COMES BLOG

札幌の建築・設計・施工会社、カムズ・コンストラクションのブログです!

上棟式からの餅まき🎉

2018-10-05 11:15:25 | 日記
 本日も地震がありました。

もういいでしょう…という感じですが、最大で震度5
になっている所もある様なので被害が無いことを祈ります。
今年は台風に地震忙しい年に思います。
そして又、台風がやってきそうです(´;ω;`)

さて、先日札幌市内K様邸で上棟式が無事に執り行われました。
餅まきは雨になった為急遽中で行われました。



子供たちは凄い笑顔で、お餅にお菓子夢中で拾っていました。
微笑ましい光景です。




完成まで、怪我無く安全第一で!!
コメント

もうすぐ上棟式!!

2018-09-28 10:54:53 | 日記
もう10月になるんですね…💦
今年は少し余裕を持って紅葉の季節を楽しみたいと思います☻

さて、札幌市内K様邸ですが来週上棟式があります。







建方が始まったと思ったら、本当に早い!!







コメント

なんとか…(喜)

2018-09-21 14:03:14 | 日記
 9月末の完了を目指していた石狩のN様邸なんとか9月末に間に合うとの事。
地震があり工程など心配しておりましたが、大工さん、業者さんの
ご協力の賜物です!!
有難うございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡








石狩のN様邸、完成後見に行くのが楽しみです☻
コメント

9月の祝日🎉

2018-09-21 13:38:54 | 日記
 朝夕と冷え込みますね…
これからは一雨ごとに寒くなっていくのでしょうか。
もうしばらく残暑を楽しみたいものです。

今週末、来週末と祝日が続きますね(o^―^o)
最近は何となく祝日で、何の祝日かさえもぴんときていない自分に気付き
改めて確認。調べました(笑)

9/17(月)敬老の日

以下引用

敬老の日が祝日になったのは50年前

敬老の日のルーツは戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」だと言われています。としよりの日はその後全国に広まり、「老人の日」への改称などを経て、1965年(昭和39年)に国民の祝日「敬老の日」として制定されました。

敬老の日の由来はあの聖徳太子

現在、敬老の日は国民の祝日に関する法律(祝日法)で「9月の第3月曜日」と定められていますが、それまでは曜日に関係なく「毎年9月15日」でした。その日になった理由には諸説あるものの、593年に聖徳太子が身寄りのない老人のための施設「悲田院」を設立した日が9月15日とされるのにちなんだと見られています。

敬老の日に「何歳から」のルールはない

まだ老人と思われたくない義母への敬老ギフトの宛名を、子供(孫)の名前にする嫁

「高齢者」(65歳以上)がひとつの目安に

祝日法では敬老の日を「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日としていますが、特に対象年齢などを定めているわけではありません。何歳から祝うかはそれぞれの判断になります。強いていえば、法令では65歳以上を「高齢者」としていますので、これがひとつの目安になるでしょう。

「孫から」であれば年齢はさほど気にしなくても

敬老の日を祝う=年寄り扱いと受け取られるのは、祝う側としても本意でないですから避けたいところ。ただし、お孫さんからお祖父様・お祖母様をお祝いするのであれば、ご年齢よりも間柄が重視されますから「年寄り扱いすると嫌がるかも」といったことは、さほど気にしなくても問題ないでしょう。ご両親をお祝いしたい場合でも、熨斗の表書きや差出人をお孫さんの名前にしておくと、より喜んでもらえるはずです。


9/23(月)秋分の日振替休日

秋分の日

以下引用

毎年9月23日頃を秋分の日と言い「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。また秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象国民の祝日の一。秋分にあたる9月23日か24日。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日。もとの秋季皇霊祭。彼岸の中日。 [季] 秋。 〔実施日は、国立天文台が前年の二月に官報を通じて公表する〕 年表」という小冊子に基づき閣議で来年の(秋分の日の)日にちが決定されます。

子供にもしっかり説明出来そうです!?
コメント

北海道胆振東部地震

2018-09-10 09:32:21 | 日記
 北海道胆振東部地震の被害に遭われた皆様へ、
心よりお見舞い申し上げます。


弊社は、物が散乱はしていましたが何より
怪我無く皆の無事を確認出来ホッとしています。


弊社施工にて建物を購入して頂いた皆様、
地震後順次連絡をとっていますが、少しでも
建物に関しまして不安な事、気になる事がありましたら
ご一報下さい。

011-299-3272

一日も早い復旧と皆様の無事を心より
お祈り申し上げます。
コメント (1)