鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




 11月23日(水・祝)の勤労感謝の日に、鹿ノ入の獅子舞が奉納されました。

この獅子舞は、伝承によると江戸時代から続いているといわれています。

毎年11月23日に姫宮神社本殿前で、五穀豊穣と地域の安全を願って奉納

されています。  

 当日は、寒いながらも天気に恵まれ、神社境内は多くの人が訪れ、カメラを

構えていました。

 

 

 

 

一人立三匹獅子舞  舞は一匹の雌獅子を二匹の雄獅子が探し求めるというもの・・・。

 

『鬼退治』の巻  近隣の村落を荒らし回る赤鬼が左手に持つ軍配は強力な力(神通力)がある。

 

そこで、赤鬼の持つ軍配を取ってしまおうと赤鬼を酔わせてバクチをやり、軍配を取ってしまう。

 

  

酒に酔った赤鬼は、軍配を取られ寝込んでしまう。そして力のなくなった赤鬼は追い出されてしまう。

周りを笑わせてくれる鬼退治  山に籠って近隣の村落を荒らし回る神通力を持った悪鬼を力を

合わせて退治するストーリー。

    

終盤は、巫女舞が披露された。

  街道下り   獅子が帰っていきます。     

全体をリードする笛方、踊り子、観衆を笑わせる道化役、それぞれの役が

全て揃い素晴らしい舞台が成り立っています。    

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 活動の総決算... 自作 燻製器で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。