ある産婦人科医のひとりごと

産婦人科医療全般、産婦人科医不足の問題、地域周産期医療の現状と未来、当医療圏の産科問題に対する取り組み。

Advanced Life Supporti n Obstetrics(ALSO)について

2014年05月31日 | 周産期医学

2014年5月24~25日に千葉大学付属病院クリニカルスキルズセンターで開催されたALSOプロバイダーコース にインストラクターキャンディデイトとして参加しました。受講生45人、講師45人(インストラクター10人、インストラクターキャンディデイト20人、アシスタント15人)の大規模コースで、充実した楽しい2日間でした。

私が初めてALSOプロバイダーコースに参加したのは2011年12月に亀田総合病院で開催されたコースで、ALSOって一体全体何なのか全く認識のないまま、たまたま後期研修医の付き添いで参加させていただき、その時以来、すっかりALSOの魅力にはまってしまって、アシスタントとして亀田総合病院と山梨大のコースに計2回参加した後、2013年1月に和倉温泉で開催されたインストラクター講習会に参加し、その後、インストラクターキャンディデイトとして山梨大や千葉大などのコースに計7回参加しました。その他、BLSOコース、ALSOデモンストレーションコース、ALSOアップデイトミーティングなどにも参加させていただき、今回の千葉大コースではインストラクター認定評価を受けさせていただきました。

来る6月28~29日には、飯田市立病院で2回目のALSOプロバイダーコースを開催させていただく予定です。もともと私自身は婦人科腫瘍の方が専門だったんですが、職場の事情から必要に迫られて周産期医学を基本から勉強し始めたところなので、ALSOやNCPRに指導者という名目で参加して周産期医学の超基本事項を繰り返し他の人達に伝える中で、自分自身が教え導かれていることをいつも実感しております。ですから、今後もALSOやNCPRには積極的に参加し続けたいです。

M2190014

P52502673
ALSOプロバイダーコース in Chiba 2014 May

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 常位胎盤早期剥離(じょうい... | トップ | AHA BLS for Healthcare Prov... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。