comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

ファミリーコース・順調です!

2014-08-29 15:37:09 | ファミリーコース1

今日はファミリーコースpart1のレッスンでした。

しばらく停滞気味でしたが、ようやく先月から動き出し

ただいま快調に進んでいるところです

 

今日のメニューは「あんパン」「甘夏ゼリー」。

「へそ」が無くなったあんパンは、今風でとってもおしゃれ

数種類のトッピングも楽しめますよ。

 

以前より一回り小さくなって、女性にはちょうど良いサイズなのでは

コロンとしていて見た目も可愛らしい

 

肉厚でとってもジューシーな「甘夏」は、

「これ缶詰?」って思ってしまうほどのフレッシュ感

ミントを添えると爽やかさ倍増ですね。

 

試食タイムでは・・・

あんパンに使った「十勝小倉あん」が大好評

「ほど良い甘さがパン生地に合う合う~」って・・・

ほんと美味しいんですよ~

ゼリーも、「爽やかな酸味で夏にぴったり」と高評価。

 

みなさんに喜んでいただけて、本当にうれしいです

 

新しいコースがスタートしたことで、私も最初は正直戸惑いを感じていましたが

最近進め方にもようやく慣れてきました。

生徒さんに楽しんでいただけるよう、頑張るのみです

 

また来月お待ちしていますね~

 

 

 

 

 

コメント

HBとの違い

2014-08-28 14:47:18 | パン

今日からファミリーコースの新しいクラスがスタートしました。

 

初回は何かと忙しいのですが・・・

そんな中でも「パンの手ごね」にはしっかり時間を費やします。

 

自分で捏ねたパンがどれほど美味しいのかは

試食時の生徒さんの、なんとも嬉しそうな表情が物語ってくれます

 

生徒さんの中にはHB(ホームベーカリー)を使って

独自でパンを作っている方がとても多いのですが、

そのほとんどの方が教室に来て初めて、パンの美味しさの違いにびっくりなさいます

 

手ごねで作ったパンは究極だと私は思っています。

どんなに機械が進歩しても「やっぱり手ごねにはかなわないなあ~

って思ってしまいます。

 

まして、誰でも手軽に使えるHBと比べると

やはりその差は歴然としてしまうのではないでしょうか。

 

でも、だからといって、HBを諦めてしまうのはもったいないと思うのです。

 

今日は初回ということで、材料の役割や温度の大切さなどなど・・・

色々な事をたくさんお伝えしました。

実際に自分で一から手がけてみて、パン作りの奥深さみたいなものを

あらためて感じていただけたのではと思います。

 

「パン作りは科学だ」と誰かが言っていましたが・・・

なぜこうなるのかということを理解すると、

教室のように完璧に道具が揃っていなくてもパンは作れるし、

失敗しても立ち直れます。

 

要は、HBも使い方ひとつで、ある程度役目を果たしてくれるはずだと思うんです。

現に私の周りでも、上手く使っている方がたくさんいらっしゃいますし。

 

とはいえ、教室ではHBの指導は当然できませんので

レッスンで色々な事を吸収していただいて、

ご自宅でのパン作りに活かしていただけたらと思うわけです。

お手持ちのHBをぜひバリバリ使いこなしちゃって下さい

 

それはきっと、パン作りをより深く理解することに繋がると思いますし、

レッスンにおいて、皆さんに理解していただけるよう指導するのが

私の役割でもありますよね

 

さて、今日のメニューである「マヨネーズパン」「フロランタン」ですが・・・

とても初めてとは思えない丸め具合

 

ふっくらしていて美味しそう

 

あっという間にできちゃうのに、ホントに美味しいと大好評

 

全部無事に終了しました

 

今日はお疲れ様でした

また来月お会いできるのを楽しみにしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

モアイ像?

2014-08-25 17:58:03 | パン

子ども達の夏休みが終わるとパン教室も忙しくなり、

珍しく今週と来週は予定が詰まっています。

今日も上級クラスのレッスンがありました。

 

そしてそして・・・

一般教科において一度だけなんですが

今日は時間内に3種類のパンを作らなくてはなりません。

メニューは「ポテトブレッド」「ココアブレッド」「ビーネンステッヒ」。

 

いつも事前に作っているタイムテーブルは・・・

3本のラインがバッチリです(お楽しみメニューを合わせたら4本!)

 

生徒さんと一緒に気合いを入れてっ

いざ、スタート

 

先ずは一番焼き時間のかかる「ポテトブレッド」から。

一度に4個焼くので、どうしても釜伸びがね・・・

 

なんとなく一方向に並べておいたら

「モアイ像みたいだね」

って誰かがつぶやきました。

 

ホントだ~~っ

木訥でドシッとしていて、言われてみればまさに銅像のよう。

今日一番のヒット

 

お次は「ビーネンステッヒ」。

 

カリッと香ばしいトッピングが美味しそう

 

「ビーネンステッヒ」って「ハチの刺し傷」という意味らしいですが・・・

直訳すると面白いですね

 

ラストは「ココアブレッド」。

ポップシュガーのトッピングをのせて焼きます。

こんもりして丸々として、ホントにカワイイなあ~。

チョコの甘い香りがたまりません

 

お楽しみメニューは「マンゴー・ベジ」。

オーブンがフル稼働なのでちょうど良いメニュー。

 

無事に全てのパンが焼き上がりました

3種類のパンはどれも高評価。

中でもポテトブレッドはモチモチしていて美味しいと大人気でした。

 

今日は終始生徒さんに助けられ、面白いくらいに順調に進めることができました。

終わってみれば、なんといつもより早い

 

皆さんの技術向上の賜物ですね。

この調子で頑張りましょう

 

次回は2週間後

 

 

 

 

 

コメント

サバランにご用心

2014-08-24 15:23:58 | パン

生徒さんには申し訳ないのですが・・・

なぜだかわからないけどケアレスミスをしやすい回というのが

私にはありまして・・・

 

そのひとつが中級の「サバラン」「チョコマロン」なんです

(前回の失敗は「デカサバラン誕生」で)

 

二つともそんなに難しいパンではありませんが

特にサバランの作り方がいつもと違うので、それに気を取られてしまうのか・・・

何かしらやらかしてしまいます

 

今日も気を付けていたつもりでしたが

「チョコマロン」の方でミスをしてしまいました(懺悔

最後のカットの個数を間違えてしまったのです。

 

ちょっと見ではわからないかもしれないですが

すこ~し薄めに焼き上がっているのはそのためです。

 

もしかしてこれは「サバランの呪い」

 

いえいえ、もちろん私の不注意のせいですから・・・

サバランさんのせいにしてごめんなさい

(因みに「サバラン」の由来は「ブリヤサバラン」という裁判官の方のお名前からとったそうです)

 

肝心のサバランはと言うと

今日はミカンの代わりにカットマンゴーをのせて

とても可愛らしくできあがりました(良かった)

 

幸い、大事には至りませんでしたが・・・

私の中できっと「間違えやすい分野」というのがあると思うんです。

ミスったことはしっかりメモして、繰り返さないようにしないといけませんね。

 

お楽しみメニューは、初登場の「マンゴー・ベジ」。

これはちょっと、今までにない面白いメニューですよ

意外な材料の組み合わせだけど、うまくまとまっていてとても美味しい

今後の生徒さんの反応が楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

コメント

お休み明けの・・・

2014-08-22 16:25:19 | パン

北海道の学校は夏休みが短いです。

小、中学校はだいたい8月20日から2学期がスタートしています。

(その分冬休みが長いわけですが・・・)

 

子ども達が学校に行き始めると、ようやくお母さん達もホッとしたりして

パン教室もそれに合わせてまた賑やかになるわけです。

 

というわけで・・・

3週間ほどお休みしていた教室も、今日から復活

中級の「プルマンブレッド」「カレーベーコンロール」のレッスンを行いました。

 

プルマンブレッドは4個の生地をいかにバランス良く成型するかがポイント。

うんっ

キレイに焼けましたね

 

カレーの風味が食欲をそそる「カレーベーコンロール」。

ベーコンとの相性もばっちり

作っていても、思わずお腹が鳴っちゃいます

3種類の成型方法が面白い。

みなさん、可愛らしく焼けました。

 

お楽しみメニューは「キラキラ抹茶ゼリー」。

板ゼラチンが大活躍

見た目も涼しげで大好評でした。

 

プルマンは例によってサンドイッチにして試食。

みっちり、モチモチした食感がたまらないんです

もちろん、トーストしても美味しいですよ

 

久しぶりのレッスンで、しっかり準備はしていたつもりでしたが

途中で砂糖をぶちまけたり、バタバタしたり・・・

生徒さんにはお恥ずかしいところをお見せしてしまいました。

ほんとにすみません

 

次回は9月。

中級最後のメニュー、頑張りましょう

 

 

 

 

コメント