無限大∞

自己の可能性を最大限に追求しよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三角比の教授に関する雑感

2010-04-15 | 高校数学
学校で、三角比の指導に入ることになり、その指導内容をどう説明するのか、
指導法の通底部分を作り出そうと教材研究をしていました。


基本的に三角比の単元の教科書の指導内容として前提に置かれていることは、
●公式・定理を使える条件も含めて、しっかりと整理、正確に使えるようにする。
 [特にセンター試験では、『三角比の問題=正弦定理・余弦定理の問題』と言っても
  過言ではないほど…なので、]
 (例)正弦定理:1辺とその対角の場合(A+B+C=180°の関係も意識)
   余弦定理:2辺とその間の角・3辺
 (例)有名角の三角形を常に意識
   単位円への移行や図形問題への道具として
ということを基本に、
計算自体は機械的にできるものが大抵なので、
基本パターンとその反復練習ということになるのでしょう。

ただ、あとは
●描図の練習
●平面図形との応用[(例)円周角の定理や角の2等分線との融合問題]で、どう問題解決を
 探るのか…、複数の解法パターンから最適なものを選択する力
などを念頭に勧められるのでしょうね。


ただ、そのように定型化しそうなこの単元の指導内容も、
●角や長さの文字設定によって、教科書レベルで求められていた解法パターンや機械的計
 算の内容も少し違ってくる
⇒座標軸の設定によって、ベクトルなどと融合して解いたり、直線の方程式で考えたり…
 とまた違う解き方になるのですが、そこにtanθの加法定理(数学Ⅱ分野ですが…)との
 関連も出てきます。
 また、文字設定によっては、3元1次方程式を解くなど、本来三角比では出てこない計
 算に触れることになります。
ということもあるでしょう。

また、
●物理の力の分解を意識して斜辺から残りの2辺を導出することを徹底する
 ⇒その場合、そこから、有名角の「斜辺=1」への移行に持っていき、
  三平方の定理を使って、三角形の相互関係を見やすくすることが可能
など、他分野との融合を考えて指導力点を変えることも考えられます。

さらに
●三平方の定理から整数の基本性質に触れ、ピタゴラス数の導出
 ⇒整数解から有理数解を求めることに問題を変化させることで、単位円の方程式
  を導出、tanθの2倍角の公式からディオファントスの方程式を探る…
 [詳しくは、サージ・ラング『数学の美しさを体験しよう』(森北出版)参照]
●余弦定理を三平方の定理から視覚的に見せて証明する
など、数学の世界の広がりを見せていく、様々なアプローチも可能です。

逆にまず三角関数の移行を睨んで
数学の問題を解く基本軸を、有名角の三角形と単位円の使い方に力点を…
という考え方もあります。


指導内容の基本ラインは大事にしつつも、
膨らましていく内容とそのアプローチをどう体系化していくのか、
もう暫く考えてみます。
 
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 物理から数学教育を考える | トップ | 自分を掘り下げることの意味 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (河合隆史)
2010-04-15 09:54:05
はじめてコメントします。
入試問題を解いていますと,面積を利用する考えが非常に有効な単元ですね。
私は常に生徒に面積との絡みに注目させています。
河合先生、 (コロン)
2010-04-15 12:19:53
コメントありがとうございます!!

確かに、入試問題は面積利用が多いですね。

基本的な弧度法の説明でもしかり…なるほど。

先生のアドバイスで、
自分の中の知識の断片が少しずつ結びついてきました。

貴重なアドバイス、ありがとうございます。

少し『面積』をキーワードに、
三角比・三角関数を体系化してみます。
Unknown (ダスティ)
2010-04-15 13:36:55
ども。拝読いたしました。

中学生を指導している私としてはなつかしい感じがします。だいぶ忘れている部分もあって、正直理解するのが難しかったです(苦笑)、すいません。
高校生になった教え子が、三角関数が難しい、先生の教え方がわかりにくいと嘆いておりました、そういえば。これをいかに分かりやすく教えるかって、技術(ウデ)のみせどころでしょうね。頑張って下さい。
ダスティ先生、 (コロン)
2010-04-16 11:02:30
おっしゃるとおりです。

この単元は、生徒がなかなか定着しない部分です。

理由の1つに、三角比と三角関数の単元としての取り扱い(数学Ⅰ・Ⅱに分けている)による弊害もあるようには思いますが…。

いずれにしても、教師泣かせの単元であることは、私もいろいろな先生から聞いています。

どう定着させるか…それぞれの方々の方法論はあるかと思いますし、私なりの切り口を定めて、生徒の理解を促せればと思います。

コメントを投稿

高校数学」カテゴリの最新記事