風のいろは 何いろ?

緑を渡る時、空を吹き巡る時、風は何色なのだろう?
風には色はないけれど、私には………。

従兄弟の奥さんの告別式に参列しました

2018-06-24 | こころ
昨日 クラス会に行く前 しまっていた喪服などを出してみました。
しかし 季節が違うものや 新品なのに(シマムラの?)カビが一部生えてるみたいのや
スカートのホックが 微妙にきついのや ボタンが一個とれてるのや・・・・・・
クラス会が終わってから また点検し そして今日の午前 最終チェックして
やっと着ていく服が決まりました。(気候の状態に合わせるのも必要だったし)

いつも 大きなバッグに たくさんの荷物を詰めている私ですが……
小さい葬儀用バッグに まずお財布ではなく封筒に お札を少しと小銭を少し入れました。
鍵も 車用と玄関用のを 小さいポーチに入れて 貴重品は必要ないし
(あ!!! 免許証不携帯だったーーーー!!! ひゃ~失敗!!!
 いつもは 大きい財布に入れていたので。荷物携帯見直しが必要だな)
黒いハンカチ ティッシュ お花料とその中のお金(これが一番大切かな?)
後は サブバッグに少しはみ出し物を入れて 出ました。

1時からと言われていたのに (確かに従兄弟は1時から出棺みたいな言い方を
初めしていたけど……) 5~10分前に着いたのに 会場に入りきれない人、人、人。
(従兄弟が70歳なのに まだ現役で働いており 自営で付き合いが多いらしい)
まあ 私は御焼香とかもしないので 後ろの方の一般席の更に立ち席にいました。
あんまり端っこすぎて お坊さんの姿も見えない場所でした。

お坊さんが読経する前 会場の係の方から 奥さんの簡単な紹介があり
私も顔見知りで何度もお会いしてはいるので 一言一言かみしめながら
「とても働き者のお母さんで 〇〇のかたわら 〇〇したりご主人の自営業の
 お手伝いをしたり・・・」という言葉に
『あー そうだった。そういえばとっても働き者の方だったなあ』と思ったり。

御焼香はしなくても 棺にお花を入れる時は参加していたので その時は
親族の人の所に行こうとしていたら…係の人に聞いたら もう午前のうちに
火葬まで済ませたと…。 お坊さんの御都合や火葬場の順番でそうなったと。
なんという事でしょう…。私ってなんてお馬鹿さんなんでしょう…。
でも 仕方ないですね。お墓(納骨?)には行くつもりはなかったのですが
そういう訳で 少しでも誠意を尽くしたいと やっぱりお墓に行きました。

お墓は 母の実家の地続きの田んぼの中にあります。
何年か前 この家のおばあさん(従兄弟のお母さん、優しかった~(T_T))が
納骨された所です。おばあさんの葬儀は2年位前かと思っていたら
もう4年経つと。そうか 母が亡くなった翌年すぐだったっけ。。。



皆さんより遅れて行った私は 親戚の方ともあまりお話できず
御焼香もしない 怪しい人みたいになってしまっていましたが
バスを降りてお墓に着いた時 別の従姉妹のSちゃんのご主人と色々話せました。
また 式場に戻り 会食を戴く時にも 親しい従姉妹や(従兄弟の姉)
さっきのSちゃんのご主人や おばあちゃんが亡くなられた時のメンバーと
ほぼ同じ顔ぶれの中 会食でき、怪しい人ではない事を現せました。

母の実家系列の皆さんは お子さんもたくさんいて 老若男女 様々な
年代が揃い 賑やかでした。少子高齢化なんて嘘みたいな光景。
いつもいつまでも パワフルな母の家系^^;
私はどっちかっていうと 性格は父系なので いつも圧倒されちゃう…。



こうやって クラス会とか葬儀とか続き 少しずつ人中に出る機会が増え
お付き合いも自分が前面に立ってやらねばならず(あ、地区の役員もですね)
今 少しずつ リハビリテーションしている気分になりました。
社会に復帰するリハビリ。無理しない 自分のペースを大切にしながらのリハビリ。
皆さんにご迷惑をおかけしながら お世話になりながら 相手にして戴きながら。
本当にありがたい事ですよね。私はこんなに我儘なのに。



初め 怪しい人っぽかった立ち位置だった時間は辛くて ここに居ていいんだろうか
状態で イエス様に祈りつつ 過ごしました。
しかし クリスチャンでいる事を受け入れてくださっている親戚の方々に感謝です。
今日一日 ありがとうございました。
あまり親しくない某さんより「これからもよろしくお願いしますね」と最後に
声をかけられ とっても安心し嬉しくなりました。

クリスチャンという立場を大切にしながらも 皆さんとのお付き合いも
大切にして行きたいと 思わされた一日でした。。。。。



(神様のお守りに感謝いたします)


--------------------------------------------------------------


以前 F姉妹とメールしていて 仏式の葬儀(親しい人)に参列する時は
お花料に 御言葉のカードやお手紙を添えているとおっしゃってて。
しかし どんな御言葉がいいのか どれもこれも相手にとっては受け入れにくい
のではと思えて。 最終的に

  わたしの目には、あなたは高価で尊い。
  わたしはあなたを愛している。  
  イザヤ43章

の布栞があったので ビニール袋の裏側に一言添えたメモを入れ 
お花料の袋に入れました。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛のない冷たい自分に気づい... | トップ | Eテレ 『グレーテルのかまど』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こころ」カテゴリの最新記事