それにしても眠れないのだ

日々の眠れない出来事を虚実織り交ぜて

それにしても「自分が主人公になれる本の世界を現実に」なのだ。

2020-01-03 18:24:43 | Weblog
 電子書籍が当たり前の世の中になった。でも、まだまだ従来式の紙の書籍も発行されていて、従来の本好きは「紙の方が目に優しいし読みやすい」「紙の手触りが心地よい」「本棚に収まっているのを見ると充足感が」とかとかの理由で電子書籍を敬遠する人も少なくない。
 ・・・んだけど、筆者的には、本好きは電子書籍や電子書籍派を疎んじている場合じゃないと思うのだ。というのも、書籍全体の売り上げは年々下がっていて、本を読む人も少なくなってきていて、出版会社の規模も小さくなってきて、中小の会社は倒産しまくっているし、本屋も潰れまくっている。このままでは、本自体の未来が暗いのだ。もし電子版のマンガの売り上げを除いたならで、“未来”どころか、数年の命かもしれない。・・・であるなら、本好きはどんな形であれ、本を読む人を歓迎して、本業界の維持・拡大の道を考えた方が良いのでは?・・・なんて思ったり思わなかったり。
 ま、それはそれとして、書籍の従来派が電子版を快く思わない理由には「紙版に比べて電子版の優位性が特にないから」というものあるだろう。確かに、文字が綴られているのが紙なのか電気式のディスプレイなのかの違いでしかないなら、本としての本質的な差はないと考えられる。
 と、そんな電子書籍の現状を踏まえて、筆者が思いついちゃったのが『自己投影型電子書籍』だ。これは、物語の主人公の名前を自分の好きな名前にすることができる電子書籍だ。購入時に任意の名前を入力することで、本の中の主人公の名前が、それに置き換えられて出力される。ちなみに、名前を設定しなければデフォルトの名前が使用される。主人公を自分の名前にすれば、物語があたかも自分の経験のように感じられ、より面白く読むことができるに違いない。
 現在の電子書籍は、詳しくは全然知らないけど、既に最終データ化された物を配布ないし閲覧できるシステムになっていると思うんだけど、これをデジタルの利便性を活用したシステムを組めば、配布ないし閲覧の直前に任意のテキストを一括変換することだって瞬時に可能だろう。紙版でも頑張ればできなくはないけど、電子版の方が遙かに安価で素早くできる。これで、ハリー・ポッターにもなれるし、半沢直樹にもなれるし、ぐりかぐらにもなれるのだ!既存の作品は、作者が了承すればだけど。こうしてできたオリジナルの一冊は、内容の共感率も上がるだろうし、物としての思い入れも上がることだろうて。
 多分、システムを組むのは簡単だと思われる。問題は作家の説得だろう。ま、そこはうまいことやるとして、これができあがれば、日頃本を読んでいない自己顕示欲の強い現代人も興味を持つと思われ、本業界の売り上げも上がると思われ、こんな良いアイデアを捕らぬ狸の皮算用に終わらせないためにも、どこかの出版会社へ売り込こんで業界の救世主になろう!と思い上がったので、熱意を下げないためにも今日は寝てなんていられないのだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« それにしても「F1が面白くな... | トップ | それにしても「年賀はがき売... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事