっと劣るかも知れないけど、

パンチ自体は悪くない。

むしろきっと良い影響を与えるはずでは。

技術レベル的にも1ランク上だから、生徒さんもきっと納得してくれるはず。

 

で・・・

↓すごいダイナミックなのが出来上がりました

元気があって美味しそう

生徒さんも喜んでくれました。

これもパンチのおかげかな?

(いやいや、気を付けます

 

もう一品の「オニオンベーコン」は、相変わらず大人気

やっぱり、このちっちゃい型にみなさん惹かれるようで。

チビだけど成型は一人前なところも、背伸びした感じで可愛いのです

 

焼き上がった頃には、外はもう暗くなり始めていました(まだ4時なのに・・・)。

夕食にはまだ早いけど、オニオンの香りにやられます

 

いろいろありましたが無事に試食。

↓こちらのレーズンツイストはパンチしてない方。

途中バタバタしちゃってすみませんでした

パンチを入れた方の感想をぜひ聞かせてね(今後のために)。

 

久しぶりのフルメンバーで、終始笑いの絶えない和やかなレッスンとなりました。

本当に楽しくて、時間の経つのを忘れてしまうほど。

冬の日の入りは本当に早く、なんだかさよならするのが寂しくなってしまいます。

みんな名残惜しそうに帰って行きました。

 

また来年も元気で会えますように

 

 

 

コメント

X'masカラーの「ピッツァ」

2015-12-14 16:44:55 | ファミリーコース1

ファミリーコースの「ピッツァ」は・・・

旧コースの「ピザ」に比べ、全てにおいてグレードアップしています。

 

見よ、このカラフルなトッピング

赤と緑をベースにした「トマトピッツァ」は奇しくも今の季節にぴったり

クリスマスカラーではありませんか

 

焼き上がったら・・・

↓こうなる

黒オリーブが全体を引き締める感じで、とってもオシャレ

 

別バージョンは「じゃがいものピッツァ」。

こちらはピザソースを使わず、シンプルな色合いだけどそこがまたイイ

 

お持ち帰り分は箱に入れて。

家族の喜ぶ顔が目に浮かぶね。

 

「マドレーヌ」は材料をひたすら混ぜ混ぜ。

ポイントさえ押さえておけば、思っていた以上に簡単にできるでしょ

焼き色も良い感じです。

爽やかなレモンの香りで、めっちゃ癒されます

 

まるでクリスマスランチプレートのような、今日の試食。

熱々のうちに食べるピッツァは最高ですよね。

 

みんなが集まる機会が多いこの時期、

ぜひぜひお家で挑戦してみて下さいね~

 

 

 

コメント

幸せの香り/シュトーレン&もち

2015-12-11 14:25:37 | ファミリーコース2

今、今日のレッスンを無事に終えてホッとしているところです。

 

メニューはファミリーコースpart2の「シュトーレン」と「もち」。

今月のヤマ場になると思っていました。

なぜなら・・・

このクラスは生徒さんが3人で、オーブンを2回稼働しなければならないのに加えて

「シュトーレン」の材料の多さと工程の細かさったらもう・・・

そして「もち」もポイントを外すと大変です。

タイムテーブルを作ってしっかり準備しておきました。

あっちをやったりこっちをやったりと、生徒さんには申し訳ないですが・・・

盆と正月・・・いやいや、クリスマスと正月が一緒に来たような、

てんてこ舞いになること必至。

 

とにかく、落ちの無いように

私の段取りにかかっています。

 

でも・・・

シュトーレンは慣れてくれば、実はそんなに難しくないはずです。

むしろ、材料の中には何日も前から用意できる物のあるし、

成型は難しくないしで・・・

集中してやればどうってことはないのですよ。

 

いつの間にかみんな夢中になってきて、こんなに見事に焼き上がりました

ブラボー

形もこんもりしていてそれっぽい

良かったなあ。

 

シュトーレンは「コレでなきゃいけない」という物ではないので

ぜひぜひいろいろアレンジして、自分のオリジナルを作ってみてほしいです。

私も毎年いろいろ試行錯誤しながら楽しんでいますよ

 

本日も焼きたてを試食。

レッスン前は、びっしり文字の詰まったレシピを見て「うわ~~

と引いてしまった生徒さんでしたが・・・

 

部屋いっぱいに広がるミックスフルーツの豊かな香りに癒されちゃって

すっかりその魅力にハマってしまったようですよ。

今日の焼きたても大好評でしたが、シュトーレンの美味しさは明日からわかります。

楽しみにしていてね。

 

そして「もち」。

ポイントはやはり水分ですな

今日もバッチリな仕上がりです。

 

あんこときな粉は最高の組み合わせ

もちろん大絶賛

 

今日の我が家では

甘いフルーツの香りと、お米を炊く良い香りが、ず~っと部屋中に広がっていました

こんな幸せなことがあるでしょうか。

 

美味しいものを作ってみんなで一緒に食べる。

そのことがどんなに大切なことか、改めて思い知らされた気がします。

 

生徒さん、今日は最後まで忙しい思いをさせてごめんなさい

でも、しっかり着いて来てくれて本当にありがとう。

 

帰りには、気が付けば「良いお年を」のご挨拶。

また来年もよろしくお願いします

 

 

コメント

講師のドーナツ

2015-12-08 14:10:42 | 講師研究科

今日は講師研究科のレッスン。

お陰様で、私もだんだん慣れてきてあたふたしなくなりました(と思う)。

 

メニューは「フェット・ゲベック」「あん・カレードーナツ」。

講師でもやるんですね~、揚げ物

 

ドイツ語で

「フェット」は油とか脂肪のこと。

「ゲベック」はお菓子です。

美味しい物は油でできている・・・あぁ~~~なんて悩ましい

↑穴ではなく、窪みを作って揚げるんです。

もう1種類は中身が入っていない、ただのまん丸いドーナツ。

これが・・・

 

こんなに可愛らしく、バリエーション豊かに変身しちゃったよっ

生徒さんと二人して、キャーキャー盛り上がりながらの仕上げ作業。

めちゃくちゃ楽しかったです

 

「あんドーナツ」は、ボールのように丸くあんこを包んで、ごろんと揚げます。

「カレードーナッツ」はジャガイモ感しっかりのフィリングを包みます。

生地に一工夫がされていて、しっとりフワフワが長続き

ファミリーコースのカレーパンとはちょっと違う感じかな。

 

どれを食べたら良いのか迷っちゃう・・・

そしてそして、いくつ食べたら良いのかも・・・

あぁ~~~、困るぅ~~~

 

で、私はこの2個をチョイス。

いや、結局この後カレーパンも食べたので全部で3個をペロッと・・・

小さすぎず、大きすぎずの絶妙なサイズなんですよ。

ほんと、女子の心を鷲づかみです。

 

お楽しみメニューは「サンフラワー」。

卵白が余るパンメニューだったので、ここで消費しました。

クッキー部分の軽い食感と、真ん中のカリッとしたキャラメルのコラボ。

まさに「一粒で二度美味しい」

 

試食後、お互いの人生についてちょっと語り合っちゃったりして・・・

二人きりのレッスンもなかなか良いものです

 

 

コメント