埼玉県の子育て支援【コマーム】のブログ

こころ・ま~るく・むすぶコマーム
オフィシャルサイト
http://www.comaam.jp/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川口市立戸塚児童センターあすぱる バッタ飛ばし選手権

2013年10月09日 | 川口市指定管理 川口市立戸塚児童センター
自然観察会
「地域の自然観察会~バッタ飛ばし選手権~」
9月28日(土)10:00~12:00
小中高生21名 幼児親子4組 大人6名 サポーター2名

あすぱるの多目的室に集合。

幼児さんから中学生まで、幅広い年齢層が集まりました。

横山先生から、バッタ探しの前に、バッタの分類について教えてもらいました。


触覚の長さや、羽の付いている位置により、バッタ、キリギリス、コウロギに分類されるそうです。

①触角の長さが体の長さの半分より・・・
  長い → バッタ
  短い → キリギリス または コオロギ

②体の形が・・・
  縦につぶれている(羽の位置が上)  → キリギリス
  横につぶれている(羽の位置が側面) → コオロギ

写真を見ながら、丁寧に教えていただきました。

それでは出発!

下台公園から斜面林へバッタ探しをしました。


くるまバッタもどき、おんぶバッタ、つゆ虫、とのさまバッタ、ツチいなご、くびきりぎす、いぼバッタなど
沢山の虫の種類が見つかりました。

「横山先生~!この虫は何~?」
種類のわからない虫を捕まえると横山さんに尋ねる姿が何度も見られました。


みんなが選手を見つけた後は、バッタ飛ばしです。

立候補制で、一人一人順番にバッタを飛ばしていきます。

捕まえたバッタの中から選りすぐりの選手を一匹選んで、
台に乗せます。

バッタの持ち主はバッタに期待を込めてバッタから手を離します!



観客達は、選手(バッタ)の飛ぶ姿に興味いっぱい、身を乗り出します!
気付けば、バッタの行き先が観客で狭められる程(・・;)

「みんなが身を乗り出しちゃうとバッタが人に目がけて飛んじゃうから、離れてね。」
横山先生がバッタが遠くに飛びやすくなるようにみんなを誘導します。

スタッフは、安全に大会が進むように、全体の見守りをしました。

ジャンプするバッタもいれば、羽ばたくバッタもいて色々な飛び方が見れました。
台からなかなか離れず、リラックスしたのかウンチしてなかなか跳ばないバッタもいました。

結果は、小学3年生男子のトノサマバッタが20m10cmの大ジャンプで優勝!
歴代2位にランクイン。


3位に幼児さんが入るなど、年齢関係なく楽しめるイベントになりました。

ちなみに
バッタ選手権・あすぱる大会の歴代ランキング1位は、
第1回大会のツチイナゴ  25m25cm!!

地域の方と子どもたちが、自然の中で交流できる場となり、楽しむ事ができました。


横山先生から、いただいた
歴代ランキング表


次回の大会が楽しみです。

児童厚生員 池田幸司⑦
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 芝児童センター   はぐは... | トップ | 朝のおしゃべり・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

川口市指定管理 川口市立戸塚児童センター」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事