ある産婦人科医のひとりごと

産婦人科医療全般、産婦人科医不足の問題、地域周産期医療の現状と未来、当医療圏の産科問題に対する取り組み。

産科救急実技セミナー(京都産婦人科救急診療研究会)

2014年08月02日 | 飯田下伊那地域の産科問題

8月2日、飯田市立病院で産科救急実技セミナー(京都産婦人科救急診療研究会)が開催されました。6名のインストラクターの先生方が京都や東京から来てくださいました。飯田市立病院のスタッフだけではなく、近隣の開業医の先生や助産師も参加し、当地域の産科救急体制を維持していく上で非常に有意義でした。また、1か月前の飯田ALSOに参加してくれた信大、県立こども病院、長野赤十字病院、名市大などの医師や助産師の方々の多くが、今回もわざわざ飯田までお越しくださいました。今回は参加希望者が定員18名をはるかにオーバーしていた関係で、見学者が多かったです。

****** オープニング

Kyoto1

****** BLSトレーニング

Kyoto2

****** SimMom(レールダル社)

Kyoto3

****** 産科急変対応のシミュレーション訓練

Kyoto4

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第2回飯田市立病院ALSOプロバ... | トップ | 周産期医学(母体・胎児)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。