comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

つながり(ロールパン~コルネ)

2015-01-30 14:44:55 | ファミリーコース1

昨日と今日で、ファミリーコースのレッスンが2連チャンでした。

 

昨日は「ロールパン」のクラス。

今日は「コルネ」のクラス。

 

この2つのメニューには技術的なつながりがあって・・・

「ロールパン」あっての「コルネ」

という気がします

 

基本の成型方法が同じなので

ロールパンをやってからでないと、コルネは難しい。

逆に、ロールパンを習得していればコルネは簡単・・・と言えるかも。

 

レッスンの構成って、ほんとよく考えられています

 

生徒さんを悩ます、コルネのこの伸ばし・・・。

ロールパンの成型方法を思い出してね

 

昨日の「ロールパン」。

成型時、定規を傍らにおいてちゃんと長さを出せば・・・

ちゃんと3巻きになりますよ。

 

今日のコルネ。

使うのは「コルネ型」。

こんな風に立てて置くと、凛として冬っぽいイメージが・・・アナ雪風?

 

中に詰めるカスタードクリームも作っちゃいます。

「クリームパン」で経験済みなので手際もイイ

 

色々な表情をした巻き貝が完成

 

お菓子メニューは両日ともに「ナッツチョコ」。

バレンタインに向けて・・・最後です。

 

「ロールパン」と・・・

「コルネ」。

 

いとこ同士みたいなこのパン達に、ぜひ家でもチャレンジしてみて下さい

 

 

 

 

 

コメント

ひつじのパン

2015-01-27 17:13:00 | スキルアップレッスン

久しぶりのスキルアップレッスン。

毎回、新メニューから2品目をチョイスしています。

 

今回のメニューは・・・

今年の干支でもある羊のパン

題して「ねむれないひつじのパン」

 

ねむれないというよりも・・・

なんだか夢に出てきそうなスケルトンっぽい羊たち。

仕上げ発酵に入る前の状態なんだけど、

ちょっと恐い・・・

 

こちらはお母さん羊をイメージしているんだって。

 

ちゃんとメイクアップして、可愛らしくできました

良かった~~。

いろんな表情の羊たち。大家族

 

そしてもう一品、

白と黒のコントラストがかっこいい「ショコラ・カンパーニュ」。

甘いチョコレートの香りが部屋中いっぱい

 

私の羊さんは

ちょっと下ぶくれっぽい顔になってしまいました

でもかわいいでしょ。

みんな「食べるのがかわいそう・・・」と言いながらも

くるくるな角から勢いよくいっちゃってました

フィリングのあんこも美味

 

ショコラ・カンパーニュは見た目も味もちょっと大人な感じ。

ボリュームもあって、トレーごとプレゼントしたらすごく喜ばれそう。

 

今後のスキルアップレッスンに

乞うご期待

 

 

コメント

チョコの季節

2015-01-25 18:38:29 | ファミリーコース1

北海道の学校の長~い冬休みが終わると・・・

レッスンも急に忙しくなってきます。

 

来月はバレンタインデーということで・・・

メニューにはチョコレートが登場

 

ファミリーコースpart1では、1箱作ってお持ち帰り。

 

なめらかな口当たりのチョコは手作りならでは。

ナッツがゴロゴロ入っていて、食べ応えも満点

これは・・・自分へのご褒美にしたくなるかも

 

箱を組み立てるのが意外に難しかったりして・・・

リボン(サービス)もかけちゃおう

 

この日のパンメニューは「ロールパン」。

みんな「難しい」という先入観があるみたいだけど・・・

 

レシピ通りに作れば、絶対上手くいくよ

↑ねっ

 

歯ごたえのあるロールパン。

試食も大好評でした。

 

いそいそと持ち帰ったチョコレート・・・

みんな誰にあげるのかな・・・

 

えっ?

自分で食べちゃう??

 

 

コメント

イイ感じ

2015-01-22 16:48:17 | パン

ここ数日の大雪から、一転して今日は良い天気。

こんな日は・・・

生徒さんにも大変な思いをさせなくて済むのでホッとします。

 

今日は上級のレッスンを行いました。

メニューは「ブラウンブレッド」「アマンドロール」。

 

シンペル型を使うのは初めてなんですね。

凸凹したところに引っかけるようにして、粉を振るのがポイント。

「大倉山シャンツェ(ジャンプ台がある)の客席みたいにしてね~」と私。

??って感じで、全く通じませんでした

・・・わかって欲しい

 

今日の「ブラウンブレッド」はいつにも増して、とってもイイ感じ。

 

特に、三つ子ちゃんの方は勢いがあって、ホントに美味しそう

なかなかこうはいきません。

なのになのに・・・

クープを入れ忘れてしまいました。

焼き上がってから気が付いて・・・ごめんね~~

 

楕円も三つ子も、みなさん「張らせ」がとっても上手だった。

あとは、仕上げ発酵→焼きのタイミングも良かったのかも。

 

ふたつとも、もう何度も作っているパン達ですが

まだまだ教えられることがたくさんあるな~と実感。

 

一見ハード系なのに、ふっくらしっとりしている内装。

大・大・大好きなパンです

 

「アマンドロール」も格好良く焼けました。

どうよっ

 

お楽しみメニューの「ラムボール」を添えて。

 

楽しい、嬉しい話題満載で・・・

とっても心躍らされた試食タイムでした

 

来月は、冬のパン「デニッシュ」に挑戦

 

 

 

 

コメント

事前講習を終えて

2015-01-20 11:27:53 | パン

今回、初めて講師の試験を受ける生徒さんを出すにあたり

親先生よりご指導をいただきに、昨日講習を受けてきました。

 

事前に「山食」と「あんパン」を作り当日持参。

なんだか、自分が試験を受けるみたいでドキドキ・・・。

 

久しぶりに作った「あんパン」。

大丈夫かな・・・。

 

「山食」はぎりぎりまで納得できるようなものができず・・・

とりあえず、朝イチで作ったパンを持参。

 

細かいところまでご指導いただき、

目からウロコ的な発見もたくさん

 

良くも悪くも、自分のやり方に迷いが無かったので

指摘された箇所もすんなり納得することができました。

 

結果としては、おおむねOKということで一安心でしたが・・・

 

「この講習は、師範である、あなたのためのものです。

 同じ事を生徒さんに要求してはいけません。

 伝えるべきポイントを明確ににして

 生徒さんには、楽しく試験を受けてもらえるよう

 指導していかなくてはなりません。

 あなたも楽しかったでしょう?」

 

と、最後に先生に言われたことが、とても重く心に響きました。

 

この数ヶ月・・・

私は「指導しなくてはならない」

という言葉に縛られて、完璧なパンばかりを追求してきました。

同じ思いを生徒さんにさせたら、おそらくパニックになってしまいます。

 

今回、何度やっても高さが均等にならず、

「だめかな~」と不安になりながら提出した山食は

意外にも高評価をいただきました。

 

もちろん、外見も大切ですが

評価すべきポイントが、私はずれていることに気が付くことができました。

 

なんだか肩の荷がストンと落ちた感じ。

講習を受けて、本当に良かったです。

ご指導下さった先生には、本当に感謝です。

 

「教えるって・・・やっぱり難しいなあ・・・」

その部分にはまだまだ不安もありますが・・・

「生徒さんと共に成長していけたら良いのでは」

と考えています。

 

先生のおっしゃる通り、

ここ数ヶ月の「山食」の探求は夢中になれてすごく楽しかった

 

ただ・・・

山ほど作ったパンをどう消化しようか・・・と考えるのは難儀だったなあ

気持ちよく食べてくれたみなさん、本当に助かりました。

これからもよろしくお願いします

 

 

 

 

  

コメント